意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ロミオメール」とは?意味と使い方と元ネタ

「ロミオメール」「ロミオ」はシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」のことです。

さて「ロミオメール」とはどういった意味なのか、一緒に見ていきましょう。

ロミオメール

Meaning-Book
「ロミオメール」とは?意味と使い方と元ネタ>


目次

  • 「ロミオメール」とは?
  • 「ロミオメール」の由来
  • 「ロミオメール」の内容
  • ロミオメールまとめとは?


「ロミオメール」とは?

「ロミオメール」とは簡単に言えば、女性が交際している男性に別れを切り出しますと、別れたくない男性から「君がいなければ生きてはいけない」といった内容のメールのことを言います。

「ロミオメール」は自己陶酔した文面が多いのも特徴の一つです。

また、一旦別れ話をして、時間が経過した後に「よりを戻したい」といった気持ちを込めて送ってくる場合もありますが、その際、なぜか上から目線的な「ロミオメール」になる男性もいるようですが、女性からさらに幻滅されることが多いのです。



「ロミオメール」の由来

「ロミオメール」とはシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」のロミオのような「君が必要」「君なしでは生きていけない」といった言葉を沢山使うことから言われるようになりました。

逆に女性側の場合であれば「ジュリエットメール」となるわけです。

派手な喧嘩をした後にこのような「ロミオメール」「ジュリエットメール」を送り合うカップルもいます。

「ロミオメール」の内容

「ロミオメール」の内容は、基本的には内容が独りよがりであったり、ポエム調になっているものが多いとされています。

「君なしでは生きていけない」「もう離さない」「大切さが身に沁みた」などは一般的ですが、たまに「よりを戻してあげてもいい」「チャンスを上げる」など上から目線の「ロミオメール」もあり、これは送られた女性がカチンとくるだけであり、気持ちがさらに離れてしまう、気持ち悪いと思うなど、逆効果になる場合もあります。



ロミオメールまとめとは?

ロミオメールまとめとは、かつて2ちゃんねるにあったスレッドをまとめたサイトのことです。

別れ話をしたらこんなメールがきたといった感じで、別れ話のきっかけから、ロミオメールの紹介といった流れになっています。

特徴としてはロミオメールはなぜかポエム調が多く、自己陶酔している、そして長文になりがちです。

気分が盛り上がっていくのか、沢山、何通も送ってくる傾向にもあります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ロミオメール」について理解できたでしょうか。

別れを切り出すとなぜか「ロミオメール」もしくは「ジュリエットメール」を送る男女は、自己陶酔型、ナルシストの傾向もあるのかもしれません。