意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「スキマ戦略」とは?意味や類語!表現の使い方

ビジネス用語で「スキマ戦略」という言葉があります。

一体どの様な意味なのか紹介しますので参考にして下さい。

スキマ戦略

Meaning-Book
「スキマ戦略」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「スキマ戦略」とは?意味
  • 「スキマ戦略」の表現の使い方
  • 「スキマ戦略」を分解して解釈
  • 「スキマ戦略」を使った例文と意味を解釈
  • 「スキマ戦略」の類語や言い換え


「スキマ戦略」とは?意味

「スキマ戦略」の意味と語源について紹介します。

  • 「スキマ戦略の意味」
  • 「スキマ戦略」の語源

「スキマ戦略の意味」

「スキマ戦略」とは、「大きな市場ではなく、小さな市場に目を向けて限定されたニーズに特化したサービスを強化する戦略のこと」です。

大きな市場は当然大手企業が参入しているので競争するのは容易ではありません。

そこで、今迄誰も目に留めなかった小さな市場に目を付けて、特定の商品やサービスの質を上げたり種類を揃えたり、或いは低価格化を実現するだどして差別化を図ることを言います。

これにより特定の顧客からのニーズが大きくなり、その市場で優位を占めるというメリットがあります。

この様な「スキマを付いた戦略」を略して「スキマ戦略」と言うのです。

「スキマ戦略」の語源

「スキマ戦略」とは、別名「ニッチ戦略」と言います。

ニッチとは英語で“niche”で、元々は西洋建築において壁や柱をくりぬき、中にカメや彫刻などを飾れる様にした「壁のくぼみ」のことを言います。

「壁の凹み部分の様な市場にめを付ける」ことから「スキマ戦略」と言われる様になりました。



「スキマ戦略」の表現の使い方

「スキマ戦略」は、ビジネスでマーケティングの手段として使われます。

特定のジャンルに焦点を絞り、そのジャンルに特化した商品やサービスを研究開発することに対して「スキマ戦略」と使います。

会社の戦略として表だって使われることも多く、俗語の様な響きでありながら企業のマーケティングを担う重要な言葉となっています。

「スキマ戦略」を分解して解釈

「スキマ戦略」を分解して解釈します。

  • 「スキマ」
  • 「戦略」

「スキマ」

「スキマ」は漢字で書くと「隙間」になります。

意味は数多く「ものとものとの間にあるわずかな空間」「普段気づきにくい点」「空いている時間」「気の緩みや油断」と4つあります。

「スキマ戦略」の場合は2番目の意味が使われます。

普段気づきにくい点に着目して、くぼんだ部分ピタリとはまるマーケティングをすることで、意外な利益を得られる効果があるというニュアンスです。

「戦略」

「戦略」の意味は「戦争に勝つための計略」「組織の将来的を見通した方策」という2つの意味があります。

ビジネス用語としての戦略では、多くの競争相手がいる中で、工夫することで自分達にとって有利な状況を作り出すことという意味です。

マーケティングは直接売り上げに関わる部門ですので長期的な計画が必要とされ、戦略が曖昧だと方向性が定まらず、社員が困惑して会社の経営が悪化する原因にもなるのです。



「スキマ戦略」を使った例文と意味を解釈

「スキマ戦略」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「スキマ戦略」を使った例文1
  • 「スキマ戦略」を使った例文2

「スキマ戦略」を使った例文1

「商品だけではなく備品も販売するスキマ戦略に成功した」

メインの商品を販売するだけではなく、その商品に必要な備品や消耗品を充実させて販売することで、リピーターが増えて売り上げが増えたことを表しています。

「スキマ戦略」を使った例文2

「スキマ戦略を考えないと今後苦しくなるだろう」

市場で大手企業にメインの商品の売り上げを抑えらてしまい、売り上げが伸びない状態です。

どこの会社でも販売している様な商品ではなく「ありそうでないもの」を考え出さないと将来の見込みが厳しいことを表しています。

「スキマ戦略」の類語や言い換え

「スキマ戦略」の類語を紹介します。

  • 「マイナー」
  • 「ウラをかく」
  • 「インディーズ」

「マイナー」

「人に知られていないもの」「少数派」という意味です。

「ウラをかく」

「相手の予想と逆の行動を取ること」という意味です。

「インディーズ」

「大手の制作会社に所属しないで、独立して活動しているプロダクションのこと」という意味です。

主に音楽でCD販売をしている会社のことで、その会社に所属しているバンドのことを「インディーズバンド」と言います。

icon まとめ

「スキマ戦略」「大きな市場ではなく、小さな市場に目を向けて限定されたニーズに特化したサービスを強化する戦略のこと」です。

ビジネス用語ですので是非覚えておきましょう。