意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「真夏日」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「真夏日」という表現は「今日は真夏日で日差しが強くて暑くなるので、帽子をかぶっていった方が良いです」などの文章で使われますが、「真夏日」にはどんな意味があるのでしょうか?

「真夏日」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

真夏日

Meaning-Book
「真夏日」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「真夏日」の意味
  • 「真夏日」の表現の使い方
  • 「真夏日」を使った例文と意味を解釈
  • 「真夏日」の類語や類義語


「真夏日」の意味

「真夏日」という表現は、気象庁が定義している気象状況を表す気象用語・指標の一つで、「一日の最高気温が摂氏30度以上の日」のことを意味しています。

「真夏日」というのは、「7~8月の夏の季節に多い、一日の最高気温が一度でも30度以上になる日」のことを意味しているのです。

気象庁が定めている高気温の日の指標として、「真夏日」以外にも「夏日(なつび)」「猛暑日(もうしょび)」などがあります。

  • 「真夏日」の読み方

「真夏日」の読み方

「真夏日」の読み方は、「まなつび」になります。



「真夏日」の表現の使い方

「真夏日」の表現の使い方を紹介します。

「真夏日」の表現の使い方は、「一日の最高気温が30度以上の日」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「夏日と真夏日では体感気温の暑さが全く異なってきます」といった文章で、「真夏日」という表現を使うことができます。

「真夏日」を使った例文と意味を解釈

「真夏日」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「真夏日」を使った例文1
  • 「真夏日」を使った例文2

「真夏日」を使った例文1

「真夏日は暑さが厳しくなりますが、プールで泳いだり海水浴をしたりするのであれば、気持ちの良い天気にもなってきます」

この「真夏日」を使った例文は、「一日の最高気温が30度以上の日は暑さが厳しくなるが」という意味を持つ文脈で、「真夏日」という表現を使っています。

「真夏日」を使った例文2

「真夏日に外出するのであれば、熱中症と紫外線(UV)の対策をしっかりしておかないと危険です」

この「真夏日」を使った例文は、「真夏日」という表現を、「一日の最高気温が30度以上になる日に外出するのであれば」という意味合いで使用しています。



「真夏日」の類語や類義語

「真夏日」の類語や類義語を紹介します。

  • 「夏日」【なつび】
  • 「猛暑日」【もうしょび】

「夏日」【なつび】

「夏日」という表現は、「(夏らしいある程度の暑さを感じる)一日の気温が25度以上30度未満の日」のことを意味している気象用語です。

その意味合いから、「夏日」という表現を、一日の最高気温が30度以上になる「真夏日」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として解釈することができます。

「猛暑日」【もうしょび】

「猛暑日」という言葉は、「(健康にリスクもある厳しい夏の暑さを感じる)一日の最高気温が35度以上の日」のことを意味している気象用語になります。

この意味から、一日の最高気温が30度以上になる「真夏日」と近しい類似の意味合いを持っている類義語として、「猛暑日」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「真夏日」の表現には、「7~8月の夏に多い一日の最高気温が摂氏30度以上の日」などの意味があります。

「真夏日」の類語・類義語として、「夏日」「猛暑日」などがあります。

「真夏日」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。