意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「めしいま」の意味・【使い方や例文】

めしいまは、主にツイッターで見られる言葉です。

LINEのような応答形式で利用するコミュニティにおいてもよく利用されています。

めしいま

Meaning-Book
「めしいま」の意味・【使い方や例文】>


目次

  • 「めしいま」の意味とは?
  • 「めしいま」の語源や由来
  • 「めしいま」の言葉の使い方
  • 「めしいま」を使った短文と解釈
  • 「めしいま」の基準はある?
  • 「めしいま」と「めしなう」は同じ意味?
  • 「めしいま」の関連語と意味を解釈


「めしいま」の意味とは?

めしいまとは、「(外で)ご飯を食べて帰ってきた」という意味で使う言葉です。

ツイッターはスマホからも盛んに利用されていますが、この表現は、家に帰ってきた後にPCから書き込まれたと推測されます。

スマホで利用していれば、(外で)ご飯を食べた直後でも投稿できます。

それをしないのは、主にPCでツイッターを利用している人だからだと考えられるからです。

ですが、必ずしもPCから書き込まれた訳ではなく、帰宅してからスマホを使ったのか知れないので、決め付けはできません。



「めしいま」の語源や由来

めしいまという言葉の語源は、「めし」(ご飯)+「ただいま」をくっ付けたことです。

単にただいまと言うより、同じ4文字で「ご飯を食べてきた」ことまで表現できる優れた言葉だと言っていいでしょう。

詳しくは後述しますが、同じような「めし」+○○(2文字)という言葉は他にも多く存在します。

そのほとんどの元となったのが、この「めしいま」という言葉です。

「めしいま」の言葉の使い方

めしいまは、その意味の通り、ご飯を食べて帰ってきた時に使う言葉です。

何も難しく考えることはなく、そのような時に帰宅後に使えばいいだけです。

よって、この言葉だけでも充分だと言えますが、文章中に使っても全く問題ありません。

例として、「〜に行ってて、めしいま」などといった形が挙げられます。



「めしいま」を使った短文と解釈

めしいまが間違った意味で捉えられてしまうケースで多いのが、「めし(ご飯)を今食べているところ」という解釈です。

言葉の意味を知らないと、このような略だと思ってしまってもおかしくありませんが、これは間違った解釈なので気を付けましょう。

  • 「朝っぱらから出掛けてて、めしいま」
  • 「めしいまー」
  • 「早くめしいましたいわ」

「朝っぱらから出掛けてて、めしいま」

朝早くから外出していて、今ご飯を食べて帰ってきたということを表現しています。

食べた食事が昼食なのか夕食なのか、または朝食だったのかは、これが書き込まれた時間で判断してください。

(それについての記述がある場合を除く)

「めしいまー」

めしいまは、単独で使うことも多い言葉です。

この言葉をよく見掛けるツイッターやLINEは、ほんの一言だけの発言でも全く構わないことから、このような単独での使用もよく見ます。

「めしいま」だけの時は、比較的落ち着いている様子が感じられ、この例のように最後に""があると、それなりの勢いを感じることができます。

("帰ってきたぞー"と書いた時と同等の勢いだと考えていいでしょう)

「早くめしいましたいわ」

「早くご飯を食べて帰りたい」ということを言いたい時です。

こういった使い方もそれなりに見掛けます。

元々が造語なので、使い方には色々応用が効きます。

この点に関しては、とても便利だと言うことができそうです。

「めしいま」の基準はある?

めしいまという言葉を使うべき基準は特にありません。

ご飯を食べて帰ってきた時に使えばいいだけです。

ただし、ちょっとした間食(ファーストフードやコーヒーだけなど)だった時には使わないことが多いです。

その為、めしいまと使った時には、いわゆる「がっつり」食べてきた状態だと言えそうです。

「めしいま」と「めしなう」は同じ意味?

この「めしなう」は、前述した「めしいま」の間違った解釈そのものです。

「今ご飯を食べているところ」を表現する言葉で、このような時には「めしいま」ではなく、この「めしなう」を使います。

これが使われる時には、併せて食べる前の状態の食事の写真がアップされていることも多いです。

「めしいま」の関連語と意味を解釈

めしいまと同じような「めし」+○○という造語は、上の「めしなう」の他にもいくつか存在します。

ここではそれらの語源と意味を紹介していきます。

どれもツイッターやLINEでは普通に使われている表現です。

  • 「めしえり」
  • 「めしてら」

「めしえり」

この言葉は、「めしいま」と書いた人に対するレスポンスとして使う言葉です。

それに対応した専用の言葉となっているので、いきなりこれだけで使うことはありません。

語源は、「めし(ご飯)を食べてきた人」に対しての「おかえり」です。

よって、完全に「めしいま」と対で使う言葉だと覚えておいてください。

「めしてら」

こちらは、「(外で)ご飯を食べてくる」を言った人に対して使う言葉です。

このご飯を食べてくることは、「めしってくる」などとよく表現されますが、それに「行ってら(っしゃい)」という意味です。

「めしえり」のような対となる言葉こそありませんが、好んで使う人が多い言葉の1つです。

icon まとめ

めしいまという言葉は、2012年頃から見るようになった言葉です。

それほど新しい言葉ではありませんが、今でも盛んに見掛けることから、関連後も含めて、今やすっかり定着した言葉だと考えていいでしょう。