意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「り、りろんはしってる」とは?・読み方【ネットスラング】

今では10代、20代の若い世代では、twitterやInstagramなどのSNSでコミュニケーションを取ることが、ポピュラーな会話手段ですが、その中で出てくるネットスラングが実に数多くの種類があります。

その中で「り、りろんはしってる」というスラングのことをご存知でしょうか?

り、りろんはしってる

Meaning-Book
「り、りろんはしってる」とは?・読み方【ネットスラング】>


目次

  • 「り、りろんはしってる」の意味とは?
  • 「り、りろんはしってる」の元ネタ
  • 「よつばと!」とは?
  • 「り、りろんはしってる」の使い方
  • 「り、りろんはしってる」の返し方


「り、りろんはしってる」の意味とは?

「り、りろんはしってる」とは、相手の言っている内容を「具体的には明確にはイメージできないが、理論ならば知っている」という意味があるスラングで一種の強がり的な発言でもあります。



「り、りろんはしってる」の元ネタ

「り、りろんはしってる」の元ネタは、マンガ「よつばと!」という作品に登場する「よつば」という主人公のセリフが始まりです。

このネタを使った誰時には、「理論知ってんのか、すごいな」と返すこと通例となっていますが、体験したことが無かったとしても、強がりで言っているケースとなります。

「よつばと!」とは?

「よつばと!」は、あずまきよひこ氏が作者の漫画で、「月刊コミック電撃大王」で2003年3月から連載されている作品です。

風変わりな5歳の女の子の「よつば」が、日常生活の中で体験していく色々な「初めてのこと」「感動したこと」を描いて人気を呼んでいます。



「り、りろんはしってる」の使い方

「り、りろんはしってる」の使い方としては、相手の言っていることがはっきりと理解できないまでにも、何となく理論めいたことが分かっているような素振りで「り、りろんはしってる」とつぶやくのです。

「り、りろんはしってる」の返し方

「り、りろんはしってる」と言われて、「理論知っているのか、すごいな」と返すのが、お決まりのパターンとなっています。

icon まとめ

「り、りろんはしってる」というネットスラングも何気ない日常会話の1つですが、このように、幼い子供の会話の中にも、スラングで強気な会話をするところが可愛いですね。