意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「冗談めかす」の意味・「冗談めかす」の漢字・実際は言い換えたほうがいい?

「冗談めかす」の意味や類語を紹介します。

さらに「冗談めかす」の使い方や、「冗談めかす」を使った例文を紹介して行きます。

冗談めかす

Meaning-Book
「冗談めかす」の意味・「冗談めかす」の漢字・実際は言い換えたほうがいい?>


目次

  • 「冗談めかす」の意味とは?
  • 「冗談めかす」の類語や同義語・言い換え
  • 「冗談めかす」の言葉の使い方
  • 「冗談めかす」を使った例文
  • 「冗談めかす」の「めかす」を解釈


「冗談めかす」の意味とは?

みなさんは「冗談めかす」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「冗談めかす」は小説などを読んでいると頻繁に登場する表現のため、読書習慣がある人なら知っているのではないでしょうか。

一方で「冗談めかす」という言葉を知らない人も多いと思います。

しかし「冗談めかす」は、とても現代的な言葉ですので、知っておくと人生を生きる上で役に立つでしょう。

そんな現代人なら知っておきたい言葉のひとつ、「冗談めかす」の意味を紹介します。

  • 「冗談めかす」の意味
  • 本音を言うのが難しい時に「冗談めかす」

「冗談めかす」の意味

「冗談めかす」には、どのような意味があるでしょうか。

「冗談めかす」「めかす」には、「それらしく振舞う、装う」という意味があります。

そのため「冗談めかす」には、「冗談っぽく振る舞う」「冗談だと装う」という意味があります。

本音を言うのが難しい時に「冗談めかす」

また現代人は、本音を言うのがとても苦手という側面があります。

特に日本人は本音を言って、事を荒立てる事を異常に嫌うところがあります。

そのため「冗談めかして」本音を言うという技術を、ほとんどの社会人が持っています。

仕事を提案する時も、誰かに注意をする時も、告白する時でさえ、「冗談っぽく振る舞う」のが基本です。

純粋な人なら「なぜ笑いながら大切な事を言うのだろう」と疑問に思うようなシチュエーションですが、「冗談めかす」という言葉を知ると、「このような事は良くある事なのだ」と理解する事ができるでしょう。

このように「冗談めかす」という言葉には、「冗談っぽく振る舞う」という意味があります。



「冗談めかす」の類語や同義語・言い換え

「冗談めかす」と似た意味の言葉を紹介します。

どのような言葉と「冗談めかす」は、似た意味を持っているのでしょうか。

  • 「お茶を濁す」
  • 「はぐらかす」
  • 「体裁を繕う」

「お茶を濁す」

「お茶を濁す」には、いい加減なその場しのぎで、ごまかしたり取り繕うという意味があります。

「冗談めかす」とは少し意味が違いますが、ごまかしのある態度という意味では共通点があります。

「お茶を濁す」は、お茶の作法を知らない人が、適当な方法でお茶をたてたものの、それなりに濁りが出て、なんとなく抹茶に見えた…という出来事からきています。

例えばビジネスシーンでは、会議の席で知らない話題を振られた時に、なんとかそれらしい返事をして取り繕う時に、「お茶を濁す」という言葉が使われます。

お見合いの席で、高尚な趣味の話題になり、知らないとも言えずに、適当な相槌を打って「お茶を濁す」という事もあるでしょう。

知識を蓄える事は必要ですが、すべての知識を網羅するのは不可能なので、ある程度は「お茶を濁す」努力も必要な場面も出てくるでしょう。

「はぐらかす」

「はぐらかす」には、話の焦点をずらしたり話題を変えたりして、相手の関心を逸らすという意味があります。

例えば、ツッコまれたくない話題がある時に、人は「はぐらかす」行動を取ります。

浮気をしている人が出席している飲み会で恋愛の話題になった時、他の話題に移るように、映画やスポーツの話を振って、恋愛から離れるように促します。

「はぐらかす」「冗談めかす」には、正面から本音を言わないという共通点があります。

「体裁を繕う」

「体裁を繕う」という言葉があります。

「体裁」は、世間から見える自分の様子という意味がありますので、「体裁を繕う」には、世間から見える自分の姿を、それらしく整えるという意味があります。

例えば、ある女性が玉の輿に乗った時、周囲の人から「分相応でない」と思われてしまう可能性が高いでしょう。

そう見せないために、「実は貴族の出身だった」とか、「実は外国語が堪能だ」と思われるよう、結婚が決まってから急いで作り話をしたり、外国語を習ったりする事を、「体裁を繕う」と言います。

「体裁を繕っている」とばれてしまうと、それはそれで恥ずかしい事になります。

「冗談めかす」の言葉の使い方

「冗談めかす」という言葉を、どのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

そこで、「冗談めかす」の基本的な使い方を紹介します。

  • 「冗談めかして」告白する
  • 「冗談っぽく本音を言う」

「冗談めかして」告白する

「冗談めかす」には、「冗談っぽく振る舞う」という意味があります。

そのため、誰かが、あるいは自分が「冗談っぽく振る舞う」場面を見た時に、「冗談めかす」という言葉を使ってみましょう。

例えば、片想いの女性に対して、「冗談めかして」告白する男性がいるかもしれません。

「お前なんて誰ももらってくれないだろ。だから俺と付き合えよ、なんちゃって」という感じです。

「付き合えよ」というのは男性の本音なのですが、「冗談」というオブラートで包み、フラれた時のショックを受けないようにしています。

それでいて彼女のリアクションを必死で観察して、いけそうかどうかを判断しているはずです。

「冗談っぽく本音を言う」

恋愛に限らず、冗談のオブラートで包んで本音を言う人はたくさんいます。

上司が部下に説教をする時、会議で自分のアイデアを発表する時、有給休暇を申請する時など、いったん「冗談めかす」のは社会人の基本です。

相手のリアクションを見て、行けそうだと判断したら、本音を話すという流れが、当たり前のように繰り返されています。

「冗談めかす」シーンは、思っているよりもたくさん周囲に溢れているでしょう。

このように「冗談っぽく本音を言う」シーンを見た時に、「冗談めかす」という言葉を使ってみましょう。



「冗談めかす」を使った例文

「冗談めかす」を使った例文を紹介します。

「A部長は『冗談めかして』B君に説教していたが、徐々にヒートアップしてきた。結局、本気で怒鳴り始めて、先ほどの冗談は、冗談でなかったことがはっきりした」「僕は彼女に『冗談めかして』告白したが、思い切り、断られてしまった。『冗談だよ』と言ったが、彼女には本気だと気付かれてしまったようだ」「飲み会の帰りに、同じ部署の女性に『ふたりで飲み直しましょう』と『冗談めかして』言った。しかしその女性は走り去ってしまった。どうやら目が笑っていなかったので、冗談に聞こえなかったようだ」などです。

女性に告白する男性や、女性を誘う時の男性は、どんなに「冗談めかして」も、欲望などがにじみ出てしまいます。

それが隠せるようになると、詐欺師のような才能を見につける事になりますが、それがいいかどうかは分かりません。

「冗談めかす」の「めかす」を解釈

「冗談めかす」「めかす」には、どのような意味があるでしょうか。

「めかす」には、名詞などにつけて、「それしくする」「そう見えるようにする」という意味があります。

「冗談めかす」「冗談っぽく見えるようにする」という意味があります。

「親切めかす」「親切っぽく見せる」という事ですし、「秘密めかす」「秘密のように見せる」という意味があります。

このようにすべての事を「らしく見せる」のですが、「親切ではない」「秘密ではない」「冗談ではない」というのがポイントです。

icon まとめ

「冗談めかす」の意味や使い方を見てきました。

「冗談めかす」態度は、社会人なら毎日のようにしているのではないでしょうか。

ランチ時のたわいのない会話の時でも「冗談めかして」、自分の本音を話しているのではないでしょうか。

好きな芸能人の名前を堂々と言うのもはばかられるような、少し窮屈な社会になっているかもしれません。