意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ディール」とは?意味や使い方!カジノ用語の「ディール」とは?!

最近、テレビやラジオ、新聞、ネットなどのメディアで「ディール」という言葉を耳にしたり、目にする機会が増えているような気がするのですが、この言葉には、どのような意味があるのでしょうか? 今回は、この言葉について見て行こうと思います。

ディール

Meaning-Book
「ディール」とは?意味や使い方!カジノ用語の「ディール」とは?!>


目次

  • 「ディール」の意味とは?
  • 「ディール」の使い方や使うときの注意点
  • トランプ大統領のディール外交とは?
  • 「ディール」の言葉の使い方
  • カジノ用語の「ディール」とは?


「ディール」の意味とは?

「ディール」とは、「物などの売買や取引」の意味がありますが、その他に「分配する」というニュアンスで使われることもある言葉です。

  • 「ディール」の英語表記

「ディール」の英語表記

「ディール」は、本来、英語の言葉で、“Deal”という英語表記になります。



「ディール」の使い方や使うときの注意点

日本では、色々なカタカナ語がありますが、「ディール」をそのまま使うことはあまりしません。

また、英語でコミュニケーションを取る際でも、“deal”を日本語に訳すことは、結構難しい感じがする言葉です。

しかし、ネイティブな使い方では。

“deal”を頻繁に使っているので、日本人である私達にとっては、少し理解が難しく感じるのかもしれません。

“deal”「取引をする」という意味があるので、店のスタッフと価格交渉をして、値引きをしてくれることで、お互い納得し結果として、“deal!”と言ながら握手するのです。

これは「取引が成立したね」という意味で、まさに取引が成功したことを意味しています。

通常、私達の感覚では、「販売する」「売買する」を英語で置き換えそうなので”sell”という言葉を使いたくなりますが、商品によっては”deal”を使うことができるのです。

その一方で、“deal”が使えないものもあるので、注意が必要です。

“deal”が使えるものを判断するには、“dealer”=「ディーラー」という言葉が使える職業や業種が見極めの手段となります。

“dealer”=「ディーラー」という言葉は日本では、「代理店」という意味合いで使われいますが、メーカーの営業とは異なる資本が独立した第三者として仕入れ業者や販売者を意味するので、これが当てはまれば、”deal”が使えそうです。

トランプ大統領のディール外交とは?

今世界を席巻しそうなトランプ大統領が独自のディール外交を展開していますが、安倍総理大臣は、トランプ大統領を訪問して、いい関係を構築しています。

しかし、トランプ大統領のディール外交は、個々の企業単位、そして個別の国との外交交渉で物事が進んでいくと思われます。

彼の政治姿勢は、外交より内政で、特に経済を優先させた政策が中心で、外交は影響の大きいメキシコを始め、カナダやイギリス中国を相手に交渉を進めていくでしょう。

但し、中国はこれらの国々の中では、優先度が低く、取引しやすいイギリスと強固な関係を作りながら、メキシコとは対決姿勢で臨み、カナダは同盟国というスタンスと実益を伴った交渉で進めていくのではないかと思われます。



「ディール」の言葉の使い方

「ディール」という言葉は、日本語ではあまり使われることが少ないので、英語でどのような活用法があるかを見て行きたいと思います。

  • 「ディール」を使った例文1
  • 「ディール」を使った例文2
  • 「ディール」を使った例文3

「ディール」を使った例文1

“He deals Microsoft products.”=「彼はマイクロソフトの製品を売っている」という英語例文がありますが、通常、「売る」となると、“sell”が使われると思いがちです。

しかし、このように“deal”=「販売する」という意味で活用されることがあります。

「ディール」を使った例文2

“He deals motorcycle.”=「彼はバイクを売っている」という文も「売る」という言葉で“deal”が使われいますが、車の販売でも活用することができます。

日本でも「カーディーラー」という言葉がありますが、先述のように、“dealer”=「ディーラー」が存在する場合に、「売る」=“deal”が使えそうですね。

「ディール」を使った例文3

“He dealt the cards for a game of blackjack.”=「彼はブラックジャックを進めるためにカードを配った」ここでも“deal”が使われていますが、後の項で少し触れたいと思いますが、このような場面でも使える言葉です。

カジノ用語の「ディール」とは?

「ディール」は、カジノの世界でも使われている言葉で、前の例文で見るように「ディール」「カードを配る」という意味になるのです。

カードを配る人のことを「ディーラー」と呼んでいるのですが、日本ではカジノはないために、あまり馴染みの薄い表現かもしれませんね。

icon まとめ

「ディール」という言葉を日本でどのような活用されているかと調べてみれば、意外と浸透されていない言葉かもしれません。

「ディール外交」「ニューディール政策」といったような専門用語として耳にすることくらいかもしれません。

しかし、「カーディーラー」などで活用される「代理店」「ディーラー」も同じ語源であることが分かると、身近な言葉と感じることでしょう。