意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「茹だるような」とは?意味や類語!表現の使い方

「茹だるような暑さ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「茹だるような暑さ」という言葉を使った例文や、「茹だるような暑さ」の類語を紹介して行きます。

茹だるような

Meaning-Book
「茹だるような」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「茹だるような暑さ」とは?
  • 「茹だるような暑さ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「茹だるような暑さ」を使った例文や短文など


「茹だるような暑さ」とは?

「茹だるような暑さ」という言葉を知っているでしょうか。

「今年の夏は、茹だるような暑さだった」などと、言った経験があるかもしれません。

一方で、「茹だるような暑さ」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「茹だるような暑さ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「茹だるような暑さ」の読み方
  • 「茹だるような暑さ」の意味

「茹だるような暑さ」の読み方

「茹だるような暑さ」「うだるようなあつさ」と読みます。

「茹だる」「うだる」と読みます。

「ゆだる」と読み間違えてしまいがちのため、注意しましょう。

これを機会に「茹だるような暑さ」「うだるようなあつさ」と読みましょう。

「茹だるような暑さ」の意味

「茹だるような暑さ」には、どのような意味があるでしょうか。

「茹だるような暑さ」には、「あまりの暑さに、頭が茹で上がるほどの暑さ」という意味があります。

即席めんなどを茹でる時、お湯を張った鍋からはすごい熱気が出ますが、そのくらい暑いという意味があります。



「茹だるような暑さ」の類語や類似表現や似た言葉

「茹だるような暑さ」の類語や類似表現を紹介します。

「茹だるような暑さ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「酷暑」
  • 「炎暑」
  • 「真夏日」

「酷暑」

「酷暑」「こくしょ」と読みます。

「酷暑」には、「酷く熱いこと」「真夏の厳しい暑さ」という意味があります。

「酷暑の中で、営業活動するのは厳しすぎる」などという使い方をします。

「炎暑」

「炎暑」には、「夏の燃えるような厳しい暑さ」という意味があります。

まるで炎が燃えたぎっているような夏の暑さに対して、「今日は、炎暑だね」とか、「炎暑の日は、出歩かない方がいいね」などと言います。

「真夏日」

「真夏日」「まなつび」と読みます。

気象庁によると「真夏日」は、最高気温が30度以上の日のことを言います。

ちなみに、さらに最高気温が35度以上になると、「猛暑日」と言います。

さらに、夕方から翌日の朝まで、最低気温が25度以上の日の夜は、「熱帯夜」と言います。

例えば、最高気温が30度以上になり、夜になっても、25度以上気温がある日は、「真夏日で、熱帯夜」ということになります。

「茹だるような暑さ」を使った例文や短文など

「茹だるような暑さ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「茹だるような暑さ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「茹だるような暑さ」を使った例文1
  • 「茹だるような暑さ」を使った例文2

「茹だるような暑さ」を使った例文1

「ここ数年の間、夏は『茹だるような暑さ』だ」

この例文に、うなづいている人は多いかもしれません。

ここ数年、日本の夏はとても暑くなっていて、40度を超えるエリアも出ています。

まさに「茹だるような暑さ」を体感していると言えるでしょう。

「茹だるような暑さ」を使った例文2

「『茹だるような暑さ』の中、運動をするのはやめよう」

この例文のように、夏の「茹だるような暑さ」の中、運動するのは避けた方がいいでしょう。

熱中症や日射病になる恐れがあるためです。

もし運動をするなら、まだ涼しい早朝の時期か、陽が落ちた夕方以降にするようにしましょう。

その際も、水分をしっかり取るようにしましょう。



icon まとめ

「茹だるような暑さ」という言葉について見てきました。

みなさんも、ここ数年間、「茹だるような暑さ」を体感していると思います。

今後、日本の気温が下がったとしたら、このような暑さを長い間、経験したことは、将来の人たちへの自慢話になるかもしれません。