意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「疚しい/疾しい」とは?意味や表現の使い方!

「お前、何か疚しいことでもあるのか?」と突然、尋ねられたら、どう思うでしょうか?

「やましい」という読み方をする「疚しい/疾しい」という言葉は、普段の日常生活の中や仕事の場面でも、時折耳にする表現です。

そこで今回は、この「疚しい/疾しい」という言葉について説明をしていくことにします。

Meaning-Book
「疚しい/疾しい」とは?意味や表現の使い方!>


目次

  • 「疚しい/疾しい」とは?意味
  • 「疚しい/疾しい」の表現の使い方
  • 「疚しい/疾しい」の類語や類義語
  • 「疚しい/疾しい」の英語と解釈
  • 「疚しい/疾しい」を使った例文と意味を解釈


「疚しい/疾しい」とは?意味

「疚しい/疾しい」とは、「良心が咎める(とがめる)」「後ろめたい」「病気であるような気がする」「気分が悪い」「不満や焦りを感じる」「もどかしい」といったような意味がある言葉です。



「疚しい/疾しい」の表現の使い方

日常、よく使われる「疚しい/疾しい」とは「良心が咎める(とがめる)」「後ろめたい」という意味がありますが、浮気を疑っているか彼女に対して彼氏が「俺は疚しいはことはしてないぞ」という場面で使うことがあります。

  • 「疚しい/疾しい」の漢字の違い

「疚しい/疾しい」の漢字の違い

「やましい」「疚しい」「疾しい」の2つの書き方がありますが、どちらの漢字を間違った書い方ではありません。

両方とも正しい漢字なのですが、「疾」「3大疾病」という時に使われている「疾」で、「病」と同じようなニュアンスを含んでいます。

一方の「疚」「気が咎める」といったような心理的状態を示す時に使われることが多いので、シチュエーションによって使い分けが必要になってくるでしょう。

「疚しい/疾しい」の類語や類義語

「疚しい/疾しい」の類語語としては、次のような言葉があります。

  • 「後ろめたい」
  • 「心苦しい」

「後ろめたい」

「後ろめたい」「疚しい/疾しい」の類義語として挙げることができますが、「後ろめたい」「悪いことを隠していて心が痛むこと」を指していますので、「疚しい」と置き換えすることが可能です。

例えば「本当にお前は疚しいことをしていないんだな」「本当にお前は後ろめたいことをしていないんだな」と言い換えることができます。

「心苦しい」

「心苦しい」「疚しい/疾しい」の類義語として扱うことができます。

「心苦しい」には「他人に対して申し訳なく、すまない気持ちがする」「気が咎める」という意味があるので、「疚しい/疾しい」との言い換えができます。



「疚しい/疾しい」の英語と解釈

「疚しい/疾しい」”を英語で表現すると、“ignominious”“opprobrious”“shameful”という言葉で訳すことができます。

「疚しい/疾しい」を使った例文と意味を解釈

でかここで、「疚しい/疾しい」を使った例文を見て行きましょう。

  • 「疚しい/疾しい」を使った例文1
  • 「疚しい/疾しい」を使った例文2

「疚しい/疾しい」を使った例文1

「僕は毎日、悪事を働いているような疚しい気持ちになって心が痛む」

疚しいことであることは決して気持ちのいいものではありませんし、他人がそのことを問い詰めることも辛いことです。

相手に対して自分のことを正当化したい、真面目な人間のようにふるまうという気持ちから本当の自分を見せられずにいることに苦しさを覚えるものです。

そのようなことから、自分の苦しい気持ちを全て吐き出すことも必要かもしれません。

「疚しい/疾しい」を使った例文2

「仕事で大きなミスを上司などに報告しなかったことで、その疚しさに苦しんでいる」

仕事でミスをしてしまった経験を持つ人が中にはいると思うのですが、こっそりと繕って無かったことにしてしまいたいという気持ちは誰にでもあるはずです。

しかし、そこに疚しさを感じてしまい、いつバレるかハラハラと不安と駆られてしまいます。

ミスをしてしまった時はすぐに報告して謝ってしまうことが大切です。

icon まとめ

「疚しい/疾しい」という言葉の意味を調べていくと、誰にもこのような「後ろめたい気持ち」になることがあるはずです。

しかし、大切なことは次にそのようなことにならないように努めることです。