意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大森林」の意味とは?類語や使い方、スラングとしての意味やこの言葉を使った映画を解釈!

大森林は、もちろん自然を表す為の言葉ですが、ネット上ではスラングとして全く別の意味で使われています。

大森林

Meaning-Book
「大森林」の意味とは?類語や使い方、スラングとしての意味やこの言葉を使った映画を解釈!>


目次

  • 「大森林」の意味とは?
  • 「大森林」の読み方
  • 「大森林」の言葉を使った映画や言葉など解釈
  • 「大森林」使った例文と意味を解釈
  • 「大森林」の類語や言い換え
  • 「大森林」の英語と解釈


「大森林」の意味とは?

大森林の本来の意味は、広大に広がる樹の茂った大地のことです。

そのような場所は一般には「森林」と表現されていますが、その規模が大きい場合に、この「大森林」と呼ばれています。

ネット上でスラングとして使われる場合には、「大笑い」という意味で使います。

そのような意味のネットスラングは多く存在しており、簡単なものでは「w」と使うだけで、「笑い」が表せます。

そして、「草」「森」という表現もあり、一番上のなるのがこの「大森林」です。



「大森林」の読み方

「大森林」は、「だいしんりん」と読んでください。

この読み方に関しては、スラングとして使う場合も同様です。

何故、この「大森林」「大笑い」という意味のネットスラングなのかと言えば、「w」「笑い」という意味で、その見た目が草が生えているように見えることから、同様の意味を「草」と表現することも増えてきました。

そして、「大笑い」にする為に、その「草」を発展させて「森」となり(その間に「竹」もあります)、どんどん表現がエスカレートし、この「大森林」にまでなったという次第です。

「大森林」の言葉を使った映画や言葉など解釈

大森林を使った言葉の意味の解釈です。

本来の使い方と、スラングとしての使われ方の両方の言葉を解釈していきます。

  • 「大森林不可避」(スラング)
  • 「大森林に向かって立つ」(映画)

「大森林不可避」(スラング)

スラングとして使っている例で、「大笑いせずにはいられない」という意味だと解釈してください。

この形は、「笑い」を表現するスラングの中でもかなりの場合にのみ使う表現で、それだけおかしいということになります。

「大森林に向かって立つ」(映画)

1961年の9月に公開された日本映画で、監督は野村孝、主演は小林旭です。

南アルプスの大森林を舞台にしたアクション映画で、小林旭の演じる伊吹明という一風変わったアウトローな男が悪と戦うというストーリーです。

尚、この映画はDVDやブルーレイ化はされていない為、現在では視聴するのは難しいですが、衛星放送(原則的に有料です)の映画専門チャンネルなどでたまに放送されていることがあります。



「大森林」使った例文と意味を解釈

大森林を使った例文と、その意味の解釈です。

こちらも、両方の意味で使われているものを挙げていきます。

  • 「大森林」使った例文1
  • 「大森林」使った例文2

「大森林」使った例文1

「これだけの大森林に逃げ込まれると、捜索は困難を極めるだろう」

何かの事件の犯人などが、そのような場所に逃げ込むと大変なことになるだろうと想定した発言です。

しかし、そのような場所ではとても何日も生きていけないので、逃げる為には適しているかも知れませんが、最後の悪あがきとも言える行為です。

「大森林」使った例文2

「何だそりゃあwww 正に大森林wwwww」

ネット上でよく見掛ける使い方で、正に大笑いだとスラングとして使っています。

「大森林」だけでも充分に「大笑い」という意味になりますが、そこに「笑い」のスラングの基本とも言える「w」と組み合わせて使っており、実際にもこのような使われ方になることが多いです。

「大森林」の類語や言い換え

大森林と似た意味の言葉や、言い換えになる表現です。

本来の意味と、スラングの意味の両方のそれらを挙げていきます。

  • 「樹海」(じゅかい)
  • 「大草原」(だいそうげん)

「樹海」(じゅかい)

「大森林」とよく似た意味ですが、そこまでの規模でなくても、樹が所狭しと生え茂っている場所であれば、このように呼ぶことができます。

どちらかというと、範囲や広さより、樹木の密度の濃い「森林」を表現する言葉です。

有名なのは、富士山の北西山麓にある「青木ヶ原樹海」です。

広さはそれほどでもありませんが、一度足を踏み入れたら二度と出れてないほどの場所だと言われています。

「大草原」(だいそうげん)

スラングの方の類語で、「w」を草に見立てることは先に書きましたが、それが大量だという意味だと解釈してください。

つまり、こちらも「大笑い」を表す表現で、「大森林」より若干その程度が低いと考えていいでしょう。

一緒に使われる例としては、「もう大草原www むしろ大森林wwwww」といった形になります。

「大森林」の英語と解釈

大森林 meaning in english

大森林を英語にすると、“forest”となります。

この“forest”には、先に「樹海」という意味もあり、そこまでいかない森林は“woods”と表現されます。

“I went on a trip to see the forest.”と使うと、「大森林を見に旅行に行った」となります。

“forest”だけで「大森林」になりますが、広さや規模をより強調したい時には、その前に“large”“big”と付けても構いません。

スラングの方は、“a loud laugh”「大笑い」となり、この表現でいいでしょう。

そのまま“forest”で通じる場合もあるかも知れません。

icon まとめ

大森林は、ネット上では「大笑い」の方で使うことの方が多いと考えていいですが、もちろん本来の意味も合わせて覚えておいてください。