意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「魔法のカード」とは?クレカ?iTunesカード?

魔法のカード、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

ゲームなどで使われることもありますが、現実社会で使われる場合もあります。

それならば、魔法のカードという言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは魔法のカード、という言い回しについて紹介します。

魔法のカード

Meaning-Book
「魔法のカード」とは?クレカ?iTunesカード?>


目次

  • 「魔法のカード」とは?
  • 「魔法のカード」の語源
  • 「魔法のカード」の派生での使い方


「魔法のカード」とは?

魔法のカード、という表現はゲームにおいて強い副作用を伴う最強アイテムのことを指します。

キャラクターを強化したり、回復させたり、あるいはアイテムを取得する場合などに使え、魔法のような効果が実現できるのです。

現実社会においてはクレジットカードを指すことが多いのではないでしょうか。



「魔法のカード」の語源

ここでは魔法のカードという表現について紹介します。

  • クレジットカード

クレジットカード

クレジットカードは現金を持ち合わせていなくても商品を購入することが可能なカードであり、限度額の範囲内であればいくらでも買い物ができる、お金を使った感覚がない状態で買い物ができる、ということから魔法のカードと呼ばれるようになりました。

いくら手持ちのお金がなかったとしても問題がない魔法のカードであり、カードさえあれば確かに商品の購入が可能です。

ただし、クレジットカードは信用や信頼を意味するカードであり、信用を持とうとしたサービスを強要されるものですから、使ったお金はきちんと支払っていかなければいけません。

そのため、クレジットカードを作る時には審査を受ける必要があり、長期に渡ってクレジットカードを利用しているかどうか、などということも評価の対象になります。

「魔法のカード」の派生での使い方

ここでは、魔法のカードと呼ばれている他のカードを紹介します。

  • iTunesカード
  • googleカード

iTunesカード

iTunesカードも近年では魔法のカードだと呼ばれています。

これはApple Store & iTunesギフトカード等と呼ばれており、iPhoneのApple Storeで利用が可能なギフトカードになります。

500円から50,000円まで、1円単位で金額を指定することが可能です。

googleカード

GoogleカードはGoogle playギフトカードなどと呼ばれることがあります。

コンビニで購入でき、Googleストアの有料アプリやコンテンツなどが購入できます。



icon まとめ

魔法のカードというのはそのカードさえあれば何でもできる、といったニュアンスが強く、例えばクレジットカード等は現金がなかったとしても買い物ができる魅力的な商品になります。

その一方で計画的な使い方ができなければお金が返済できないということになり、社会的な信頼を落とす可能性も出てきますので注意が必要です。