意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「モチーフ」とは?意味や類語

「モチーフ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「モチーフ」という言葉を使った例文や、「モチーフ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「モチーフ」とは?意味や類語>


目次

  • 「モチーフ」とは?
  • 「モチーフ」を使った例文や短文など
  • 「モチーフ」の類語や類似表現や似た言葉


「モチーフ」とは?

みなさんは「モチーフ」という言葉を知っているでしょうか。

例えば、絵を描く時に、好きな人を「モチーフ」にした経験があるかもしれません。

一方で、「モチーフ」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「モチーフ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「モチーフ」のフランス語
  • 「モチーフ」の意味

「モチーフ」のフランス語

「モチーフ」はフランス語が元になったカタカナ語です。

「モチーフ」をフランス語にすると、“motif”になります。

これを機会に、「モチーフ」“motif”というフランス語が元になっていることを知っておきましょう。

「モチーフ」の意味

「モチーフ」には、「表現上の主題」という意味があります。

また「作品のテーマを導く動機になるもの」という意味があります。

例えば、好きな女性を絵の「モチーフ」にするという場合は、好きな女性を主題にして絵を描くとう意味になります。

彼女から連想させるイメージや、具体的なルックスなどを題材にして、絵を描くという意味になります。

このように「モチーフ」には、「表現上の主題」という意味があります。



「モチーフ」を使った例文や短文など

次に「モチーフ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「モチーフ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「モチーフ」を使った例文1
  • 「モチーフ」を使った例文2

「モチーフ」を使った例文1

「夏休み中に見た虫を『モチーフ』にして、絵本を描く」

この例文のように、夏休みの宿題などの主題が、虫だったということがあるかもしれません。

夏休みの父や母の実家に遊びに行き、虫とりをした思い出をもとに、絵本を描いたり、オブジェを作ったりして、夏休みの課題を提出したことがあるかもしれません。

このように、何かを表現するための芯になるような物事を「モチーフ」と言います。

「モチーフ」を使った例文2

「失恋を『モチーフ』にして、ピアノ曲を作った」

この例文のように、音楽の主題に恋愛経験を選べます。

失恋した時の哀しい記憶を、音楽に変えると、切ないピアノ曲になるかもしれません。

他にも楽しい思い出や、懐かしい思いなども、音楽の「モチーフ」にできるでしょう。

楽器が演奏できる人は、心の中の様子を音楽に変えて、誰かに届けて見てはいかがでしょうか。

「モチーフ」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「モチーフ」の類語や類似表現を紹介します。

「モチーフ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「テーマ」
  • 「プロット」

「テーマ」

「テーマ」は、「作品の主題」という意味があります。

「あるまとまった形や思想となる物」という意味もあります。

「人類の危機」「テーマ」にしたSF小説を書くこともできますし、「ゾンビの世界」を映画の「テーマ」にすることもできるでしょう。

このように、作品の主題のことを「テーマ」と言います。

「プロット」

「プロット」「小説や劇などの筋立て」という意味があります。

「プロット」は、作品を作るための骨組みのようなものです。

「プロット」を作ってから、作品作りをすると、まとまりのある作品作りができます。

物語が意図した方向と、違う方向に進み、戻ってこられないということがなくなるでしょう。



icon まとめ

「プロット」という言葉について見てきました。

もしみなさんが、これから絵を描いたり、小説を書いたり、音楽を奏でたりするならば、「プロット」となじみが強くなるかもしれません。

これを機会に「プロット」とは何かを理解して、作品作りに活かしてみては、いかがでしょうか。