意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「社畜」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「社畜」の意味や類語を紹介します。

さらに「社畜」の使い方や「社畜」を使った例文を紹介して行きます。

社畜

Meaning-Book
「社畜」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「社畜」の意味とは?
  • 「社畜」に似た英語
  • 「社畜」の言葉の使い方
  • 「社畜」を使った例文
  • 「社畜」と呼ばれる人の特徴
  • 「社畜」にならないための方法


「社畜」の意味とは?

みなさんは「社畜」という言葉を知っているでしょうか。

毎日忙しく働いている社会人の方なら、「社畜」という言葉を身近に感じているかもしれません。

またネットニュースなどを通じて「社畜」という言葉を知った人もいるでしょう。

一方でネットなどに触れない世代の方は、「社畜」という言葉を知らないかもしれません。

しかし、「社畜」という言葉は、現在の世相を反映している言葉ですので、知って置いたほうが良いかもしれません。

そこで比較的新しい言葉のひとつ、「社畜」の読み方や意味を紹介します。

  • 「社畜」の読み方
  • 「社畜」の意味

「社畜」の読み方

「社畜」「しゃちく」と読みます。

難しい漢字が使われていますので、読み方が難しいかもしれません。

これを機会に「社畜」「しゃちく」と読む事を知っておきましょう。

「社畜」の意味

「社畜」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

そもそも「社畜」とは、「会社の家畜のような存在」という意味があります。

会社に飼育されている家畜は、会社の言いなりで、辛い目に遭わされても文句を言わずに働きます。

そのような盲目な会社員をあざ笑うような言葉が「社畜」です。

本来は会社と従業員は、法律的に平等で対等な立場のはずですが、最近はブラック企業が登場するなど、厳しい働き方を強いる企業が増えています。

また、従業員側の立場が弱く、文句が言いたくても言えない現実があります。

このような風潮に風穴を開ける意味で、あえて過激な「社畜」という言葉を使って、世の中を変えようとする人も少なくありません。



「社畜」に似た英語

社畜 meaning in english

「社畜」には、同じような意味を持つ英語表現があります。

例えば“workaholic”(ワーカホリック)という言葉がそうです。

そもそもアルコール依存症の事を「アルコホリック」という言葉で表現しますが、仕事ばかりする人は、仕事に依存しているように見えるため、「ワーカホリック」と呼ばれるようになりました。

欧米の国は、良く働くビジネスマンが多いイメージがありますが、「ワーカホリック」という言葉があるように、働きすぎる人に対するネガティブな視線があります。

さらに“slave”(スレイブ)という、奴隷を意味する言葉も、「社畜」と同じ意味で使われています。

会社に文句を言わずに従順に働く人を皮肉った言葉です。

「社畜」の言葉の使い方

「社畜」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「社畜」には、会社に飼われている家畜のような存在という意味がありますので、会社員の方を指す言葉です。

さらに会社に従順で、文句ひとつ言わずに働く人を見た時に、「社畜」という言葉を使ってみましょう。

もちろん「社畜」はネガティブな言葉ですので、真面目に働いている人に直接言っていい言葉ではありません。

お酒の場などの、本人を抜いた席で、皮肉を言うように、「社畜」という言葉を使うのが基本です。

また、会社の言いなりになっている自分に対して、自虐的に「社畜」という言葉を使う事もあります。

「私は、『社畜』だ!」などと、ネット上でつぶやくなど、自分のふがいなさに対しても、「社畜」という言葉を使う事ができます。



「社畜」を使った例文

「社畜」を使った例文を紹介して行きます。

様々な場面における「社畜」を使った文章を見て、この言葉の使い方をより深く知りましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「社畜」を使った例文を紹介します。

「A社はいわゆるブラック企業で、従業員は日常的に時間外労働を強いられていた。社員の顔には疲労感とあきらめの色が深く浮かび、会社に対して声を上げる人はいない。『社畜』と呼ばれてしまうのも仕方ない状態だった」

この例文は「社畜」とは何かを、良く表現している文章です。

時間外労働を強いるブラック企業に対しては抗議するのが当然ですが、あきらめて受け入れてしまう態度は、「社畜」と言われても仕方のない状態です。

例文2

恋愛の場面における「社畜」を使った例文を紹介します。

「A君は、彼女の家に遊びに行っても、すぐに眠ってしまう。仕事が忙しすぎるのだ。『会社に文句を言えば』とB子は言うが、『いいんだ』とA君は言う。B子は心の中で、『これでは社畜ではないか』と思った」

付き合っている彼氏が「社畜」と呼ばれるような状態だと、彼女として心配だと思います。

本人が「社畜」状態になっている事に気付けない場合は、彼氏や彼女が気付かせてあげるのも愛情のひとつでしょう。

「社畜」と呼ばれる人の特徴

「社畜」と呼ばれる人には、共通する特徴があります。

そこで自分が「社畜」かどうかを確認するためにも、その特徴を見て行きましょう。

  • 「時間外労働が日常的になっている」
  • 「休日に会社関係者から連絡がある」
  • 「仕事に活かせる趣味を持っている」

「時間外労働が日常的になっている」

時間外労働が日常的になっていて、その事を不思議に思えない人は「社畜」の可能性が高いでしょう。

もう一度、標準的な勤務時間を確かめて、自分が異常に働かされていないかを調べてみましょう。

「休日に会社関係者から連絡がある」

デート中や、家族だんらんの時間に、会社から電話がかかってきて、楽しい時間が中断してしまう…これが当たり前だと感じている人は「社畜」に近い人です。

仕事とプライベートのオンオフができない状態は、ワーカホリックの一歩手前と言えるでしょう。

「仕事に活かせる趣味を持っている」

接待ゴルフのために始めたゴルフに夢中になっている人など、仕事に活かすのを前提にした趣味を持っている人は、「社畜」の可能性があります。

本当に自分がしたい事は何かを、あらためて自分の胸に聞く必要があるかもしれません。

あなたは本当の人生を生きていない可能性があります。

「社畜」にならないための方法

「社畜」にならないために、どのような事を心がければいいでしょうか。

最後にそのヒントを紹介します。

  • 「勤務時間内に仕事を終える」
  • 「休日は自分のしたい事をする」
  • 「将来のために勉強する」

「勤務時間内に仕事を終える」

時間外労働や休日出勤を繰り返し、仕事以外に何もできない、または考えられなくなってしまうと「社畜」への道、一直線になってしまいます。

もし可能なら、仕事の質を上げて、勤務時間内に仕事を終えるようにしましょう。

すると仕事のオンオフができ、休日を自分のための時間にする事ができます。

また疲労が溜まっていないため、正常な判断ができます。

自分が置かれている環境がブラックだとしたら、その事に気付く事ができます。

「休日は自分のしたい事をする」

会社の仕事に活かすために、会社の人間関係を円滑にするために、休日を使っている人は「社畜」同然です。

そこで、休日は本当に自分がしたい事のために使いましょう。

そのため、南の島など心が落ち着く場所などで、本当に自分がしたい事を思い浮かべるところから始めてみましょう。

「将来のために勉強する」

会社に文句が言えない、転職する勇気が湧かないで「社畜」になっている人がいます。

そのような人は、資格取得などを目指し、将来のための勉強をしましょう。

自分の力で生きられるようになれば、会社に縛られる必要が無くなります。

icon まとめ

「社畜」という言葉の意味や使い方を見てきました。

自分が「社畜」になっていると感じた人は、今日を機会に生き方を変えてみましょう。

本当に自分がしたい事を見つめ直し、会社中心の生活を、自分中心の生活にシフトチェンジしてみましょう。

数年後には、今からは想像できないようなハッピーな状況が訪れているかもしれません。