意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優勢」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「優勢」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「優勢」の英語や、「優勢」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「優勢」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「優勢」の意味とは?
  • 「優勢」の意味
  • 「優勢」の英語
  • 「優勢」の対義語
  • 「優勢」の言葉の使い方
  • 「優勢」の類語や類義表現
  • 「優勢」を使った例文


「優勢」の意味とは?

「優勢」という言葉を知っているでしょうか。

「優勢」「ゆうせい」と読み、仕事の場面や日常生活で普通に使われている言葉です。

スポーツの試合を見ている時に、「優勢」という言葉を耳にする事がある人もいれば、仕事の場面で「優勢」という言葉を使った経験がある人もいるでしょう。

一方で「優勢」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「優勢」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、現在の自分の立場に対して、「優勢」という言葉を使いたくなる人がいるかもしれません。

またスポーツ観戦が以前よりも楽しくなるかもしれません。



「優勢」の意味

「優勢」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「優勢」には、「優位に立つ勢い」という意味があります。

例えば会社で仕事をする時には、競合するライバル企業がいるかもしれません。

また同期入社の同僚と、出世争いをするかもしれません。

このようにライバルと競い合う時、どちらに勢いがあるかを意識するでしょう。

そして「優位に立つ勢いがある」と感じる方に対して「優勢」という言葉を使います。

このように「優勢」には「優位に立つ勢い」という意味があります。

「優勢」の英語

「優勢」という言葉を英語にするとどのような表現になるでしょうか。

「優勢」は英語で、“superiority”(スペリオリティ)になります。

“superiority”には「優位」「優勢」という意味があります。

また“predominance”(プレドミナンス)という言葉にも、「優勢」という意味があります。

このように「優勢」を英語にすると“superiority”“predominance”という言葉になりますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「優勢」の対義語

「優勢」の対義語を紹介します。

「優勢」と反対の意味の言葉を知ると、この言葉の意味を立体的に理解できるようになるでしょう。

  • 「劣勢」
  • 「退勢」

「劣勢」

「劣勢」という言葉は、一般的に良く使われている言葉です。

「劣勢」には、「勢いが劣る事」という意味があります。

また「劣った勢力」という意味もあります。

例えばサッカーの試合を見ていると、どちらかのチームの勢いが弱い事が分かります。

このような時に「Aチームが劣勢」などという言葉を使います。

「退勢」

「退勢」「たいせい」と読み、「衰えて行く形勢」という意味があります。

例えば会社の勢いがなくなり、徐々に勢力が弱まっている時に、「会社が退勢を迎える」などと言います。

「優勢」とは真逆に位置する言葉と言えるでしょう。

「優勢」の言葉の使い方

「優勢」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「優勢」には、「優位に立つ勢い」という意味があります。

前提として競合する人や団体などがいて、どちらが優位に立つ勢いかを判断した時に、「優勢」という言葉を使います。

仕事の場面でも「優勢」という言葉を使いますが、恋愛の場面でも「優勢」という言葉を使います。

一人の女性を二人以上の男性が争って付き合いたいと思っている時は、どちらかが優位に立つ勢いがあるはずです。

このような時に、「A君の方が『優勢』」とか、「B君が巻き返して『優勢』になってきた」などと言います。

日常生活でも、他の人と何かを競っている時には「優勢」という言葉を使う事ができます。

「優勢」の類語や類義表現

「優勢」の類語や類義表現を紹介します。

「優勢」と似た意味の言葉を知る事で、「優勢」の意味をより深く理解できるようになるでしょう。

  • 「勝勢」
  • 「攻勢」

「勝勢」

「勝勢」には、「勝ちそうな勢い」という意味があります。

「優勢」よりもさらに勢いがあり、そのまま行けば勝利するような時に、「勝勢」という言葉を使います。

例えばボクシングの試合で、相手を圧倒するような攻撃を繰り出せている時などに、「勝勢に乗り攻撃する」などという表現をします。

「攻勢」

「攻勢」という言葉は、スポーツの場面などで比較的よく使う言葉です。

「攻勢」には、「攻撃する態勢」という意味があり、「攻勢に出る」などという言い回しで使います。

また「攻勢」には、「攻めかかる勢い」という意味があります。

「攻勢のまま試合が終わる」などという使い方をします。

「優勢」を使った例文

「優勢」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

様々な場面における「優勢」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「起死回生のホームランを打ち、『優勢』に立つ」

この例文は、野球の試合のある時点を切り取ったものです。

野球の場合は点数を取り合う競技ですので、どちらが優位に立つ勢いを持っているかが一目瞭然です。

この例文では「優勢」に立つチームの誰かが、ホームランを打ったことをきっかけに優位に立つ勢いを持つ事ができた事がわかります。

また点数的に負けているチームでも、10対0から10対9まで追い上げ、さらにノーアウト満塁のチャンスを迎えている場合は「優勢」と呼べます。

このようにスポーツの試合の途中に「優勢」という言葉が良く使われます。

例文2

「『優勢』だと予想されたが、苦戦を強いられた」

この例文のように、戦前に「優勢」と伝えられる事があります。

例えば海外のボクシングの試合では、試合前に試合展開が予想され、その予想をもとにオッズが発表される仕組みがあります。

この場合はオッズが1倍に近いほど、「優勢」である事が分かります。

お金がかかっている予想のため、かなり信憑性が高い前情報と言えるでしょう。

しかしこの例文のように、「優勢」と伝えられていた方が、必ず勝つかと言えばそうではないです。

苦戦を強いられる事、負けてしまう事もあります。

このように実際に戦いが始まる前に「優勢」という言葉を使う事もあります。

icon まとめ

「優勢」という言葉の意味や使い方を見てきました。

二人以上の人や団体が競い合う時、かならずどちらかが相手をリードする勢いを持ちます。

このような場面で「優勢」という言葉を使ってみましょう。

しかし、「優勢」だからと言って、最終的に勝利できるわけではありません。

実生活で「優勢」になった時は、気を緩めずに勝ち切れるようにしましょう。