意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アラート」とは?意味!「アラーム」と「アラート」意味の違い

「アラート」とは、「ユーザーが誤った操作をしようとした時に出す警告や確認、注意を促すメッセージ」のことです。

「アラート」「意味・使い方・アラームとアラートの違い・例文と解釈・類語(シソーラス)や関連語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

アラート

Meaning-Book
「アラート」とは?意味!「アラーム」と「アラート」意味の違い>


目次

  • 「アラート」とは?意味
  • 「アラート」の表現の使い方
  • 「アラート」を使った言葉と意味を解釈
  • 「アラート」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「アラート」の類語や関連語
  • 「アラート」の英語と解釈


「アラート」とは?意味

“alert”(アラート)という言葉は、元々は英語で「警報・警戒のための待機」を意味する言葉であり、日本でも「警報・注意喚起」とほぼ同じ意味合いで使われています。

“alert”(アラート)の言葉をIT用語(パソコン用語)として使用する場合には、「ユーザーが誤った操作をしようとした時に、コンピューター画面に出てくる警告・確認・注意を促すメッセージ」を意味しています。

サーバーのシステム運用が不安定になった時に、その異状を伝える専用ログのことを「アラートログ」といいます。

また現在では、「自然災害時などに鳴る警告音」のこともアラートと呼びます。

パソコンやスマホにアラートを表示するウィンドウのことは、「ダイアログボックス・警告ボックス」と呼ばれています。



「アラート」の表現の使い方

「アラート」の表現の使い方は、「警報・警戒の意味」で使ったり、「IT用語としての警告メッセージの意味」で使ったりすることができます。

IT用語としての“alert”(アラート)という表現は、「ユーザーが誤った操作をしようとした時に、コンピューター画面に出てくる警告・確認・注意を促すメッセージ」という意味で使うという使い方になります。

例えば、「アプリケーションの調子が悪くて、アラートの警告ボックスばかりが出てきて、アプリをスムーズに使えません」といった文章で、「アラート」という言葉を正しく使用することができます。

  • 「アラーム」と「アラート」の意味の違い

「アラーム」と「アラート」の意味の違い

「アラーム」「アラート」の意味の違いは、“ alarm”(アラーム)は「目覚まし時計・目覚まし時計の音・警告音」を意味していますが、“alert”(アラート)は「ユーザーが間違った操作をした時に出てくる注意・警告・確認を促すためのメッセージ」を意味しているという違いがあります。

「アラーム」は元々は、「警報・警報装置・警笛(けいてき)」を意味している言葉でしたが、現在では主に「目覚まし時計の音・警告音・注意音」の意味で使われています。

「アラート」も元々は、「警報・空襲警報・警戒体制」を意味する言葉でしたが、現在では主に「ユーザーの誤操作やシステムの異常に対して出す警告メッセージ(注意喚起のメッセージ)」の意味で使われています。

「アラート」を使った言葉と意味を解釈

「アラート」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「アラート通知」
  • 「アラートメール」

「アラート通知」

「アラート通知」というのは、「パソコンやアプリ、SNSなどに異常が発生した時に、ユーザーに異常発生の可能性があることを伝える警告(注意喚起)のメッセージ。

そのメッセージを届けること」
を意味しています。

「アラート通知」によって、ユーザーはシステムの異常を早めに検知して適切な対応を取りやすくなるのです。

あるいは、「株取引・オークションなどにおいて自分が売買したい価格になった時に通知してくれるシステム」のことも、「アラート通知」と呼ぶことがあります。

「アラートメール」

「アラートメール」というのは、「リアル(現実社会)でもインターネット(ウェブサービス)でも何か異常・問題・条件到達が発生した時に、そのことをメールで伝えてくれるシステム」のことを意味しています。

大地震やミサイル発射があった時に教えてくれるメールも「アラートメール」であり、使用中のパソコンやスマホ、ウェブサービスの異常を教えてくれるメール(品切れの商品が入荷したことを教えてくれるメール)も「アラートメール」なのです。



「アラート」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「アラート」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「アラート」を使った例文1
  • 「アラート」を使った例文2

「アラート」を使った例文1

「最近のSNSにはアラート機能がついていて、本人ではないと思われる人物が、なりすましのログインを試みた時にはメールで通知してくれます」

この「アラート」を使った例文は、「最近のSNSには警告(注意喚起)の機能がついていて、本人ではないと思われる人物が、なりすましのログインを試みた時にはメールで通知してくれる」ということを意味しています。

「アラート」を使った例文2

「パソコンのアラートが鳴ってダイアログボックスが開いたので、システムのどこかに異常が起きているようです」

この「アラート」を使った例文は、「パソコンの警告音・注意音が鳴って、ダイアログボックス(警告ボックス)が開いたので、システムのどこかに異常が起きているようだ」ということを意味しています。

「アラート」の類語や関連語

「アラート」の類語・関連語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「警告・警報」
  • 「注意喚起・確認要請」
  • 「システムからの通知」

「警告・警報」

「アラート」の類語・関連語として、「警告・警報」があります。

“alert”(アラート)というのは英語で元々、「警告・警報・警戒体制」などを意味しています。

「アラート」という言葉は、「ユーザーが誤操作をした時に警告メッセージを出す、警報音(注意音)を出す」ということを意味しています。

それらの意味から、「アラート」と関連性のある関連語として、「警告・警報」を上げることができます。

「注意喚起・確認要請」

「アラート」の類語・関連語として、「注意喚起・確認要請」があります。

「アラート」という言葉は、「システムに何らかの異常があった時や事前に設定した条件を満たした時などに、注意を喚起したり確認を求めたりする」ということを意味しています。

その意味合いから、「アラート」と似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「注意喚起・確認要請」を指摘することができるのです。

「システムからの通知」

「アラート」の類語・関連語として、「システムからの通知」があります。

「アラート」という言葉は、「システムから異常・問題・条件の達成(設定金額への到達)などをほぼ自動的に通知すること」を意味しています。

エラーや条件を満たしたなど、何らかの意味がある情報を通知する「アラート」の意味から、「アラート」に関連する意味を持つ関連語として「システムからの通知」を上げられます。

「アラート」の英語と解釈

アラート meaning in english

「アラート」という言葉は、“alert”(警報・警告・警告メッセージ)という英語で表現することができます。

  • “Alert Mail has been sent from the auction site to reach the desired amount.”

“Alert Mail has been sent from the auction site to reach the desired amount.”

この「アラート」を使った英語の例文は、「売買の希望金額に達したため、オークションサイトからアラートメールが送られてきました」ということを意味しています。

icon まとめ

「アラート」という言葉について徹底的に解説しましたが、「アラート」には「ユーザーが誤った操作をしようとした時やシステムに異常が発生した時に出す警告・確認・注意を促すメッセージ」などの意味があります。

「アラート」の類語(シソーラス)・関連語としては、「警告・警報」「注意喚起・確認要請」「システムからの通知」などがあります。

「アラート」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。