意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「妻帯者」とは?意味や類語!表現の使い方を紹介

「妻帯者」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「妻帯者」という言葉を使った例文や、「妻帯者」の類語を紹介して行きます。

さらに「妻帯者」に見られる特徴を紹介して行きます。

妻帯者

Meaning-Book
「妻帯者」とは?意味や類語!表現の使い方を紹介>


目次

  • 「妻帯者」とは?
  • 「妻帯者」の使い方
  • 「妻帯者」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「妻帯者」を使った例文や短文など
  • 「妻帯者」の反対語
  • 「妻帯者」に見られる傾向


「妻帯者」とは?

「妻帯者」という言葉を知っているでしょうか。

「Aさんは妻帯者なので、恋愛対象になりません」などという会話をした経験があるかもしれません。

一方で、「妻帯者」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「妻帯者」という言葉の意味を紹介します。

  • 「妻帯者」の読み方
  • 「妻帯者」の意味

「妻帯者」の読み方

「妻帯者」「さいたいしゃ」と読みます。

「つまおびしゃ」などと読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に「妻帯者」「さいたいしゃ」と読むようにしましょう。

「妻帯者」の意味

「妻帯者」には、どのような意味があるでしょうか。

「妻帯者」には、「妻を持っている人」「結婚している男性」という意味があります。

「妻帯」には「妻を持つこと」という意味があります。

先ほどの「Aさんは妻帯者なので、恋愛対象になりません」という文章は、「Aさんは結婚して奥さんがいるため、恋愛対象にならない」という意味があります。

恋愛したら不倫になってしまうため、それを避けたいという意味もあります。

このように「妻帯者」には、「妻を持っている人」「結婚している男性」という意味があります。



「妻帯者」の使い方

「妻帯者」という言葉の使い方を紹介します。

「妻帯者」には「妻を持っている人」「結婚している男性」という意味があるため、既婚者に対して使いましょう。

例えば若くして結婚した男性に対しては、「彼は若くして妻帯者になった」などと言えます。

また恋愛の場面では、既婚者と恋愛しないよう、不倫しないよう注意を促す時に、「妻帯者」という言葉を使うことがあります。

「彼は確かに素敵だけど、妻帯者のため」という場合は、素敵な男性であっても、奥さんがいる人を好きになったらダメだという意味があります。

「妻帯者」の類語や類似表現や似た言葉

次に「妻帯者」の類語や類似表現を紹介します。

「妻帯者」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「既婚者」
  • 「夫」
  • 「婿入り」

「既婚者」

「既婚者」には「結婚した人」という意味があります。

男性も女性も、結婚した人は「既婚者」と呼べます。

「既婚者」という言葉には、身を固めたというイメージがあります。

しかし最近は、「既婚者」だけを集めて婚活パーティのような合コンがあるなど、「不倫」とは一味違う刺激的な場所があるようです。

「夫」

「夫」には「結婚している男性」という意味があります。

「妻帯者」と同じ意味があり、「夫」「既婚者」のひとりです。

奥さんが自分の伴侶を「私の夫は、酒癖が悪い」など、「夫」と呼ぶことが多くなっています。

「婿入り」

「婿入り」には、「婿になって、嫁の家の籍に入ること」という意味があります。

それまで使っていた名字から、妻の名字になるため、男性の中には抵抗がある人もいるかもしれません。



「妻帯者」を使った例文や短文など

続いて「妻帯者」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「妻帯者」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「妻帯者」を使った例文1
  • 「妻帯者」を使った例文2

「妻帯者」を使った例文1

「結婚して『妻帯者』になると、仕事に臨む態度が変わる」

この例文のように、結婚して「妻帯者」になると、一家の大黒柱としての自覚ができて、仕事に対して真剣に取り組む人がいます。

「早く身を固めろ」と上司が言うのは、このような変化が起こるのを期待しているからかもしれません。

「妻帯者」を使った例文2

「『妻帯者』を好きになる癖がある」

この例文のように、「妻帯者」を好きになってしまう女性がいます。

もし恋愛が成就すれば不倫関係になってしまうため、幸せになりにくいタイプの女性と言えるでしょう。

奥さんから横取りする楽しみを味わいたい女性もいれば、「妻帯者」にある、女性に対する余裕を感じ、好きになるなど理由は様々でしょう。

「妻帯者」の反対語

「妻帯者」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「妻帯者」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「独身」
  • 「バツイチ」

「独身」

「独身」「独り身の人」という意味があります。

まだ結婚していない人、結婚したけれど離婚して独り身になっている人を「独身」と呼びます。

「バツイチ」

「バツイチ」は、「結婚して離婚した人」で、さらに「一度目の離婚をした人」という意味があります。

「妻帯者」に見られる傾向

最後に「妻帯者」になると、見られる傾向を紹介します。

独身時代と行動が変わるとされる「妻帯者」の変化はどのようなものでしょうか。

  • 「付き合いが悪くなる」
  • 「帰り時間が早くなる」
  • 「女性と二人きりになるのを避ける」

「付き合いが悪くなる」

結婚するまで飲みに誘えば間違いなく遊びに来た人が、「妻帯者」になった途端、来なくなります。

このように「妻帯者」になると、「付き合いが悪くなる」傾向があります。

特に子供ができると、子育てで忙しく遊ぶ時間が無くなります。

また家庭を顧みず遊びに行く夫を、妻が快く思わないため、仕方なく付き合いが悪くなる人もいます。

さらにお小遣いを妻に管理されるため、遊ぶお金がないという事情もあります。

「帰り時間が早くなる」

「妻帯者」「帰る時間が早くなる」傾向があります。

早く家に帰って奥さんと会いたいと思う男性もいれば、夫が遅くまで帰ってこないことを怒る妻が許さないため、早めに家に帰る人もいます。

全体的に「妻帯者」は帰りが早く、飲み会に参加しても、一次会で家に帰るなど、早めに切り上げる傾向があります。

「女性と二人きりになるのを避ける」

「女性と二人きりになるのを避ける」のも、「妻帯者」の特徴でしょう。

女性と噂になり、不倫の噂が立つのを避けるため、または気の迷いが起こって、実際に不倫関係になるのを避けるためかもしれません。

icon まとめ

「妻帯者」という言葉について見てきました。

結婚した男性、奥さんがいる男性のことを「妻帯者」と簡潔に表現できる、便利な言葉です。

みなさんの周りにいる結婚している男性に対して、「妻帯者」と言う言葉を使ってみましょう。