意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「負け犬の遠ぼえ」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】

負け犬の遠吠えという言い方で返すことにも、多少の危険度を伴いますので、こころの中で唱えて、噛まれないように気をつけてください。

負け犬は放っておいて退出します。

負け犬の遠ぼえ

Meaning-Book
「負け犬の遠ぼえ」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】>


目次

  • 「負け犬の遠ぼえ」の意味とは?
  • 「負け犬の遠ぼえ」の読み方
  • 「負け犬の遠ぼえ」の語源
  • 「負け犬の遠ぼえ」を使った例文や短文・解釈
  • 「負け犬の遠ぼえ」の英語
  • 「負け犬の遠ぼえ」の類語


「負け犬の遠ぼえ」の意味とは?

負け犬の遠吠えの意味は、負け犬が盛んに血気盛んな様子だけれども、実質に於いて負けている様相を表現するものです。

これは、負け犬がどれだけ吠えても意味は無いとする内容で、うるさいなと感懐をもって、それ以上の反応に出ないようにする主体の表現になります。



「負け犬の遠ぼえ」の読み方

負け犬の遠吠ぼえは、まけいぬのとおぼえと読みます。

負け犬の遠吠えでは、負けて逃げていく犬か、自分が立ち去りざまに、相手の虚勢を受けている段階で、こう表現します。

つまり、負け犬の遠吠えがうるさいとすれば、それまでの内容です。

「負け犬の遠ぼえ」の語源

負け犬の遠吠えの語源は、近所の犬の争いや、それが人的な模様として、うるさいやつだけれども、負けているのは一目瞭然とする内容です。

これは、負け惜しみとも言われ、うるさい奴だが、放っておいていいとする、楽観的な表現になります。



「負け犬の遠ぼえ」を使った例文や短文・解釈

負け犬の遠吠えを使用した例文では、負けた犬の血気盛んな様相を、揶揄する意味があり、また、負け犬の遠吠えなので、放っておいて構わないという、安泰の意をあらわす表現になります。

安泰というのは、所詮負け犬なので、この度の争いは、勝ったも同然だとする感懐になります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

負け犬の遠吠えを盛んに言われても、こちらは営業を行っています。

負け犬の遠吠えをいわれるというのは、たしかに面倒くさい事柄になります。

ですが、本業の方が忙しい場合には、負け犬の戯言にはいちいち詮索や、感情を注ぎ込まないのが良識です。

例文2

負け犬の遠吠えは、放って於いて結構になります。

負け犬の遠吠えは放って置くという処方があります。

これは、下手に掴みかかると噛まれる可能性があるという理由で、距離をおいて放置したほうが、無難であるという意味に成り、安全対策の一つと呼べるでしょう。

例文3

負け犬の遠吠えでは、争い沙汰にならないように、避けて通ります。

負け犬の遠吠えでは、その喧嘩沙汰に巻き込まれないように留意してください。

つまり、策略にあってしまい、不遜な認識を植え付けられた場合には、負け犬の策略にかかっている恐れもあります。

噂といえども、負け犬は姑息な手段にでる事もあるようです。

「負け犬の遠ぼえ」の英語

負け犬の遠ぼえ meaning in english

負け犬の遠吠えは、英語にすると、“Howling of the loser”です。

「負け犬の遠ぼえ」の類語

負け犬の遠吠えという類語は、段階として、内心そう思っておく状態にするという方式があります。

また、負け犬の処理というかたちで、周囲からやんわりと兵糧攻めにするという手法もあり、手を触れないことが原則となります。

  • 「負け犬にはあたらない」
  • 「遠吠えを気にしない」
  • 「負け犬の姑息」

「負け犬にはあたらない」

負け犬にはあたらないというものは、良好な判断力からの査定になります。

つまり、諸事情は知りませんが、何のことかはわかりませんと軽い対応にします。

自分が負け犬に躍起になるというのも馬鹿げているのです。

「遠吠えを気にしない」

遠吠えを気にしないというのは、自身がそこから立ち去ればそれで済むというものです。

つまり、気にしないで立ち去るほうが無難で安全なのです。

それか、噛まれないように、連れ出すように指示を与えて、自分は家にいるほうがよっぽど良いのです。

「負け犬の姑息」

負け犬の姑息というのは、その吠え方にも、裏戦術をしようされて、デマを流されるというたぐいが存在しているケースになります。

つまり、吠えるだけでは我慢がならない負け犬が、周囲を虚偽の噂で巻き取ろうとするたぐいです。

姑息な手段には、あたらないで放置して、デマが消滅するのを待ちましょう。

icon まとめ

負け犬の遠吠えという現象は、たしかに面倒くさいという印象や、うざったいという感情をもってしまいます。

人は、窮鼠返って猫を噛む状態に入る事も考えられますので、それは、当たらないほうが良識とされます。