意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ロードマップ」とは?意味や類語!作り方や例文

「ロードマップ」とは、「企業がこれからリリースする予定の製品・技術・市場目標を時系列で並べた図表」を意味するIT用語です。

「ロードマップ」「意味・ロードマップを使った言葉・作り方・例文と解釈・類語(シソーラス)や関連語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

ロードマップ

Meaning-Book
「ロードマップ」とは?意味や類語!作り方や例文>


目次

  • 「ロードマップ」とは?
  • 「ロードマップ」を使った言葉と意味を解釈
  • 「ロードマップ」の作り方
  • 「ロードマップ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「ロードマップ」の類語や関連語
  • 「ロードマップ」の英語と解釈


「ロードマップ」とは?

「ロードマップ」とは、「自動車を運転する時に参照する道路地図」「目的が決まっている作業をする時の手順表・工程表(行程表)」のことを意味しています。

それらの意味から転じて、IT用語・ビジネス用語としての「ロードマップ」「企業が将来発表する予定の製品を時系列順に並べた図表」のことを意味しています。

「ロードマップ」というのは、「企業の研究開発・事業戦略などを時間軸に沿って図表化したもの」であり、大きく「製品ロードマップ」「技術ロードマップ」に分けられます。

「ロードマップ」とは、製品・技術・マーケット(競合企業)などについて、現在から将来のある時点までの展望・予定・計画などを分かりやすく図表化したものであり、「いつまでにこの目標(出来事)を達成する」という「マイルストーン」を設定することが多くなっています。

ロードマップ


「ロードマップ」を使った言葉と意味を解釈

「ロードマップ」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「改革のロードマップ」
  • 「プロジェクトロードマップ」

「改革のロードマップ」

「改革のロードマップ」というのは、「改革の各時点の目標を、時系列順に図表化した工程表」を意味しています。

「改革のロードマップ」とは、「改革全体の分かりやすい見取り図」「改革内容を分類整理して各時点における目標を明確化した図表」のことなのです。

「改革のロードマップ」を作成することで、「改革の各時点の具体的目標」を共有して、改革の全体的な進捗状況を把握できます。

「プロジェクトロードマップ」

「プロジェクトロードマップ」というのは、「ビジネスのプロジェクト達成に至るまでの手順・工程を図表化したもの」を意味しています。

「プロジェクトの全体的な予定・計画・進捗」を共有するための図表が、「プロジェクトロードマップ」と呼ばれるものなのです。

このプロジェクトロードマップを作成することによって、「プロジェクトの各時点における目標(マイルストーン)・進捗」を視覚的な時系列(時系列の計画表)で分かりやすく認識できるメリットがあります。

「ロードマップ」の作り方

「ロードマップ」の作り方は「時間軸(年月・四半期)」「各時点での製品開発・技術開発の進捗目標」を合わせ、「問題点・目的の明確化」を行いながら、Excelなどの図・表に書き込んでいく形になります。

「ロードマップ」の作り方のポイントは、「商品リリース・技術課題の解決」などの目標を達成するまでの工程(道筋)の全体像を分かりやすく図表化することにあり、「いつまでにこのマイルストーン(中途の目標)を達成する」という区切りを書き込むと直感的に工程の進捗を理解できます。

図表の形式自体は、横軸の年月の下のセル(欄)にその時点の目標を書いた一般的な「表(グラフ)」、作業の流れを時系列順に「図」で示す「フローチャート」で構いません。



「ロードマップ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「ロードマップ」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「ロードマップ」を使った例文1
  • 「ロードマップ」を使った例文2

「ロードマップ」を使った例文1

「ロードマップを作成することによって、その企業の新製品リリースまでの具体的な進捗・予定がイメージしやすくなります」

この「ロードマップ」を使った例文は、「将来発表する商品を時系列で並べた図表を作成することによって、その企業の新製品リリースまでの具体的な進捗・予定がイメージしやすくなる」ということを意味しています。

「ロードマップ」を使った例文2

「ロードマップはただ漠然とした事業計画に依拠するのではなく、具体的に実現可能な日程と合わせて目標を設定していく必要があります」

この「ロードマップ」を使った例文は、「事業計画(製品リリース予定)を時系列で図表化したものは、ただ漠然とした事業計画に依拠するのではなく、具体的に実現可能な日程と合わせて目標(各時点のマイルストーン)を設定していく必要がある」ということを意味しています。

「ロードマップ」の類語や関連語

「ロードマップ」の類語・関連語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「工程表・計画表」
  • 「製品ロードマップ」
  • 「技術ロードマップ」

「工程表・計画表」

「ロードマップ」の類語・関連語として、「工程表・計画表」があります。

「ロードマップ」という言葉は、「企業の製品リリース・技術開発にまつわる工程表・計画表」「目的のある作業を遂行するまでの行程表」を意味しています。

その意味合いから、「ロードマップ」と良く似た意味を持つ類語として、「工程表・計画表」が上げられます。

「製品ロードマップ」

「ロードマップ」の類語・関連語として、「製品ロードマップ」があります。

「製品ロードマップ」というのは、企業がリリースする予定の製品を時系列順にまとめた図表のことを意味しています。

「製品ロードマップ」のスパンは概ね数年〜10年程度で、予測可能な未来の時間軸の範囲内で「リリース予定の製品・製品カテゴリー」「その製品が市場に与える影響・実現可能な目標」を図表の中で記載していきます。

「技術ロードマップ」

「ロードマップ」の類語・関連語として、「技術ロードマップ」があります。

「技術ロードマップ」というのは、あるカテゴリーの科学技術・工業技術の研究開発に従事している専門家たちが、その技術の将来展望・予測を時系列でまとめた図表を意味しています。

「技術ロードマップ」とは、いつ頃どのような技術革新(イノベーション)が実現しそうかを時系列でまとめたもので、一定の科学的根拠に基づく技術予想図になっています。

「ロードマップ」の英語と解釈

ロードマップ meaning in english

「ロードマップ」という言葉は、“roadmap”という英語でそのまま表現されます。

  • “Roadmap can be divided into product roadmap and technology roadmap.”

“Roadmap can be divided into product roadmap and technology roadmap.”

この「ロードマップ」を使った英語の例文は、「ロードマップは製品ロードマップと技術ロードマップに分けることができます」ということを意味しています。

icon まとめ

「ロードマップ」という言葉について徹底的に解説しましたが、「ロードマップ」には「企業がこれからリリースする予定の製品・技術・市場目標を時系列で並べた図表」の意味があります。

「ロードマップ」の類語(シソーラス)・関連語としては、「工程表・計画表」「製品ロードマップ」「技術ロードマップ」などがあります。

「ロードマップ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。