意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「身に染みる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「身に染みる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「身に染みる」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「身に染みる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「身に染みる」とは?
  • 「身に染みる」の表現の使い方
  • 「身に染みる」を使った例文と意味を解釈
  • 「身に染みる」の類語や類義語


「身に染みる」とは?

「身に染みる」というのは深く感じる、しみじみ感銘する、という意味になります。

例えば誰かに助けてもらうと、しみじみとありがたく思い、「人のありがたさが身に染みる」と感じる人も多いのではないでしょうか。

人間は人を助けないなどと言われることもありますが、自分が街中で誰かに助けられると、そのありがたみをしみじみと感じますよね。

そのようなときには「身に染みる」という表現が使えます。

  • 「身に染みる」の読み方

「身に染みる」の読み方

「身に染みる」という表現は「みにしみる」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「身に染みる」の表現の使い方

「身に染みる」はしみじみと感じる、という時に使われる表現です。

深く感じるという意味であり、人の優しさが「身に染みる」ということもあるのではないでしょうか。

何かミスをしたときなど、その影響力の大きさを知って心から反省する時なども「身に染みる」という表現が使えます。

「身に染みて反省しています」と言えば、それは「心から反省しています」「事の大きさを実感しています」ということになります。

「身に染みる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「身に染みる」を使った例文1
  • 「身に染みる」を使った例文2

「身に染みる」を使った例文1

「身に染みる助言をいただき、ありがとうございました」

職場等では上司から助言をされることもあるかもしれませんね。

もしかしたら叱責を受けることもあるかもしれませんが、今後のためにアドバイスを受けることもあるでしょう。

もしもしみじみと感じられるアドバイスであったり、今までの失敗をなくすための非常に重要なアドバイスであったりすれば、それは「身に染みる」アドバイスということになります。

「身に染みる」を使った例文2

「人の優しさを身に染みて感じました」

誰かに助けてもらうとでも本当に嬉しいですよね。

例えば街中で転んでしまい、見ず知らずの人に手を貸してもらった、などということであればその優しさに感動することもあるのではないでしょうか。

知らない人に助けられたということで心強く感じられることもあるかもしれません。

そのようなときには「身に染みる」という表現が使えます。



「身に染みる」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「深く感じる」【ふかくかんじる】
  • 「思い知る」【おもいしる】

「深く感じる」【ふかくかんじる】

「深く感じる」というのは心の底からそうだと感じる、という意味になります。

心の底から感じる、考える、という時に使える表現です。

「思い知る」【おもいしる】

「思い知る」という表現はものが強く理解できる、ひしひしと感じる、という時に使われます。

身に染みてわかる時にも使われる言い回しですね。

icon まとめ

「身に染みる」という表現は日常的にも使えますしビジネスでも利用できますので、ぜひ覚えておきましょう。

反省する時などはぜひ利用したい表現の1つです。