意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「社会不適合者」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「社会不適合者」とは、「社会生活・人間関係・仕事などに上手く適応することができない人」です。

「社会不適合者」「意味・読み方・英語と解釈・社会不適合者のテストや診断・使い方・治し方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「社会不適合者」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「社会不適合者」の意味とは?
  • 「社会不適合者」の読み方
  • 「社会不適合者」の英語(解釈)
  • 「社会不適合者」テストや診断は信憑性がある?
  • 「社会不適合者」の言葉の使い方
  • 「社会不適合者」の治し方はある?
  • 「社会不適合者」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「社会不適合者」の類語や類義表現
  • 「社会不適合者」の対義語


「社会不適合者」の意味とは?

「社会不適合者」の意味は、「社会(関係する他者)の要求に応えながら生活・仕事をすることが困難な人」「社会環境・社会生活・人間関係・職業活動(仕事)に上手く適合(適応)できない人」になります。

「社会不適合者」とは、様々な原因・理由によって「社会・職場で上手くやっていけない人(自立した社会生活が営めない人)」「人間関係・コミュニケーション・仕事に適切に対応できない人(社会・人間関係のルールを守れない人)」を意味しているのです。



「社会不適合者」の読み方

「社会不適合者」の読み方は、「しゃかいふてきごうしゃ」になります。

「社会不適合者」の英語(解釈)

「社会不適合者」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“person unfit for society”(「社会に適合していない人」から、「社会不適合者」を意味します。)

“misfit”(「既存の環境にうまく適応できない人」から、「社会不適合者」を意味します。)

“A person with strong interpersonal anxiety may be misfit. ”(対人不安が強い人は、社会不適合者かもしれません。)

“troublemaker”(「問題を起こす人」から、「社会不適合者」を意味します。)

“round pegs in the square holes”(「社会不適合者」を意味する慣用表現で、原義は「丸い穴に四角い釘を入れる」です。)



「社会不適合者」テストや診断は信憑性がある?

「社会不適合者」のテストや診断項目として、科学的根拠があるのは「心理学的な知能テスト・人格テスト・発達障害テスト」「精神医学的な精神疾患・人格障害の診断」だけになります。

そういった心理学的・精神医学的な心理テストで異常が認められて、更に実際の社会生活・人間関係が極端に上手くいかずに悩んでいる時に、「社会不適合者」に該当する可能性が出てくるのです。

それ以外の「社会不適合者」を診断できるとされている簡単なテストはありますが、その診断項目に多く当てはまった場合でも、自分自身が社会・仕事・対人関係に適応できなくて悩んでいなければ、「社会不適合者」ではありません。

「社会不適合者」の言葉の使い方

「社会不適合者」の言葉の使い方は、「職場(仕事)に上手く適合できない人・人間関係(コミュニケーション)に適切に対応できない人・他者と関わる社会生活が営めない人」などを指して使うという使い方になります。

「少しでも気に入らないことがあると、人と喧嘩する彼は社会不適合者です」「社会不適合者は他人とあまり関わらなくてもできる仕事を探すべきです」などの文章で、「社会不適合者」の言葉を使用することができます。

「社会不適合者」の治し方はある?

「社会不適合者」の治し方は、重症度やその人の特徴・適性に合わせたものがあり、一つは「カウンセリング・心理療法」を受けてみる方法があります。

軽度であれば、自分の悩み・不安について傾聴してもらって共感・助言を得られる「カウンセリング」でも一定の改善効果があります。

もう一つは「行動療法・暴露療法」と呼ばれる方法で、「自分がこれくらいなら何とか耐えられるという社会生活・人間関係・仕事内容」に少しずつ向き合ってストレスに耐えながら、経験・自信を積み重ねていくものです。

最後に「社会・他者とあまり関わらなくても良い仕事を探す」という方法もあり、「自営業・ネットビジネス・投資家・クラウドソーシング」などがあります。

「社会不適合者」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「社会不適合者」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「社会不適合者」を使った例文1
  • 「社会不適合者」を使った例文2

「社会不適合者」を使った例文1

「社会不適合者は意外なアイデア・視点を持つこともあることから、天才や起業家が多いと言われています」

この「社会不適合者」を使った例文は、「社会環境に上手く適応できない人は、独自の意外なアイデア・視点を持つこともあるため、天才や起業家が多いとも言われている」ということを意味しています。

「社会不適合者」を使った例文2

「社会不適合者は職場で他者と上手く関われないため、ニートや仕事が続かない人が多いのです」

この「社会不適合者」を使った例文は、「社会生活・対人関係に上手く適合できない人は、職場で他者と上手く関われないために、ニートや仕事が続かない人が多い」ということを意味しています。

「社会不適合者」の類語や類義表現

「社会不適合者」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「社会不適合者」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「社会不適応者・反社会的(非社会的)な性格の人」
  • 「人格破綻者・ダメ人間」
  • 「落伍者・落ちこぼれ」

「社会不適応者・反社会的(非社会的)な性格の人」

「社会不適合者」の類語・類義表現として、「社会不適応者・反社会的(非社会的)な性格の人」があります。

「社会不適応者」とは、「社会生活や社会環境、仕事に上手く適応できない人」を意味します。

「反社会的な性格の人」とは、「他人を傷つけても良心が痛まない人・犯罪や暴力を好んで行う人」などを意味しています。

「非社会的な性格の人」とは、「ひきこもりのように他者・社会との関わりができない人(あるいは、社会と関わりたがらない人)」を意味します。

「人格破綻者・ダメ人間」

「社会不適合者」の類語・類義表現として、「人格破綻者・ダメ人間」があります。

「人格破綻者」というのは、「人格・性格の傾向が標準から大きく外れていて、社会生活や対人関係に適応できない人」を意味します。

「ダメ人間」とは、「能力・性格・考え方などに大きな問題があるため、社会や仕事で全く役に立たない人。

やる気も責任感もなくて社会に適応できず他人に迷惑をかける人」
を意味します。

社会の要請に応えられない「社会不適合者」の類語として、「人格破綻者・ダメ人間」が上げられます。

「落伍者・落ちこぼれ」

「社会不適合者」の類語・類義表現として、「落伍者(らくごしゃ)・落ちこぼれ」があります。

「落伍者」とは、「隊列・隊伍から遅れた人が原義であり、大勢の人が歩んでいく道で後れを取った人」「悪い方向に落ちぶれた人」を意味します。

「落ちこぼれ」とは、「平均・標準よりも大きく劣っていること」「学校・会社などの社会生活で使い物にならないこと」を意味します。

社会に適合できない「社会不適合者」の類義表現として、「落伍者・落ちこぼれ」を指摘できます。

「社会不適合者」の対義語

「社会不適合者」の対義語として、「社会適合者・社会適応者・社会順応者」などがあります。

「社会不適合者」という言葉の意味は、「社会環境・社会生活(職業活動)・人間関係などに適切に合わせることができない人」になります。

それと反対の意味を持つ対義語として、社会環境に適切に合わせられる人を意味する「社会適合者」や社会生活に上手く適応できる人を指す「社会適応者」があります。

「社会順応者」とは、「社会生活や対人関係の変化に上手く対応できる人」のことであり、「社会不適合者」の対義語になっています。

icon まとめ

「社会不適合者」という言葉について徹底的に解説しましたが、社会不適合者には「社会生活・人間関係・仕事などに上手く適合することができない人」などの意味があります。

「社会不適合者」の類語・類義表現としては、「社会不適応者・反社会的(非社会的)な性格の人」「人格破綻者・ダメ人間」「落伍者・落ちこぼれ」などがあります。

「社会不適合者」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。