意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ノーカン」の意味とは?ゴルフでの意味も解釈

日本は様々な言語を取り入れており、英語から略語・造語をどんどん生み出しています。

広く知られている言葉の一つに「ノーカン」が挙げられます。

知らないと「常識がない」と判断されかねないため、正しく理解して使う必要があります。

ノーカン

Meaning-Book
「ノーカン」の意味とは?ゴルフでの意味も解釈>


目次

  • 「ノーカン」とは?意味
  • 「ノーカン」のゴルフでの意味
  • “no count”は和製英語で海外で通じない?
  • 4「ノーカウント事故」とは?
  • 「ノーカン」の使い方


「ノーカン」とは?意味

「ノーカン」とは英語の「ノーカウント」“no count”を略称した造語とされており、数えない・カウントしないという意味を持ちます。

ミスや不手際など何か悪いことがあった際に適応することが多く、なかったことにするという意味合いで用いられます。

知名度を上げたきっかけに漫画の「賭博破戒録カイジ」に登場する大槻班長のネタにも用いられており、広く知られて用いられています。



「ノーカン」のゴルフでの意味

「ノーカン」は数えないこと以外にもゴルフでも用いられている言葉ですが、その意味は大きく異なります。

ゴルフでの「ノーカン」とはパッティングをする際、向き・距離などが合わずに失敗してしまうことを意味します。

元々ゴルフでの「ノーカン」とはパッティングの際にラインを読み取る勘(カン)がない(ノー)ということから生まれた造語です。

そのためゴルフにおけるミスを意味します。

“no count”は和製英語で海外で通じない?

ノーカン meaning in english

「ノーカン」は日本では“no count”の略称として認知されていますが、この言葉は海外では通じない表現とされており和製英語に分類されます。

「no 名詞」には「〇〇がない」という意味はありますが数を数える使い方として‘no count”は適応せず、“does not count”“not counting”といった表現となります。



4「ノーカウント事故」とは?

「ノーカン」は日常の中でも用いられており、その一つに「ノーカウント事故」が挙げられます。

この意味として自動車保険の契約条件において、基本的に保険を用いることで投球は下がります。

しかし中には保険を用いても投球が下がらない場合もあり、事故件数にカウントしないということで「ノーカウント事故」とされています。

「ノーカン」の使い方

「ノーカン」という言葉は造語として広く知られており、日常会話の中でも用いられる機会も多いです。

しかし多くはミス・不手際など悪いことを数えないという使い方が多く、その対象は数えるほどではないことが条件となります。

ミス・不手際が起こったことに変わりはなくそれを無かったことと扱うため、対象の規模・事態の大きさによっては反省していないと判断されかねません。

そのため冗談・フランクな使い方が適応しており、言雄大きさが増すほどに使わないほうが良いとされます。

icon まとめ

「ノーカン」とは多くの人が知っている造語ですが、フランクに使える単語のため使い方や場面には注意が必要です。

しかし場を緩和させる意味ではとても便利なため、正しく理解して使いこなすことができると非常に便利な言葉です。