意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「レビュー」の意味・書き方【言葉の使い方や例文】

社会人になってからは、色々な言葉を使う機会が増えて来ると思います。

学生の間は、TwitterやLINEで簡単にコミュニケーションを気軽に取るだけでよかったことが、企業に入ると、報告・連絡・相談というものが求められるようになってきます。

それに伴い、言葉のバリエーションもかなりが出て来ますし、嫌がおうでも覚えていないと円滑な意志疎通が難しくなってきます。

そのような中で「レビュー」という言葉も頻繁に使われているのではないでしょうか?

「レビュー」という言葉は、それまでめったに使うことがなかった言葉なので、何となく意味を理解していたつもりで、使ってしまっている人も多いのではないかと思います。

しかし、その使い方によっては、相手を混同させてしまったり、誤った理解をさせてしまう恐れもありますのて、正しい意味を把握して適切な使い方を覚えることが必要です。

レビュー

Meaning-Book
「レビュー」の意味・書き方【言葉の使い方や例文】>


目次

  • 「レビュー」の意味とは?
  • 「レビュー」の英語と解釈
  • 「レビュー」の言葉の使い方
  • 「レビュー」を使った例文・短文(解釈)
  • 「レビュー」の中国語と解釈
  • 「レビュー」の韓国語と解釈
  • 「レビュー」の書き方と書くときの注意点


「レビュー」の意味とは?

「レビュー」は、ビジネスシーンの中でも、特にIT分野などで使われることが少なくありません。

この「レビュー」とは、「再調査」「再検討」という意味がある言葉ですが、場面によっては、「批評」「評論」「論評」といったような意味で特に、文芸関係などのコラムや論説文を指す場合もあります。

このようにいくつかの解釈があるために、ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも使われる機会が増えてきた印象があるので、「レビュー」のニュアンスや内容は職場や個人の使い方によっても微妙に異なってくることがあります。



「レビュー」の英語と解釈

レビュー meaning in english

「レビュー」は、英語で言い換えると、“Review”となりますが、この英単語がカタカナ語になり、日本でも色々なシーンで使われています。

英語の“Review”は、意味を調べてみると、「批評する」「再調査する」「再吟味する」「よく調べる」「回顧・回想する」「観閲する」というように様々な意味がある言葉です。

「レビュー」の言葉の使い方

「レビュー」の使い方を考えると、元々の意味は「再び見る」ことを表す言葉でしたが、今では、意味が転じてきて「一度検討したものをもう一度再確認する行為」や、「誰かが作った作品などを批評すること」という意味として使われるようになっています。

最近では、ビジネス業界でも、成長著しいIT分野のシステム開発などでもよく用いられている言葉であり、開発したシステムを後からエンジニアの間で検証する「ウォークスルー」や、第三者がシステム検証を実施する「インスペクション」などという行為で使われます。



「レビュー」を使った例文・短文(解釈)

では、このレビューを使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「レビュー」の例文1
  • 「レビュー」の例文2
  • 「レビュー」の例文3

「レビュー」の例文1

「レビューするには、事前にチェック項目をきちんと準備したうえで、第三者が行わないとその意味がほとんどありません」

ビジネスの世界では、このように製品やアプリのような形になっているものから、レポートやプレゼン資料に至るところまで、チェックすべき項目を事前に洗い出しておき、客観的な判断が下せる第三者の調査や批評をもらうことが必要です。

「レビュー」の例文2

「5段階レビューを基づき今回のいくつかの試作品の評価をすることにした」

これも新製品を開発したメーカーなどでよく行われることです。

特に新しいハードウェアやソフトなどは、数段階のレビュー基準に基づき、評価を行うことも珍しいことではありません。

その中から新たな事業の柱となる製品が標準化されることもあります。

「レビュー」の例文3

「お互いの論文についてレビューをし合うことで、自分では気付かない点を理解することに努めた」

これもよくある行動です。

どうしても自分では気付かないことがありますが、お互いに評価しあい、客観的に出来映えを把握するには、有効な手段です。

「レビュー」の中国語と解釈

「レビュー」を中国語で表現すると、「回顾」と言い、発音はちょっと難しいのですが、「Pinglun」となります。

「レビュー」の韓国語と解釈

韓国語(ハングル語)で「レビュー」を言うなら、「리뷰」と表現することができます。

発音は「リビュ」です。

「レビュー」の書き方と書くときの注意点

「レビュー」の書き方で注意することは、まず誰のために書くかということです。

レビューは、論評でもあるので、読む対象の人を意識して書くことになります。

最近では、ブログで商品やサービスの特徴や説明の記事・コラムが多くなっていますが、これはあくまで購入や利用を考えている人を対象としていることが大半です。

このような人達は、購入することや利用することで、どのようなメリットがあるのかをブログ記事で欲しています。

しかし、全く的外れなことを書いても全く意味がありません。

したがって、このようなケースで「レビュー」を書く時は、利用者の視点で書くことが求められてきます。

  • IT業界における「レビュー」

IT業界における「レビュー」

前でも少し触れましたが、IT系の分野でも「レビュー」が日常茶飯事に行われています。

これは開発中のアプリやハードウェアを含めたシステム開発などで展開させるのですが、プロトタイプが作られる前展開でも、要件定義や仕様という川上の上流工程でも行われます。

1つひとつのステップで、「レビュー」が行われ、上弦を満たさない場合、再検討・修正ということもあるくらいに徹底されています。

このことは、IT業界だけではなく、ありとあらゆるビジネス業界で取り入れられており、一度完了した仕事や作業内容でも、上司や第三者の人間が再確認・チェックすることで、さらにクオリティを高めていくのです。

icon まとめ

「レビュー」「感想や意見」「チェック」という意味として使われていますが、最近では、ブログや動画、通販サイトなどでも、個人レベルで色々な製品・サービスの評価を「商品レビュー」という形で行われていることは前述の通りですが、そのおかげで、購入を予定している人にとっては、レビューを参考にすることができて、とても便利になっています。

その一方で、作る側の企業は自社内での「レビュー」を行い、より良いものを市場に提供できるように日夜努力しています。

これもインターネットが波及したおかげで、欲しい情報をタイムリーに入手できることが起因しています。