意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「中核を担う」とは?意味や類語!

中核を担う、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

中核をなす、という表現で使われることもあります。

それならば中核を担うという表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは中核を担うという表現について説明します。

中核を担う

Meaning-Book
「中核を担う」とは?意味や類語!>


目次

  • 「中核を担う」とは?意味
  • 「中核を担う」の表現の使い方
  • 「中核を担う」の英語と解釈
  • 「中核を担う」を使った例文と意味を解釈
  • 「中核を担う」の類語や言い換え


「中核を担う」とは?意味

中核を担うという表現はある物事が全体の中で主要な役割を果たす、という意味になります。

例えば経営の中核を担う、という場合、その人が経営において重要な役割を担う、重要な役割を果たす、という意味になるのです。

また、最近では現場の中核を担う、などという表現も会社で多く使われるようになりました。

ものづくり現場の中核を担う、中堅社員の現場の中核を担う、などと利用されることがあります。

  • 「中核を担う」の読み方

「中核を担う」の読み方

中核を担うという表現は「ちゅうかくをになう」と読みます。

収穫というのは物事の中心にある重要な部分という意味になります。



「中核を担う」の表現の使い方

何か大切な役割を果たす場合、中核を担うという表現が使えます。

例えば部活動において中核を担う、試合で中核を担う、などという表現もありますので、社会人でなければこの表現が使えないというわけではありません。

会社においても現場の中核を担う、などという表現が多く使われるようになりました。

また、最近は女性も社会で中核を担う場面が増え、男女雇用機会均等法等の推進が進められています。

「中核を担う」の英語と解釈

中核を担う meaning in english

中核を担うという表現を英語にすると、“Play a central role”なります。

中核というのは“core”“kernel”と訳されることもあり、例えば「彼は現場の中核を担っている」ということであれば“He belongs to the central core in the field.”になります。



「中核を担う」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「中核を担う」を使った例文1
  • 「中核を担う」を使った例文2

「中核を担う」を使った例文1

「兄は父の会社で中核を担っています」

家族経営の会社の場合、子供たちがその会社で中核を担い、重要な役員等になる場合がありますよね。

責任がある役職を担っている場合、中核を担っていると言えるでしょう。

「中核を担う」を使った例文2

「彼女は自治体で中核を担っています」

自治体の中では、責任がある役職を持っていたり、あるいは地域のことをよく考えて行動できたりする人がいますよね。

そのような人が自治体の中核を担っている場合もあります。

特に何かしらの役職を持っているわけではなかったとしても、ボランティアなどで必然的に中学に関わる人もいるのではないでしょうか。

「中核を担う」の類語や言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「根幹をなす」
  • 「屋台骨を支える」
  • 「中心になる」

「根幹をなす」

根幹をなす、という表現はそのものが全体の中で極めて重要な位置や役割にある、という意味になります。

物事の深奥にあり、もっとも大切な事を指す場合もあります。

「屋台骨を支える」

屋台骨を支える、というのは組織や団体等を支える存在になる、という意味になります。

屋台骨というのは家屋の構造を指しており、一家を支える働き手を表します。

「中心になる」

中心になる、というのは組織や団体等を支える存在になるという意味であり、屋台骨を支えるという表現と極めて似た意味を持ちます。

大黒柱になる、と言い換えられることもあります。

icon まとめ

中核を担うという表現は物事の中心をなす場合に使われる表現です。

社会でも使われることが多いですので、ぜひ覚えておきましょう。

また、たとえ中核を担っているわけではなかったとしても、重要な役割を担う場合もあります。

自分の役職には責任を持って任務に当たりましょう。