意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「抜けてる人」とは?使い方や例文!言い換えや表現の使い方(meaning)

「抜けてる人」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「抜けてる人」という言葉を使った例文や、「抜けてる人」の類語を紹介して行きます。

抜けてる人

Meaning-Book
「抜けてる人」とは?使い方や例文!言い換えや表現の使い方(meaning)>


目次

  • 「抜けてる人」とは?
  • 「抜けてる人」の特徴を紹介します
  • 「抜けてる人」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「抜けてる人」を使った例文や短文など
  • 「抜けてる人」の長所と短所


「抜けてる人」とは?

「抜けてる人」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの周りに「抜けてる人」と思えるようなタイプの人がいるかもしれません。

一方で、「抜けてる人」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「抜けてる人」という言葉の意味を紹介します。

  • 「抜けてる人」の意味
  • 「抜けてる人」の使い方

「抜けてる人」の意味

「抜けてる人」という言葉の意味を紹介します。

「抜けてる人」には、「気が抜けてる人」「注意力が散漫な人」「ドジな人」などの意味があります。

しっかりしているように見えて、絶対にしないようなミスをしてしまうような人が「抜けてる人」になります。

「どこか抜けてる人だね」などという使い方をします。

「抜けてる人」の使い方

「抜けてる人」という言葉を、どのように使えばいいでしょうか。

例えば職場に、注意力が散漫な人がいたり、気が抜けている人がいたら、「抜けてる人」という言葉を使って見ましょう。

また見た目はしっかりしているように見える人の中に、ドジな人、うっかりミスが多い人などがいるかもしれません。

このような人を他の人に紹介する時に、「あの人は、一見しっかりしているけど、抜けてる人だよ」などと言うと、その人の特徴を伝えやすいでしょう。

このように、どこか抜けたところがある人に対して、「抜けてる人」という言葉を使ってみましょう。



「抜けてる人」の特徴を紹介します

「抜けてる人」に共通する特徴には、どのような特徴があるでしょうか。

  • 「忘れやすい」【わすれやすい】
  • 「大雑把」【おおざっぱ】
  • 「自覚がない」【じかくがない】
  • 「明るい性格」【あかるいせいかく】

「忘れやすい」【わすれやすい】

「抜けてる人」に共通する特徴に、「忘れやすい」という点があります。

例えばデートの約束を忘れてしまったり、仕事の約束を忘れてしまうような人が「抜けてる人」の特徴になります。

本来は周囲の人を激怒させてしまうような特徴ですが、「彼なら仕方ない」「彼女はいつもそうだから」と許されるのも共通するポイントです。

天然で「忘れている」ため、怒っても仕方ないと思われるからかもしれません。

「大雑把」【おおざっぱ】

「抜けてる人」は、どこか「大雑把」という特徴もあります。

やることに緻密さが欠けている傾向があります。

また物事の捉え方も大雑把で、映画を見ても、感想が適当で、細かなシーンをまるで覚えていないということがあります。

「自覚がない」【じかくがない】

「抜けてる人」の特徴のひとつが、「自分は抜けてる人だという特徴がない」という点も挙げられます。

どちらかと言えば、しっかり者だと思ってる人も多く「抜けてる」と言われても、「そんなわけない」と否定する人がたくさんいます。

「明るい性格」【あかるいせいかく】

「抜けてる人」は、嫌なことがあってもすぐに忘れられるという長所があり、大雑把で細かな点にこだわらないため、ミスをしたことにすら、気付かないおおらかさがあります。

このような「明るさ」「抜けてる人」の最大の特徴かもしれません。

自分のミスをいつまでもくよくよと悩んだりしない人が「抜けてる人」に共通する特徴でしょう。

「抜けてる人」の類語や類似表現や似た言葉

「抜けてる人」の類語や類似表現を紹介します。

「抜けてる人」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「天然」【てんねん】
  • 「ぼうっとしている」【ぼうっとしている】

「天然」【てんねん】

「天然」には「自然に生み出されたもの」という意味があります。

また「天然ボケ」という意味もあります。

「天然ボケ」には、「演技ではない、素のボケ」という意味があり、漫才のボケのように演じているわけではありません。

普通にしているのに、なぜか笑ってしまうような言動を取る人が、「天然」と呼ばれます。

「ぼうっとしている」【ぼうっとしている】

「ぼうっとしている」には「ぼんやりしている」という意味があります。

気が抜けている人、何も考えずに立っているような人に対して、「ぼうっとしている」と言います。

仕事中に空を見て、何も考えていない様子の人は、「ぼうっとするな」と言われるかもしれません。



「抜けてる人」を使った例文や短文など

「抜けてる人」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「抜けてる人」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「抜けてる人」を使った例文1
  • 「抜けてる人」を使った例文2

「抜けてる人」を使った例文1

「A君はイケメンだけど、『抜けてる人』だから気を付けて」

この例文のようなことを言われながら、友達に男性を紹介されたことがあるかもしれません。

A君は見た目はイケメンでしっかり見えるのに、内面はぼうっとしているところがあり、ドジな面があるのかもしれません。

このような説明付きで異性を紹介されると、勘違いせずに付き合い始められるため都合がいいかもしれません。

「抜けてる人」を使った例文2

「『抜けてる人』と言われる女性は、意外とモテる」

この例文のように、「抜けてる人」は意外とモテる傾向があります。

しっかりし過ぎている女性と付き合うと、男性にも緊張を強いられます。

自分はもっと「しっかりしないと」と毎日のように思うのが、嫌になるかもしれません。

その一方で彼女が「抜けてる人」ならば、そのようなプレッシャーを感じずに済みます。

ドジな面をフォローしながら、楽しい恋愛ができるかもしれません。

「抜けてる人」の長所と短所

「抜けてる人」の長所は、場を明るくできることかもしれません。

周囲の人に緊張感を与えず、のびのびした空気を作れます。

また天然ボケ特有の言動が、笑いを生むかもしれません。

「抜けてる人」の短所は、誰もしないようなミスをしてしまうことがあります。

ミスが許されないタイプの仕事をすると、苦労するかもしれません。

またミスを許さない雰囲気の職場では、「抜けてる人」は輝けない可能性があります。

icon まとめ

「抜けてる人」という言葉について見てきました。

みなさんの周りにも、「抜けてる人」がいるかもしれません。

「抜けてる人」は愛すべきキャラクターの持ち主なので、できればフォローして、「抜けてる人」のマイナス面をみんなで補い、明るい場を作れる長所に目を向けるようにしましょう。