意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「劣勢」とは?意味や使い方!例文や解釈

「劣勢」とは、「勢力が劣っていること・形勢が不利な状況にあること」を意味する言葉です。

「劣勢」「意味・読み方・使い方・劣勢を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

劣勢

Meaning-Book
「劣勢」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「劣勢」とは?
  • 「劣勢」の表現の使い方
  • 「劣勢」を使った言葉と意味を解釈
  • 「劣勢」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「劣勢」の反対語
  • 「劣勢」の類語や類義語・言い換え
  • 「劣勢」の英語と解釈


「劣勢」とは?

「劣勢」という表現は、「勢力・力が劣っていること」「形勢が不利な状況にあること」を意味しています。

「劣勢」というのは、「相手との比較で勢力(人数)・強さが劣っていること」「形勢が不利で負けそうな状態にあること」を意味する表現なのです。

  • 「劣勢」の読み方

「劣勢」の読み方

「劣勢」の読み方は、「れっせい」になります。



「劣勢」の表現の使い方

「劣勢」の表現の使い方は、「勢力で劣っている場合」「競争・戦闘をしていて形勢が不利な状態にある場合(負けそうな状態になっている場合)」に使うという使い方になります。

例えば、「劣勢を挽回するための秘策があります」「敵の増加によって劣勢に追い込まれました」といった文章で使うことができるのです。

「劣勢」を使った言葉と意味を解釈

「劣勢」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「劣勢な状況」【れっせいなじょうきょう】
  • 「劣勢になる」【れっせいになる】
  • 「劣勢の挽回」【れっせいのばんかい】

「劣勢な状況」【れっせいなじょうきょう】

「劣勢な状況」という表現は、「勢力が劣っている状況」「敗色が濃くなっているさま」を意味しています。

例えば、「いったん劣勢な状況に追い込まれると、そこから挽回するには知恵や戦略が必要になってきます」といった文章で使えます。

「劣勢になる」【れっせいになる】

「劣勢になる」という言葉は、「勢力・人数が劣った状況になること」「相手に押されて負けそうな状態になること」を意味しています。

例えば、「劣勢になったからといって、すぐに諦めるようなタイプではありません」といった文章で使用できます。

「劣勢の挽回」【れっせいのばんかい】

「劣勢の挽回」という言葉は、「形勢が不利で負けそうだった状態から盛り返して逆転すること」を意味しています。

例えば、「劣勢の挽回ができるチャンスがこれから少なからずあるはずです」といった文章で使われます。



「劣勢」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「劣勢」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「劣勢」を使った例文1
  • 「劣勢」を使った例文2

「劣勢」を使った例文1

「市場競争において後発の我が社は圧倒的な劣勢にありますが、商品の質の素晴らしさを考えれば逆転の可能性はあります」

この「劣勢」を使った例文は、「市場競争において後から進出した我が社は圧倒的に不利な形勢(市場シェアで劣っている状態)にあるが、商品の質の素晴らしさを考えれば逆転の可能性はある」ということを意味しています。

「劣勢」を使った例文2

「大勢の敵軍に囲まれて今は劣勢に追い込まれていますが、後数時間もすれば味方の軍勢5万が援軍にやってくるので形勢は変わるはずです」

この「劣勢」を使った例文は、「大勢の敵軍に囲まれて、今は勢力で劣って敗色濃厚な厳しい状況に追い込まれているが、後数時間もすれば味方の軍勢5万が援軍にやってくるので戦闘の優劣の状態は変わるはずである」ということを意味しています。

「劣勢」の反対語

「劣勢」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「優勢」【ゆうせい】

「優勢」【ゆうせい】

「劣勢」の反対語は、「優勢」になります。

「優勢」という表現は、「勢い(勢力)において優っていること」「相手よりも形勢が有利な状況にあり勝ちそうなこと」を意味しています。

その意味合いから、勢力において劣っていることや形勢が不利なことを示す「劣勢」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「優勢」という表現を指摘することができるのです。

「劣勢」の類語や類義語・言い換え

「劣勢」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「防戦一方・敗色が濃い」
  • 「苦しい状況・窮地」
  • 「攻められまくる・追いまくられる」

「防戦一方・敗色が濃い」

「劣勢」の類義語・言い換えとして、「防戦一方・敗色が濃い」があります。

「防戦一方」という表現は、「相手よりも勢力が弱くて受身になり、守ることだけしかできない状態」を意味しています。

「敗色が濃い」という表現は、「劣勢に追い込まれて負ける可能性が高くなっていること」を意味しています。

それらの意味から、「劣勢」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「防戦一方・敗色が濃い」を指摘できるのです。

「苦しい状況・窮地」

「劣勢」の類語・言い換えには、「苦しい状況・窮地」があります。

「劣勢」という表現は、「勢力が弱くて形勢が不利なために、窮地(非常に苦しくて危ない状態)に追い込まれやすいこと」を意味しています。

その意味合いから、「劣勢」という表現は「苦しい状況・窮地」という表現に言い換えられることがあるのです。

「攻められまくる・追いまくられる」

「劣勢」の類義語・言い換えとして、「攻められまくる・追いまくられる」があります。

「劣勢」という表現は、「相手との戦い・競争において勢力で劣っていて、攻められまくること(追いまくられること)」を意味しています。

その意味合いから、「劣勢」とほぼ同じような類似の意味を持つ類義語として、「攻められまくる・追いまくられる」を上げられるのです。

「劣勢」の英語と解釈

劣勢 meaning in english

「劣勢」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“inferior, inferiority”(劣っている・劣勢な・劣っていること・劣勢) “inferior, inferiority”の反対語として、“superior, superiority”(優れている・優勢な・優勢)があります。

“inferiority in numbers(strength)”(人数(強さ)における劣勢)

“numerical inferiority”(数における劣勢)

  • “We rallied back from a numerical inferiority.”

“We rallied back from a numerical inferiority.”

「劣勢」を使ったこの英語の例文は、「私たちは数における劣勢を盛り返して反撃しました」ということを意味しています。

icon まとめ

「劣勢」という言葉について徹底的に解説しましたが、「劣勢」には「勢力が劣っていること・形勢が不利な状況にあること」などの意味があります。

「劣勢」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「防戦一方・敗色が濃い」「苦しい状況・窮地」「攻められまくる・追いまくられる」などがあります。

「劣勢」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。