意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「突然」の意味とは?「突然」と「忽然」の違い・読み方・英語・対義語・類語

「突然」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「突然」の英語や、対義語・類語、「突然」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「突然」の意味とは?「突然」と「忽然」の違い・読み方・英語・対義語・類語>


目次

  • 「突然」の意味とは?
  • 「突然」の読み方?
  • 「突然」の英語
  • 「突然」の対義語
  • 「突然」の言葉の使い方
  • 「突然」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「突然」を使った例文や短文など
  • 「突然」の類語や類義表現
  • 「突然」と「忽然」の違い


「突然」の意味とは?

「突然」という言葉は、日常生活でもたびたび登場する言葉です。

みなさんも毎日のように「突然」という言葉を使っているのではないでしょうか。

一方で、「突然」という言葉の意味をよく知らないという人もいるでしょう。

「突然」には、「物事が急に起こる様子」という意味があります。

例えば、夜遅くに友達が急に家に遊びにきたら、「突然、どうしたの?」と言ってしまうのではないでしょうか。

このように「突然」には、「物事が急に起こる様子」という意味があります。



「突然」の読み方?

「突然」という言葉を、どのように読めばいいでしょうか。

「突然」「とつぜん」と読みます。

他の読み方を想像しにくいため、読み間違えをする事もないでしょう。

これを機会に、あらためて「突然」「とつぜん」と読む事を知っておきましょう。

「突然」の英語

「突然」という言葉を、英語にしたいと思う事があるかもしれません。

海外に住む外国人の友達にメッセージを送りたい時に、「突然」の英語を知っていると便利でしょう。

「突然」は英語で、“suddenly”(サドンリー)になります。

以前、サッカーのゴールデンゴールの事を「サドンデス」と言いましたが、「サドンデス」「サドン」にも「突然」という意味があります。

このように「突然」“suddenly”という英語にする事ができます。



「突然」の対義語

「突然」の対義語にあたる言葉はどのような言葉でしょうか。

「突然」には「物事が急に起こる様子」という意味があるため、徐々に物事が進んでいくような言葉が対義語と言えそうです。

  • 「段々」【だんだん】
  • 「次第に」【しだいに】

「段々」【だんだん】

「段々」には、「ゆっくりと確実に」という意味があります。

例えば、書道の腕がゆっくりと確実に上達して行く時、「『段々』と書道の腕が上達する」と言えます。

住宅地がゆっくり確実に発展して行く時、「街が『段々』発展する」と言います。

「次第に」【しだいに】

「次第に」には、「少しずつ推移する様子」という意味があります。

時間を掛けて少しずつお腹がすいてくる様子を「『次第に』お腹がすく」などと言います。

「『突然』お腹がすく」とは、かなり違う意味になるでしょう。

「突然」の言葉の使い方

「突然」という言葉を、どのように使えばいいでしょうか。

「突然」には、物事が急に起こる様子という意味があるため、そのように感じた時に使ってみましょう。

ビジネスシーンでは、急に仕事が舞い込んできた時に、「『突然』、仕事が来る」などと言います。

恋愛の場面で、急に誰かの事が好きになった時、「『突然』好きになる」などと言います。

このように、急に物事が起こった時に、「突然」という言葉を使ってみましょう。

「突然」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

続いて「突然」を使った言葉や慣用句を見て行きましょう。

「突然」という言葉を使いやすくする、使い勝手の良い言葉が登場します。

  • 「突然の腹痛」【とつぜんのふくつう】
  • 「突然死」【とつぜんし】
  • 「突然の幸運」【とつぜんのこううん】

「突然の腹痛」【とつぜんのふくつう】

「突然の腹痛」に悩まされた経験があるかもしれません。

それまで、まるで痛くなったお腹が、急に痛くなる事を「突然の腹痛」と言います。

下痢になりやすいタイプの人がいますが、そのような人にとって「突然の腹痛」は身近な出来事かもしれません。

「突然死」【とつぜんし】

「突然死」は、誰かが急に亡くなってしまう事を言います。

それまでは元気に見えた人が、急に体調を崩し亡くなってしまう時、「突然死」と言われます。

「突然の幸運」【とつぜんのこううん】

「突然の幸運」は素敵な言い回しです。

予想もしないような幸運が、誰かの身に降り注ぐ時に、「突然の幸運」と言います。

みなさんも、これまでの人生で何度か「突然の幸運」に巡り合った経験があるかもしれません。

「突然」を使った例文や短文など

「突然」を使った例文や短文を見て行きましょう。

「突然」という言葉の使い方が、より具体的に理解できるかもしれません。

  • 「突然」を使った例文1
  • 「突然」を使った例文2

「突然」を使った例文1

「ある日、『突然』恋に落ちた」

恋愛の場面で「突然」は良く登場します。

誰かを好きになるのも嫌いになるのも、予告なしに急に起こる出来事のためです。

同級生の笑顔を見た瞬間、それまで何とも思っていなかったのに、急に好きになってしまう事があるでしょう。

そのような出来事を「突然、恋に落ちる」と言います。

「突然」を使った例文2

「『突然』転勤が決まり、困ってしまった」

この例文のように、急に転勤が決まって困った経験があるかもしれません。

一つの人事は他の人事に影響を与えるため、玉突き状態で急に転勤が決まる事があります。

このような時、「突然、転勤が決まる」と言います。

「突然」の類語や類義表現

「突然」の類語や類義表現を紹介します。

「突然」とよく似た言葉を知り、使える言葉を増やしていきましょう。

  • 「突如」【とつじょ】
  • 「唐突」【とうとつ】

「突如」【とつじょ】

「突如」には「予告なしに出し抜けに」という意味があります。

天気予報では雨が降る予定ではなかったのに、大雨が降ってきた時は、「『突如』大雨に降られる」などと言います。

「唐突」【とうとつ】

「唐突」には、「全く突然である事」という意味があります。

「突然」よりも、より予測がつかないような展開を「唐突」と呼びます。

本当に急な仕事を相手に頼むような時に、「『唐突』ではありますが」などと断りを入れて、仕事のお願いをするようにしましょう。

「突然」と「忽然」の違い

最後に、「突然」「忽然」の違いに注目してみましょう。

「忽然」「こつぜん」と読む、読み方が難しい言葉です。

「忽然」には、「現れたり消えたりするのが、突然な様子」という意味があります。

「忽然と姿を現す」「忽然と姿を消す」などが「忽然」を使った定型句になります。

「突然」は人が現れたり消えたりする以外の、様々な場面で使う事ができます。

使用範囲の違いが「突然」「忽然」の違いと言えるでしょう。

icon まとめ

「突然」という言葉についていろいろと見てきました。

今まで何となく使っていた「突然」という言葉の意味を、明確に知る事ができたでしょう。

次回以降は、さらに意識的に「突然」という言葉を使ってみましょう。