意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「攻勢」とは?意味や使い方!例文や解釈

「攻勢」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「攻勢」という言葉を使った例文や、「攻勢」の類語を紹介して行きます。

攻勢

Meaning-Book
「攻勢」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「攻勢」とは?
  • 「攻勢」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「攻勢」を使った例文や短文など
  • 「攻勢」の反対語
  • 「攻勢」の英語


「攻勢」とは?

「攻勢」とは?

みなさんは「攻勢」という言葉を知っているでしょうか。

「敵に激しい攻勢をかける」などという、言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「攻勢」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「攻勢」という言葉の意味を紹介します。

  • 「攻勢」の読み方
  • 「攻勢」の意味

「攻勢」の読み方

「攻勢」「こうせい」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「攻勢」「こうせい」と読みましょう。

「攻勢」の意味

「攻勢」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「攻勢」には、「攻める態勢」という意味があります。

「攻勢を整える」という時は、「攻めるための態勢を整える」という意味があります。

また「攻勢」には、「攻めかかる勢い」という意味があります。

「敵に激しい攻勢をかける」という言葉には、「敵に激しい勢いで攻めかかる」という意味があります。

このように「攻勢」には、「攻める態勢」「攻めかかる勢い」という意味があります。



「攻勢」の類語や類似表現や似た言葉

「攻勢」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「攻勢」の類語や類似表現を紹介します。

「攻勢」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「勢い」【いきおい】
  • 「威勢」【いせい】
  • 「猛威」【もうい】
  • 「暴威」【ぼうい】
  • 「余勢」【よせい】

「勢い」【いきおい】

「勢い」という言葉には、「他を抑えるような盛んな力」という意味があります。

「敵の勢いにのまれる」という時は、敵の盛んな力に抑え込まれるという意味があります。

「勢いよく話をする」「勢いが大切」などという使い方をします。

「威勢」【いせい】

「威勢」という言葉には、「威圧するような勢い」という意味があります。

「威勢のいい人」は、「威圧するような勢いのある人」という意味があります。

「猛威」【もうい】

「猛威」という言葉には、「すさまじい勢い、威力」という意味があります。

「台風が猛威を振るう」という定型句のような言葉がありますが、「台風がすさまじい勢いで、悪い影響を与える」という意味があります。

「暴威」【ぼうい】

「暴威」という言葉には、「荒々しい勢い」という意味があります。

こちらも台風や竜巻などに対して使い、「台風が暴威を振るう」「竜巻が地域に暴威を振るった」などという文章を作れます。

「余勢」【よせい】

「余勢」という言葉には、「有り余った勢い」という意味があります。

戦国時代の武将をモチーフにした小説などには、「余勢を駆って、攻め上がる」という表現が登場します。

そのような時、戦に勝利をした時に生じた、余った勢いを使った、敵陣の奥深くまで攻め上がるという意味があります。

「攻勢」を使った例文や短文など

「攻勢」を使った例文や短文など

次に「攻勢」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「攻勢」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「攻勢」を使った例文1
  • 「攻勢」を使った例文2

「攻勢」を使った例文1

「敵がひるんだところで、『攻勢』をかける」

この例文のように、勢いよく攻めたり、ここが勝負どころと、攻めかかる時は、敵がひるんだ時かもしれません。

ボクシングの試合でも、ノックアウトが生まれる直前に、敗者がひるんだ様子を見せることがあります。

弱気な表情、パンチが効いたという雰囲気を出すと、相手は「攻勢」をかけて、一気にノックアウトまで攻めたてます。

「攻勢」を使った例文2

「片想いの女性に『攻勢』をかけて、口説き落とす」

この例文のように、男性のタイプによっては、積極的に女性を口説き、付き合うところまで行けるかもしれません。

このように勢いよく異性を口説く様子を、「攻勢をかける」と表現します。

少しでも行けると思った時、朝から晩まで付き合って欲しい意志を示し、相手の気持ちを自分に向けられる人もいるでしょう。



「攻勢」の反対語

「攻勢」の反対語

「攻勢」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「攻勢」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「守勢」【しゅせい】
  • 「敗勢」【はいせい】
  • 「衰勢」【すいせい】
  • 「劣勢」【れっせい】
  • 「退勢」【たいせい】

「守勢」【しゅせい】

「守勢」には、「防ぎ守る態勢」という意味があり、「攻勢」の反対語になります。

サッカーの試合を見ていると、両チームに流れが行ったり来たりします。

自分のチームの流れでないと感じた時は、「守勢」に入って、ゴールを割らず、反撃のチャンスを待って「攻勢」をかけるといいかもしれません。

「敗勢」【はいせい】

「敗勢」には、「負けそうな形勢」という意味があります。

このままでは明らかに負けてしまいそうな様子になった時、「敗勢」という言葉で表現します。

「敗勢」だと感じたら、何かしらの対策を取る必要があるかもしれません。

「衰勢」【すいせい】

「衰勢」には、「衰えた勢い」という意味があります。

勢いがあった人や団体も、時代の経過とともに、勢いが衰えるかもしれません。

このような人や団体の様子を「しだいに衰勢に向かう」などと表現します。

「劣勢」【れっせい】

「劣勢」には、「勢いが劣ること」という意味があります。

競り合った戦いをしていた両チームの、どちらのかの勢いが衰えてきた時、「劣勢になる」などと表現します。

「退勢」【たいせい】

「退勢」には、「衰えて行く形勢」という意味があります。

会社が倒産に向かいそうな兆しが見えた時、「企業が退勢を迎える」などと言います。

「攻勢」の英語

「攻勢」の英語

「攻勢」を英語にしたい時、どのようにすればいいでしょうか。

「攻勢」は英語で、“offensive”(オフェンシブ)と言います。

“offensive”には、「攻勢」という意味があります。

また「攻撃」“attack”(アタック)という言葉でも表現できます。

“attack”には「攻勢」「攻撃」という意味があるためです。

このように「攻勢」を英語にする時は、“offensive”“attack”という英語を使ってみましょう。

icon まとめ

「攻勢」という言葉について見てきました。

攻撃する態勢に入った時、何かから攻めかかる勢いを感じた時に、「攻勢」という言葉を使ってみましょう。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。