意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「サブカルクソ女」とは?意味や表現の使い方!

皆さんは 「サブカルクソ女」という言葉をご存知でしょうか?

インターネットのスラングのような感覚で使われている感じもする言葉ですが、結構以前から使われている感じのある言葉です。

今回は、この「サブカルクソ女」について見て行きたいと思います。

サブカルクソ女

Meaning-Book
「サブカルクソ女」とは?意味や表現の使い方!>


目次

  • 「サブカルクソ女」とは?意味
  • 「サブカルクソ女」を分解して解釈
  • 「サブカル系女子」とは?
  • 「サブカルクソ女」の表現をリアルで使うときの注意点
  • 「サブカルクソ女」を使った例文と意味を解釈


「サブカルクソ女」とは?意味

「サブカルクソ女」とは「自分の独特の世界観を持っている女性」のことを指しています。

「サブカルクソ女」「サブカル」「サブカルチャー」が略された語句で、「主流の文化と異なり、マイノリティー的な間隔で少数の人達に支持される文化や娯楽のこと」を指してます。

「サブカルクソ女」と呼ばれる人達は、「独自の世界観を作り上げて、その中で趣味や嗜好を楽しむ」ことを好んでいます。



「サブカルクソ女」を分解して解釈

では、ここで「サブカルクソ女」「サブカル」「クソ女」に分けて意味を見ていきます。

  • 「サブカル」
  • 「クソ女」

「サブカル」

「サブカル」「サブカルチャー」の略語で「メインカルチャー」とは、対照的で反対の概念に位置しています。

古くは大学の研究対象にならず、論評の対象にならなかったようなことを指しており、「社会の中心的な文化とは異なる行動と独自のポリシーを持つ人達の独特な文化のこと」を言っていました。

「副次文化」ないし「下位文化」とも言われています。

「クソ女」

「クソ女」とは、そのままの意味で理解できるくらいに「性格的に最低な性格、思考の女性」と理解することができます。

スーパー自己中で他人より自分優先の性格をしている女性のことです。

「サブカル系女子」とは?

「サブカル系女子」とは、まさに「サブカルチャー的な分野をこよなく愛する女性」のことで、現代ではこのような傾向の女子が非常に増えています。

少しオタク系が入っていることもあったりと、独特の性格をしています。



「サブカルクソ女」の表現をリアルで使うときの注意点

「サブカルクソ女」という言葉は偏見的な意味合いで受け止められる危険性がありますので、使う相手やその人の周辺環境にも配慮しながら、使うようにする必要があります。

もし、普通の社会環境の中で、特定の女性に対して「サブカルクソ女」を使うと蔑視的な発言になってしまう可能性があるので、注意が必要です。

「サブカルクソ女」を使った例文と意味を解釈

「サブカルクソ女」を使った例文を見て行くことにしましょう。

  • 「サブカルクソ女」を使った例文1
  • 「サブカルクソ女」を使った例文2

「サブカルクソ女」を使った例文1

「サブカルクソ女は独自の世界観を持っている」

サブカルクソ女とされる人達は、小説や自分の好きな音楽の歌詞にも、自分独自の世界観をはめようとする傾向があるので、他の人には全く理解できない行動を取ることがあります。

「サブカルクソ女」を使った例文2

「サブカルクソ女は、独自の世界観を持つだけでなく、ファッションにもこだわりがあります」

サブカルクソ女は独特のファッションをしており、大きなメガネとロングスカートを履く傾向があります。

icon まとめ

昨今では「サブカル系の女子」が増えているようですが、彼女達の内面的な考え方は、一般の人達からすると、ちょっと理解することが難しいタイプの人達かもしれません。

しかし、このような人達のことも、これからは1つの立ち位置を確立していく可能性がありそうです。