意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「つべ」とは?「つべ」「ようつべ」の語源や由来

若い人がツイッターなどに書き込みをする時に「つべ」という言葉を使うことがあります。

どの様な意味の言葉なのか、知って意外な意味を紹介します。

つべ

Meaning-Book
「つべ」とは?「つべ」「ようつべ」の語源や由来>


目次

  • 「つべ」とは?
  • 「つべ」「ようつべ」の語源や由来
  • 「つべ」の日常会話での使用例
  • 「つべ」の言葉を使うときの注意点


「つべ」とは?

「つべ」の意味は「YouTube(ユーチュープ)」のことです。

言わずと知れた動画投稿サイトのことを「つべ」と言うのです。

「YouTube」はネットスラングでは「ようつべ」と呼ばれていて、主に2ちゃんねるで使われていました。

更にそれが短縮されて「つべ」と呼ばれる様になったのです。



「つべ」「ようつべ」の語源や由来

「つべ」「ようつべ」の語源は、「YouTube」をローマ字読みにしたものです。

「Yo=よ」「u=う」「Tu=つ」「be=べ」という解釈をする人もいますが、最も分り易いのはキーボードを「ローマ字変換」にして「YouTube」と英文でタイプをすると、「ようつべ」と表示されることでしょう。

ネットでコメントを投稿する時には、なるべく短い方が分り易く手間が省けます。

「YouTube」は英語ですので面倒臭い、そう思った時に「ようつべ」は短くて便利、「つべ」は更に簡単に打ち込めます。

ツィッターなど文字数が制限されているSNSには使い勝手が良いのです。

そして面白い現象として、検索エンジンで「ようつべ」と入力すると「YouTube」が最初に出てきます。

「つべ」でも同じで、つまり「ようつべ」「つべ」も既に検索エンジンでは「YouTube」として認識されているということで、同じ様に使えるワードになります。

「つべ」の日常会話での使用例

「つべ」を日常会話で使う時には以下の様に言います。

  • 「昨日マジ忙しくてつべもニコも見る暇なかったよ」
  • 「つべ見たらさっき言ってた動画あった」

「昨日マジ忙しくてつべもニコも見る暇なかったよ」

「ニコ=ニコニコ動画」のことで、忙しくて「YouTube」「ニコニコ動画」も見て楽しむ暇がなかった、と言っています。

「つべ見たらさっき言ってた動画あった」

話題にしていた動画があり、YouTubeを探してみたらその動画が投稿されていた、という意味です。



「つべ」の言葉を使うときの注意点

「つべ」は、ネットユーザーならばすぐに分る言葉ですが、普段から動画を見ない人には意味が通じない可能性が高くなります。

当然ビジネスの場や目上の人と話している時には使わない様にしましょう。

icon まとめ

「つべ」「ようつべ」「YouTube」のことです。

検索エンジンに入れると「YouTube」がヒットする様になっています。

ネット上で友達同士でやり取りをする時に気軽に使ってみましょう。