意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リアタイ」の意味とは?使い方や例文!

「リアタイ」、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

これはインターネットスラングとして使われている言葉ですが、日常生活においても聞くことがあるかもしれません。

それならば、「リアタイ」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは「リアタイ」という表現について紹介します。

Meaning-Book
「リアタイ」の意味とは?使い方や例文!>


目次

  • 「リアタイ」とは?
  • 「リアタイ」の使い方
  • 「リアタイ」のを使った言葉と意味を解釈
  • 「リアタイ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「リアタイ」の類語や類義語・言い換え


「リアタイ」とは?

「リアタイ」というのはリアルタイムの略で、同時間等という意味で使われます。

インターネット上における「リアタイ」という言葉は、リアルタイムで視聴するということを指す場合が多いのではないでしょうか。

例えば、テレビドラマ等は都合によってリアルタイムで見られないことがありますよね。

そのような場合に「リアタイできない」などと使われます。

また、ライブやコンサートに参加するという意味もあり、文脈によって「リアタイ」という言葉の意味が異なります。

この表現はリアルという言葉が元になっており、2005年頃から使われています。



「リアタイ」の使い方

「リアタイ」という表現は録画などをせずにリアルタイムで視聴すること、コンサートやライブに参加すること、という意味で使われる場合がほとんどです。

しかし、文脈で判断しなければ何について話しているのか明確になりません。

そのため、この言葉を使うときには何についての話題なのか、しっかりと把握する必要があります。

「リアタイ」のを使った言葉と意味を解釈

ここでは「リアタイ」という表現について紹介します。

  • 「リアタイ世代」
  • 「リアタイ勢」
  • 「リアタイしたい」

「リアタイ世代」

「リアタイ世代」とは、そのものをリアルに楽しんでいた世代、ということになります。

例えばリアルタイムでそのアニメを見て楽しんだ世代であれば、そのアニメの「リアタイ世代」ということになります。

「リアタイ勢」

「リアタイ勢」とは、リアルタイムで番組を視聴する人々のことを指しています。

スポーツの試合やドラマなどはぜひリアルタイムで見たいですよね。

録画機能を使わず、リアルタイムで見る人たちのことをこのように表現します。

「リアタイしたい」

「リアタイ」したい、という表現だけでは、実際は何について話されているのかわかりません。

例えば、「ライブにリアタイしたい」ということであればライブに参加したいということになります。

また、録画をせずにリアルタイムで視聴したいドラマがあれば、それも「リアタイしたい」と表現できます。



「リアタイ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは例文を紹介します。

  • 「リアタイ」を使った例文1
  • 「リアタイ」を使った例文2

「リアタイ」を使った例文1

「私たちはポケモンのリアタイ世代です」

ポケモンと言えば、いまだに世界中で人気を誇りますが、日本で流行り始めたのはかなり昔のことになります。

そのため、ポケモンが流行り始めた最初の世代を「ポケモンのリアタイ世代」と表現できます。

「リアタイ」を使った例文2

「今日は残業がないからリアタイできる!」

これは、「今日は残業がないからドラマをリアルタイムで見られる」ということになります。

残業をするとなれば、ドラマなども録画しておかなければいけないという状態になりかねません。

しかし早く帰宅できれば、録画する必要がないですね。

「リアタイ」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「並行して」
  • 「同時進行で」

「並行して」

並行して、という表現には並んで、隣り合って、という意味があります。

2つ以上のものが並んでいくこと、ある物事が行われている時、同時に別のある物事が起こっていること、という意味を持つのです。

「同時進行で」

同時進行で、というのは複数の物事を同時に両方とも進める様子、という意味を持ちます。

同時に進める、という表現にも同じ意味があります。

icon まとめ

「リアタイ」という表現は若者達の間で使われている表現ですから、世代によっては通じないかもしれません。

若者は当たり前のように使う表現でもありますので、ぜひ覚えておきたいですね。