意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「長ける」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】

「長ける」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「長ける」の使い方や、「長ける」を使った例文を紹介していきます。

長ける

Meaning-Book
「長ける」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「長ける」の意味とは?
  • 「長ける」の意味
  • 「長ける」の類語や類義表現
  • 「長ける」の言葉の使い方
  • 「長ける」を使った言葉と意味を解釈
  • 「長ける」を使った例文


「長ける」の意味とは?

「長ける」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「長ける」「たける」と読み、「ちょうける」などと読み間違えないように気を付けましょう。

「○○に長ける」などのフレーズを耳にした時に、どのようなイメージが湧くでしょうか。

特技を持つ誰かのイメージが浮かんだかもしれません。

一方で「長ける」の意味を知らない人は、このフレーズを聞いても何も思い浮かばないでしょう。

そこで「長ける」の意味や使い方を紹介します。

「長ける」の意味を知る事で、「○○に長ける」誰かの事や、自分の「長ける」部分に気付けるかもしれません。



「長ける」の意味

「長ける」には、どのような意味があるでしょうか。

「長ける」には、「ある才能が十分に備わっている状態」という意味があります。

その才能は、良い才能でも悪い才能でも構いません。

例えば、人をだます才能が十分に備わっている時は「人を操る能力に『長けている』」などと言われ、生き抜く能力が高い人の事を「サバイバル能力に『長けている』」などと言います。

どのような才能でも良いので、他の人よりも優れている場合は、「長ける」という言葉を使います。

このように「長ける」には、ある才能が十分に備わり、優れている状態という意味があります。

「長ける」の類語や類義表現

「長ける」の類語や類義表現を紹介します。

「長ける」と似た意味の言葉を知る事で、違う言葉に変換する事ができるようになります。

語彙が増える事で、コミュニケーション能力が高くなるかもしれません。

  • 「勝る」
  • 「優れる」
  • 「凌ぐ」
  • 「図抜ける」

「勝る」

「勝る」「まさる」と読み、一般的に使われる事が多い言葉です。

「勝る」には、「質や程度が上」という意味があります。

例えば「この製品は、海外製品に『勝る』」という場合は、製品の品質が海外製品よりも上だという意味があります。

「優れる」

「優れる」は、「他よりも立派である」という意味があります。

「優れた人物」というフレーズは、とても頻繁に聞くフレーズですが、「他よりも立派な人」という意味があります。

「優れた作品」「優れた世界観」など、様々な場面で、立派なものに対して「優れる」を使います。

「長ける」と似た意味をもち、言い換えられる場面もありますので覚えておきましょう。

「凌ぐ」

「凌ぐ」「しのぐ」と読む、少し読み方が難しい言葉です。

「凌ぐ」には、「他よりも先を越して、優位に立つ事」という意味があります。

「先輩を『凌ぐ』実力をつけた」という場合は、かつては実力が上だった先輩を追い越し、優位に立ったという意味の文章になります。

誰かと比較して、優位に立った時に、「凌ぐ」という言葉を使いましょう。

「図抜ける」

「図抜ける」「ずぬける」と読みます。

「図抜ける」には、「並よりもずっと優れる」という意味があります。

例えば「クラスで『図抜けた』存在」という場合は、クラスメートの中で、断然優れているという事になります。

周囲の人や物よりも、ずっと優れていると感じた時に、「図抜ける」という言葉を使いましょう。



「長ける」の言葉の使い方

「長ける」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「長ける」には、ある才能が十分に備わっているという意味がありますので、誰かの何かの才能が十分だと感じた時に使ってみましょう。

例えば、同じ職場に話術が上手な人がいたら、「彼は話術に『長けている』」と言う事ができます。

また同じ職場の女性が、男性扱いが上手な場合は、「彼女は男性の扱いに『長けている』」と言う事ができます。

このように「長ける」は、素直に褒めたい時にも使えますし、ネガティブな才能を褒めて、皮肉を言う事もできます。

「長ける」を使った言葉と意味を解釈

「長ける」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈していきます。

「長ける」を使った定型句のような言葉のため、覚えておくと会話をしやすくなるかもしれません。

  • 「話術に長けている」
  • 「文才に長けている」

「話術に長けている」

「話術に長けている」は、話をするのが上手な人を指して言う言葉です。

ビジネスシーンではコミュニケーション能力が高い事が大切ですが、「話術に長けている」人は、そのような人です。

プレゼンのプレゼンター役を任せる事ができるなど、仕事の面で役立つ事が多いでしょう。

「文才に長けている」

文章を書くのが上手な人の事を「文才に長けている」と言います。

将来、小説家になるような人は、子供の頃から大人に「文才に長けている」と言われてきたかもしれません。

ちょっとした短い文章を書いても、他の人より光る部分を持つ人が「文才に長けている」人です。

会社の広報誌の記事を依頼したり、レポートをまとめてもらう時などに役立つでしょう。

「長ける」を使った例文

「長ける」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「長ける」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「長ける」の例文1
  • 「長ける」の例文2

「長ける」の例文1

「A君は楽器の演奏に『長けている』ので、合唱のピアノ演奏をまかせた」

この例文に登場するA君のように、楽器の演奏の能力が十分に備わっている人がいます。

合唱でピアノ演奏をまかせらえるのは、A君のような、演奏に「長けている」人でしょう。

他にも絵を描く事に「長けている」人は、ポスター制作などを任せられますし、速く走る事に「長けている」人は、リレー選手などを任せる事ができます。

「長ける」の例文2

「Bさんは男の扱いに『長けている』ため、合コンに呼ぶと重宝する」

この例文に登場するBさんのような女性がいると、男性がたくさん集まる場が和やかになります。

合コンでもきっとBさんは活躍するでしょう。

一方で、「男の扱いに長けている」という言葉は、やや皮肉めいたものも感じます。

純粋にモテるのではなく、扱いが上手なだけだという嫉妬心のようなものがにじんでいるかもしれません。

icon まとめ

「長ける」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんの中にも「長けている」部分があるでしょう。

その長所を活かすと、仕事や学校生活がより楽しくなるかもしれません。