意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ダイマ」の意味【使い方や例文】

このダイマという言葉は、それほど見掛ける訳ではありませんが、意味や使い方を知っておいて損はないでしょう。

ダイマ

Meaning-Book
「ダイマ」の意味【使い方や例文】>


目次

  • 「ダイマ」の意味とは?
  • 「ダイマ」と「ステマ」の違い
  • 「ダイマ」の言葉の使い方
  • 「ダイマ」を使った例文と解釈
  • ダイマはツイッターや2ch等で流行っている?
  • ダイマの具体例


「ダイマ」の意味とは?

ダイマとは、宣伝だと堂々と公開した上で、それを行う行為です。

個人のブログやホームページでこれが行われる場合、その前に[広告]と付けていたり、[スポンサーリンク]などと書かれていることがほとんどなので、見掛けたことある人も多いでしょう。

特に宣伝行為の為ではなく、単なる趣味として公開されているブログやホームページでも、無料でそれらの場所を借りている場合には、場所を提供している側(会社)が勝手にそれらの宣伝を付けること(それが無料で使える条件だと考えてください)がありますが、そのようなものはダイマとは呼びません。

ダイマという言葉は、それが意識して行われている場合を指して使います。



「ダイマ」と「ステマ」の違い

ダイマとは対照的に、それが宣伝だとはバレないように行われるのが、この「ステマ」です。

ダイマは「ダイレクトマーケティング」の略で、宣伝だと銘打った上で、直接それを行うことですが、ステマは「ステルスマーケティング」を略したもので、そうだとは気付かれないように、こっそりと宣伝を行うことを指す言葉です。

その為、ダイマとは違い、ステマを行うにはそれなりの技術を必要とします。

一例として、お店で偶然見付けた商品がとてもよかったと(ステマとして)ブログに書くような行為です。

その商品を宣伝したくてそのように書いている訳ですが、宣伝だとは気付かれないように、うまく言い回しているのが分かります。

「ダイマ」の言葉の使い方

ダイマという言葉は、それを行っている側が直接使う場合と、ダイマを見掛けた人が、それに対してそうだと使う場合の2つのケースがあります。

前者では、「うちのページはダイマしてるよ」などと使われます。

宣伝だと最初から宣言した上でそれを行うのがダイマなので、自らそれを公言しても何の問題もありません。

後者としては、「あのページはダイマだらけだよ」といった使われ方が多いです。



「ダイマ」を使った例文と解釈

ダイマは、それをしている側が無理に使う言葉でもないので、ダイマを見付けた方が使うことの方が多いと言っていいでしょう。

ステマと比較すると、対象となる商品やサービスを紹介することで、それが収入になる商業行為同士でも、まだ好意的に見られる傾向にあります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「ダイマだらけのページを見たが、まるでネットショップみたいだった」

ネットショップとダイマでの紹介は、似たようなものだと考えてもいいかも知れません。

ただし、直接その商品やサービスを販売するネットショップに対し、ダイマはあくまで紹介だけで、その購入はリンク先で行うことになります。

例文2

「ステマもうざったいけど、ダイマはあからさま過ぎない?」

ステマを行うには、それなりの技術を必要としますが、ダイマは(対象の商品やサービスの提供側から)用意された宣伝文をそのまま載せても構わないだけに、あらささまと言われればその通りです。

例文3

「時期や流行りを常にチェックして、うまくダイマを行っているつもりだ」

ダイマは、その時期に合ったものや、今流行っているものに絞って行うのが効率的です。

また、他所では紹介していないような少し変わったものを紹介するなど、自分なりの工夫も充分に凝らすことが必要です。

ダイマはツイッターや2ch等で流行っている?

自分で管理するブログやホームページ以外でも、ダイマを行うことができます。

それによく利用されているのがツイッターですが、2chで行うのはあまりおすすめできません。

2chでは原則的に商業行為は禁止されているので、ダイマとして宣伝を書いても、相手にされないどころか、削除対象になってしまうことがあり、2chを使ったダイマはやめておいた方がいいでしょう。

ダイマの具体例

ダイマはそのまま宣伝を書けばいいだけなので、何も難しいことはありません。

ただ、紹介する商品やサービスをよく考えないと、全くそれらのリンクへのアクセスがなく、何の収入にもならないので、そこが一番難しいところです。

  • 例1
  • 例2

例1

「暑くなるシーズンを前に、日焼け止めや脱毛サロンの宣伝を行う」

このような、流行る時期を先取りしたダイマはかなり有効だと言えるでしょう。

もちろんステマでも同様の商品やサービスが数多く紹介されるので、それらと競合という形でアクセス(売上げ)を争う形になります。

例2

「人気ゲーム機や新発売のソフトを次々と紹介する」

流行り物を次々と紹介するのは、ダイマの基本の1つです。

これと、上の時期を選んだ商品やサービスの紹介の2つをうまくするのがダイマの全てだと言っていいでしょう。

icon まとめ

ダイマは、それが宣伝だと最初から公言した上で行っている為、(宣伝だと隠してそれを行っている)ステマがバレて、嫌な目で見られるような心配はありませんが、宣伝自体が嫌いな人からは、最初から敬遠されることも多いので、どちらの方が利益に結び付くかは難しいところです。