意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「治す」の意味とは?「治す」と「直す」の違い・読み方・英語・類語【使い方や例文】

「治す」という言葉の意味や英語を紹介します。

また「治す」「直す」の違いや、「治す」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

治す

Meaning-Book
「治す」の意味とは?「治す」と「直す」の違い・読み方・英語・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「治す」の意味とは?
  • 「治す」の読み方
  • 「治す」の英語
  • 「治す」と「直す」の違い
  • 「治す」の言葉の使い方
  • 「治す」を使った言葉・慣用句や熟語・関連など
  • 「治す」を使った例文や短文など
  • 「治す」の類語や類義表現


「治す」の意味とは?

「治す」という言葉は、日常的に使っている言葉のひとつでしょう。

しかし、「治す」のきちんとした意味を把握していない人もいるかもしれません。

そこで「治す」の意味を紹介します。

「治す」には「病気やけがを健康状態に戻す」という意味があります。

例えば風邪を引いた時に、「風邪を治す」という場合は、鼻水や、発熱、のどの痛みなどの風邪の症状がなくなり、健康状態に戻すという意味があります。

このように「治す」には、「病気やけがを健康状態に戻す」という意味があります。



「治す」の読み方

「治す」という言葉の読み方を知っているでしょうか。

「治す」「なおす」と読みます。

「ちす」などと読み間違えないように注意しましょう。

「治す」の英語

治す meaning in english

「治す」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

英語を使った例文を見ながら、「治す」の英語について知りましょう。

  • 「治す」を使ったEnglishの例文
  • 「治す」を使ったEnglishの例文

「治す」を使ったEnglishの例文

“I want to cure a cold”(アイウォンツキュアアコールド)

“I want to cure a cold”は、「私は風邪を治したい」という文章を英語にしたものです。

“cure”には「治す」“cold”には「風邪」という意味があります。

「治す」を使ったEnglishの例文

“He fixed his injury”(ヒーフィックスドヒズインジュリィ)

“He fixed his injury”「彼はケガを治した」という意味の英文です。

“fixed”「治す」“injury”には「ケガ」という意味があります。



「治す」と「直す」の違い

「治す」と同じ読み方をする言葉に、「直す」があります。

「治す」「直す」には、意味の違いがあるのでしょうか。

「直す」には、「元通りにする」「元の良い状態に戻す」などの意味があります。

あらゆるものを元通りにする時、「直す」という言葉を使います。

病気やけがに関しても「直す」を使う事ができますが、基本的には「治す」を使います。

このように何かを元通りにする時は「直す」を使い、病気やけがに関しては「治す」を使うよう使い分けをしましょう。

「治す」の言葉の使い方

「治す」には「病気やけがを元通り健康にする」という意味があります。

そのため「治す」はとてもシンプルな場面で使える言葉と言えます。

誰かが病気になった時、ケガをした時に、その状態から健康な状態に戻るための努力をしている時に、「治す」という言葉を使います。

また健康になって欲しいと願う時、「治って欲しい」「治りますように」などと言います。

そして無事に健康状態に戻った時、「治った」と言います。

このように病気やけがを元の健康状態にする時に、「治す」を使ってみましょう。

「治す」を使った言葉・慣用句や熟語・関連など

「治す」という言葉を使った言葉や慣用句などを見て行きましょう。

「治す」をさらに使いやすくする言葉が登場します。

  • 「病気を治す」【びょうきをなおす】
  • 「ケガを治す」【けがをなおす】

「病気を治す」【びょうきをなおす】

「病気を治す」という言い回しは、誰でも一度は使った事があるでしょう。

風邪や成人病など、様々な病気がありますが、それらの病気を克服し、元通りにする時に、「病気を治す」と言います。

ある程度の年齢になると、いつも何かの病気を患っているため、あえて「病気を治す」と言わずに、日常的に治療を続けている人も多いかもしれません。

「ケガを治す」【けがをなおす】

「ケガを治す」も頻繁に使う言葉です。

スポーツ選手なら、数年に一度使うような言葉でしょう。

試合で骨折したり、捻挫になりプレー困難になった時などに、休養して「ケガを治す」事に専念します。

ケガを患ったまま日常生活を送る事は難しいため、確実に「ケガを治し」、その後、遅れた分を取り戻すなどる必要があるでしょう。

「治す」を使った例文や短文など

「治す」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「治す」を使った例文を見る事で、「治す」を文章に組み込むコツが見えてくるかもしれません。

  • 「治す」を使った例文1
  • 「治す」を使った例文2

「治す」を使った例文1

「入院してしっかり病気を『治す』事になった」

健康診断などで、病気がみつかる事があります。

そしてそれをきっかけに、入院し本格的な治療をするケースがあります。

また病気だと分かっていても、忙しさにかまけて治療できなかった人が、例文のように覚悟を決めて治療に専念する事もあります。

治療のために会社を休む必要がある時、抱えている仕事を誰かに渡す時に、この例文のような文章を使い、誰かに伝える必要があるでしょう。

「治す」を使った例文2

「一年間プレーを休み、手術した肘を『治す』」

スポーツ選手は、大きなけがをする事が多く、時には治療に数年間かかる事もあります。

この例文のようにプロ野球選手などが、ひじを手術し一年間プレーを休むケースは多くなっています。

最近は手術のスキルやリハビリの技術が上がっているため、手術後に以前以上のパフォーマンスを発揮する選手も少なくありません。

「治す」の類語や類義表現

「治す」の類語や類義表現を紹介します。

「治す」と似た意味の言葉を知ると、語彙が増えるため文章力が高まるかもしれません。

  • 「癒やす」【いやす】
  • 「治癒」【ちゆ】
  • 「快復」【かいふく】

「癒やす」【いやす】

「癒やす」という言葉は、ここ20年くらいで使う機会が急激に増えてきた言葉です。

「癒やす」には、「病気やけが、さらには飢えや苦しみまでも治す」という意味があります。

特に疲労や精神的な苦しみ、ストレスなどを解消する事を「癒やす」という言葉で表現する事が多くなっています。

「治癒」【ちゆ】

「治癒」には、「病気やケガが治る事」という意味があります。

「病気が『治癒』した」という使い方をします。

「治った」という言葉と同じ意味があります。

「快復」【かいふく】

「快復」は、「病気が良くなる事」という意味があります。

治療が進み、体が元通りの健康状態に近づいている時などに、「順調に『快復』している」などと表現します。

icon まとめ

「治す」という言葉について見てきました。

「治す」「直す」という言葉と混同しがちで、どちらにも「治す」「直す」を使っていた人もいるでしょう。

これを機会に病気やケガに関しては「治す」を、それ以外の様々なものを元通りにする場面では「直す」を使う事を覚えておきましょう。