意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「そげぶ」とは?意味

ネット上のコメントで「そげぶ」という言葉を見かけることがあります。

どの様な意味なのか元ネタを合わせて紹介します。

そげぶ

Meaning-Book
「そげぶ」とは?意味>


目次

  • 「そげぶ」とは?
  • 「そげぶ」の概要・元ネタ
  • 「上条当麻」とは?


「そげぶ」とは?

「そげぶ」とは「その幻想をぶち殺す!!」の言葉を略して作られたネットスラングです。

元々は相対する言葉ばあるのですが、ネット上で独立して何かのボケたコメントをした人に対して使われたり、意味なく使われることもあります。

2000年代後半から2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で使われていたのですが、ライトノベルを二次創作するアニメファンの間で使われていたもので、認知度としては低くなります。



「そげぶ」の概要・元ネタ

「そげぶ」の概要と元ネタについて紹介します。

  • 元ネタ
  • 概要

元ネタ

「そげぶ」は、人気ライトノベル「とある魔術の禁書目録(インデックス)」に登場する主人公「上条当麻」が言うキメ台詞「その幻想をぶち殺す!」からきています。

上条当麻は「幻想殺し(イマジンブレイカー)」という能力を持ち、発動する時に使われます。

概要

このコメントが使われるのは、ネット上で自分が好きなキャラクターに対して「○○は俺の嫁」とコメントした時に、「その幻想をぶち殺す!!」というレスとして使われます。

誰かが「嫁発言」をした時に、いちいち「その幻想をぶち殺す!!」とコメントするのが面倒なので「そげぶ」と略して使われる様になりました。

アニメ化された時に本作で使われる様になり、公式スラングとなったのです。

原作では「ゲンコロ」という略語もありましたが、「そげぶ」の方が人気で使われる様になりました。

ネット上ではアスキーアートと共に使われることもあり、二次創作ファンの間でのやり取りに使われます。

尚、モラル的に「ぶち殺す」が使えない場合には「その幻想をぶち壊す!!」と表現されることもありますが、どちらも同じ意味となります。

「上条当麻」とは?

上条当麻とは、人気ライトノベル「とある魔術の禁書目録」に登場する主人公です。

性格的にはお人好しで、目の前で困っている人がいると自分を顧みずに助けようとします。

その結果不幸になってもそれを受け止められるタイプで、それが彼のヒーロー像になっています。

温厚な性格ですが芯は強く、真っ直ぐな気持ちを持っています。



icon まとめ

「そげぶ」「その幻想をぶち殺す!!」の略語です。

人気ライトノベルの主人公のキメ台詞で、「嫁発言」をした時の返しのコメントとして使われます。

あまり認知度が高くないので、スレで見かけた時に理解できる程度で良いでしょう。