意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「びしょ濡れ」とは?意味や類語!表現の使い方

「びしょ濡れ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「びしょ濡れ」を使った言葉や、「びしょ濡れ」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「びしょ濡れ」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「びしょ濡れ」とは?
  • 「びしょ濡れ」の使い方
  • 「びしょ濡れ」を使った言葉やサービスなど解釈
  • 「びしょ濡れ」を使った例文や短文など
  • 「びしょ濡れ」の類語や言い換え


「びしょ濡れ」とは?

みなさんは「びしょ濡れ」という言葉を知っているでしょうか。

夕立などに遭遇してしまい「びしょ濡れになった」経験があるかもしれません。

もちろん「びしょ濡れ」という言葉の意味を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「びしょ濡れ」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「びしょ濡れ」の読み方
  • 「びしょ濡れ」の意味
  • 「びしょびしょ」の意味

「びしょ濡れ」の読み方

「びしょ濡れ」の読み方は「びしょぬれ」になります。

「濡れ」「ぬれ」と読みます。

画数が多く難しい漢字のため、いきなり正しく読むのは、難しいかもしれません。

これを機会に「びしょ濡れ」「びしょぬれ」と読むようにしましょう。

「びしょ濡れ」の意味

「びしょ濡れ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「びしょ濡れ」「びしょびしょに濡れる」という意味があります。

全身の服から滴がしたたり落ちそうになるほど濡れた様子を言葉にしたものです。

「びしょびしょ」の意味

「びしょびしょ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「びしょびしょ」には、「雨が絶え間なく降り続く様子」という意味があります。

一日中雨の時に、窓の外の風景を見ながら、「びしょびしょに降ってる」などと言います。

また「全体がすっかり濡れる様子」「ひどく濡れて水分を含んでいる」という意味もあります。

「びしょ濡れ」「びしょびしょ」は、こちらの意味になります。



「びしょ濡れ」の使い方

「びしょ濡れ」という言葉の使い方を紹介します。

「びしょ濡れ」には、「びしょびしょに濡れる」という意味があります。

何かしらの理由で全身がびしょびしょに濡れた時、「びしょ濡れ」という言葉を使ってみましょう。

例えば雨が降った時、全身がびしょびしょになるかもしれません。

傘を差すのが面倒で歩いていたら、気付いたら全身がびしょびしょになっていることがあるでしょう。

このような時に、「傘を差さずに歩いたら、びしょ濡れになった」と言います。

また暑い日に外で動き回っていると、汗が噴き出て、全身がびしょびしょに濡れるかもしれません。

このような時も、「汗で全身がびしょ濡れになった」というように、「びしょ濡れ」という言葉を使ってみましょう。

「びしょ濡れ」を使った言葉やサービスなど解釈

続いて「びしょ濡れ」を使った言葉や、サービスを紹介し、その意味を解釈して行きます。

「びしょ濡れ」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「びしょ濡れフェス」
  • 「びしょ濡れ探偵」

「びしょ濡れフェス」

「びしょ濡れフェス」あるいは「世界一ずぶ濡れになる音楽フェス」と呼ばれているフェスがあります。

2015年にタイで初めて開催された音楽フェスのことで、ステージの巨大なホースから水が噴き出るため、来場した客は水しぶきを浴びながら音楽を楽しめます。

まさに全身がびしょびしょになるくらい濡れる「びしょ濡れ」のフェスになります。

「びしょ濡れ探偵」

「びしょ濡れ探偵」というドラマがあります。

水に濡れるとタイムリープできる主人公が、その能力を活かして、事件を解決へと導きます。

物語の特性上、主人公は毎回、「びしょ濡れ」になります。

主役は水野羽衣役の大原櫻子が努めます。



「びしょ濡れ」を使った例文や短文など

「びしょ濡れ」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

「びしょ濡れ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「びしょ濡れ」を使った例文1
  • 「びしょ濡れ」を使った例文2

「びしょ濡れ」を使った例文1

「夕立に遭って、全身が『びしょ濡れ』になった」

「びしょ濡れ」という言葉を聞いた時に、真っ先に思い浮かぶのが、やはり夕立ではないでしょうか。

この例文のように、たまたま外出先で夕立に遭い、全身が「びしょ濡れに」になった経験があるかもしれません。

最近は「ゲリラ豪雨」という言葉を使うこともあります。

夕立という言葉のイメージ以上に降る雨のことを言います。

夕立やゲリラ豪雨は、基本的に暑い時期に降るため、濡れても風邪を引く心配はないかもしれません。

「びしょ濡れ」を使った例文2

「暑い日に引越しをしたら、全身が『びしょ濡れ』になった」

この例文のように、8月など暑い時期に、引越しをした経験があるかもしれません。

引越し時はエアコンを外して作業するため、信じられないほど汗をかくことになります。

シャツやズボン、下着を何度変えても、「びしょ濡れ」になってしまうため、途中であきらめて、「びしょ濡れ」のまま作業した思い出がある人もいるでしょう。

引越しに限らず、暑い時期にスポーツをしたり、歩いたりすると、またたくまに全身が「びしょ濡れ」になるでしょう。

「びしょ濡れ」の類語や言い換え

最後に「びしょ濡れ」の類語や、言い換えられる言葉を紹介します。

「びしょ濡れ」に良く似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ぐしょ濡れ」
  • 「ずぶ濡れ」
  • 「濡れ鼠」

「ぐしょ濡れ」

「ぐしょ濡れ」には「ぐっしょりと濡れること」という意味があります。

「びしょ濡れ」とほとんど同じ意味があります。

登校時に雨に降られて、服が「ぐしょ濡れ」になり、嫌な気持ちになりながら、授業を受けた経験があるかもしれません。

「ずぶ濡れ」

「ずぶ濡れ」には、「全身がひどく濡れる」という意味があります。

こちらも「びしょ濡れ」とほとんど同じ意味の言葉になります。

たさしやや「びしょ濡れ」よりも、濡れ加減がひどい印象があるかもしれません。

服を着たままプールの中に落ちた時、全身が「ずぶ濡れ」になります。

またバケツで頭から水を掛けられた時も、「ずぶ濡れ」になるでしょう。

「濡れ鼠」

「濡れ鼠」「ぬれねずみ」と読みます。

「濡れ鼠」には、「衣服ごとぐっしょりと濡れること」という意味があります。

夕立に遭って帰ってきた子供を見て、「子供が濡れ鼠になって帰ってきた」などと言います。

icon まとめ

「びしょ濡れ」という言葉について見てきました。

みなさんもゲリラ豪雨に遭遇して、髪も服もびしょびしょになった経験があるかもしれません。

次回、そのような場面に遭遇したら、「びしょ濡れ」という言葉を使ってみましょう。