意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大車輪の活躍」とは?意味や類語!例文や使い方!

「大車輪の活躍」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「大車輪の活躍」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

大車輪の活躍

Meaning-Book
「大車輪の活躍」とは?意味や類語!例文や使い方!>


目次

  • 「大車輪の活躍」の意味とは?
  • 「大車輪の活躍」の類語や言い換え
  • 「大車輪」を使った言葉と意味を解釈
  • 「大車輪の活躍」の例文と意味を解釈


「大車輪の活躍」の意味とは?

「大車輪の活躍」という言葉を知っているでしょうか。

知らない人のために、「大車輪の活躍」の意味を紹介して行きます。

  • 「大車輪」の語源
  • 「大車輪の活躍」の意味

「大車輪」の語源

「大車輪の活躍」「大車輪」とは何でしょうか。

「大車輪」とは「大きな車輪」という意味があります。

また体操の鉄棒の技を「大車輪」と呼ぶこともあります。

このように「大車輪」は、大きな車輪のようにぐるぐると回る様子が語源になっています。

そのため「大車輪」には、「一生懸命に奮闘する」という意味もあります。

「大車輪の活躍」の意味

「大車輪の活躍」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「大車輪の活躍」「大車輪のように活躍する」「大活躍する」「一生懸命に頑張って、成果を上げる」などの意味があります。

機械の内部には様々な車輪があり、機会が動いている間、車輪は回り続けることになります。

このような様子が元になり、「大車輪の活躍」という言葉には「大活躍」「一生懸命頑張る」などの意味があります。



「大車輪の活躍」の類語や言い換え

続いて「大車輪の活躍」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「大車輪の活躍」と似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「無我夢中」
  • 「熱心」
  • 「不眠不休」

「無我夢中」

「無我夢中」という言葉には、「心を奪われて、我を忘れて行動する様子」という意味があります。

「無我夢中で頑張る」「無我夢中で仕事をする」などという使い方をします。

「熱心」

「熱心」という言葉も良く使います。

「熱心」には、「一つのことに心を打ちこんでいる様子」という意味があります。

「子供を教育することに打ち込んでいる様子」を言葉にした「教育熱心」など、他の言葉と結びつくこともあります。

「不眠不休」

「不眠不休」「ふみんふきゅう」と書く四文字熟語です。

「不眠不休」には、「夜も休まずに何かをすること」という意味があります。

例えば「不眠不休で仕事をする」「不眠不休で読書をする」など、眠らずに何かをする時に「不眠不休」という言葉を使います。

「大車輪」を使った言葉と意味を解釈

「大車輪」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「大車輪」を実際に使う時に役に立つ言葉を紹介します。

  • 「大車輪の働き」
  • 「大車輪で仕上げる」

「大車輪の働き」

「大車輪の動き」には、「一生懸命奮闘する」という意味があります。

職場で誰よりも頑張っている人の様子を「大車輪の動き」という言葉で表現できます。

「大車輪で仕上げる」

「大車輪で仕上げる」という言葉がビジネスシーンで使われることがあります。

死語との締切や納期が近づいている時などに、「馬力をアップして、一生懸命に仕上げよう」という意味で「大車輪で仕上げる」という言葉を使います。



「大車輪の活躍」の例文と意味を解釈

「大車輪の活躍」という言葉を使った例文を紹介し、意味を解釈して行きます。

「大車輪の活躍」を使うコツを、例文を通じて覚えて行きましょう。

  • 「大車輪の活躍」を使った例文1
  • 「大車輪の活躍」を使った例文2

「大車輪の活躍」を使った例文1

「A君の『大車輪の活躍』で甲子園出場を決めた」

この例文のように、甲子園出場の立役者になる人がいます。

この人がいなければ、甲子園出場は夢だったと思えるような活躍をする時、「大車輪の活躍」と表現します。

「大車輪の活躍」を使った例文2

「私が『大車輪の活躍』をしなければ、仕事が納期までに終わらないだろう」

この例文のように、自分が馬力を上げて活躍しないと、納期までに仕事が終わりそうもないと感じることがあるかもしれません。

自分が職場のエースの場合、このような思いを持ちやすいかもしれません。

icon まとめ

「大車輪の活躍」という言葉について見てきました。

最近はあまり使わなくなった言葉ですが、味わい深い言葉ですので、意味や使い方を覚えておきましょう。