意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「おまけの中身が知りたくて」とは?意味や使われ方・実際の事件についても解説!

食品そのものより、それに付いているおまけが目的とも言えるお菓子は、昔から数多く存在しています。

そして、それらに共通して、ここで紹介する「おまけの中身が知りたくて」という問題が起こっていると考えていいでしょう。

おまけの中身が知りたくて

Meaning-Book
「おまけの中身が知りたくて」とは?意味や使われ方・実際の事件についても解説!>


目次

  • 「おまけの中身が知りたくて」とは?
  • 「おまけの中身が知りたくて」を詳しく解説
  • おまけの中身が知りたくても買ってから空けましょう


「おまけの中身が知りたくて」とは?

この「おまけの中身が知りたくて」とは、本来であれば、そのお菓子の購入後に始めて分かる中身を購入前に知りたいがあまり、という意味です。

この手のお菓子に付いているおまけは、商品の包装を開けないと確認できなかったり、別に付いている場合でも丁寧にパッキングされており、選んで購入することはできません。

例えば、全部で30種類あるカードがおまけの場合に、あと1種類で全部揃う状態だとすると、その1種類以外が出た時には購入自体が無駄になってしまいます。

その為に、購入前に何とか中身を知ろうと思うことから、「おまけの中身が知りたくて」と言われる行動に出てしまうのです。



「おまけの中身が知りたくて」を詳しく解説

前述の行動とは、購入前におまけを開封してしまうという行為です。

包装の中に入っているものはどうしようもありませんが、その包装と別に個別にパッキングされた袋がくっ付いているようなタイプだと、やろうと思えば購入前にそのパッキングを開けて見ることができてしまいます。

ただし、このようなことはもちろん行ってはいけませんし、法で罰せられてしまう行為です。

ですが、そういった行為が幾度となく起きており、警察に逮捕されてしまうという事件に発展したケースまであります。

実際にも、近年とあるショッピングセンターで、プロ野球選手のカードがおまけについているポテトチップスでカードがパッキングされている袋を、購入前にいくつも開封したという事件があり、ニュースにもなったほどです。

それ以降、この「おまけの中身が知りたくて」は、ネットで面白おかしく使われる表現となりました。

全く関係のないことに対し、「ついおまけの中身が知りたくてやってしまった」などといった笑い話にするという具合です。

おまけの中身が知りたくても買ってから空けましょう

もちろんですが、全種類を集めている人が既に所持しているもの、または特定の欲しい種類がある場合に、それではないものが付いている商品は購入したくはないでしょう。

しかし、その購入前にはおまけの中身が分からないことが、その商品としての販売戦略なのです(おまけの為に多く購入してくれるという意味です)。

購入前のおまけの確認は、前述のように犯罪行為にもなってしまいます。

いくらダブリや欲しい種類以外が出るのが嫌でも、きちんと購入してから開封しましょう。



icon まとめ

この「おまけの中身が知りたくて」は、先の近年の事件がニュースで流れた時のキャッチでした。

気持ちは分からなくもありませんが、そのようなことは決して行わないようにしましょう。