意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「意思疎通」の意味・読み方【使い方や例文】

「意思疎通」の意味や類語を紹介します。

さらに「意思疎通」の使い方や、「意思疎通」を使った例文を紹介して行きます。

意思疎通

Meaning-Book
「意思疎通」の意味・読み方【使い方や例文】>


目次

  • 「意思疎通」の意味とは?
  • 「意思疎通」の類語や同義語・言い換え
  • 「意思疎通」の言葉の使い方
  • 「意思疎通」を使った例文
  • 「意思疎通」のために必要な事


「意思疎通」の意味とは?

「意思疎通」という言葉を知っているでしょうか。

ほとんどの方が知っていると答えるのではないかと思います。

「意思疎通」は日常的なシーン、ビジネスシーンなど、幅広い場面で使われる言葉です。

またビジネスシーンに特化しても、仕事を円滑に進めるうえでとても大切な要因になります。

そこで、あらためて意味や使い方を知っておきたい言葉、「意思疎通」の意味を紹介して行きます。

  • 「意思疎通」の読み方
  • 「意思疎通」の意味

「意思疎通」の読み方

「意思疎通」「いしそつう」と読みます。

「意思」「いし」「疎通」「そつう」と読みます。

特に難しい漢字が使われているわけではないので、読み間違う事はすくないと思います。

「意思疎通」の意味

「意思疎通」にはどのような意味があるでしょうか。

「意思」という言葉には、心の中に思い浮かべている内容という意味があります。

「疎通」には、滞りなく通じるという意味があります。

そのため「意思疎通」には、心の中に思い浮かべている内容が、滞りなく通じるという意味があります。

お互いの考えが通じている事、理解を得られている状態などの意味があります。



「意思疎通」の類語や同義語・言い換え

次に「意思疎通」の類語や、似た意味の言葉を紹介します。

「意思疎通」と似た意味の言葉には、どのようなものがあるでしょうか。

  • 「以心伝心」
  • 「意思伝達」
  • 「コミュニケーション」

「以心伝心」

「以心伝心」「いしんでんしん」と読みます。

この言葉には、無言のうちに心が通じ合う事、という意味があります。

「意思疎通」がとても良くできている状態と言い換える事ができそうです。

「以心伝心」はそもそも仏語で、言葉を使わずに、悟りの内容を人に伝達するという意味があります。

例えばテレビに登場する双子が、お互いの考えている事を言い当てる場面を見たことがあるかもしれません。

テレパシーのようにお互いの心の中が見える状態を「以心伝心」と呼びます。

「意思伝達」

「意思伝達」という言葉も、「意思疎通」にとても似ている言葉です。

「意思」には、心の中に思い浮かべている内容という意味があり、伝達には伝えるという意味がありますので、「意思伝達」には、心の中に思い浮かべている内容を、相手に伝えるという意味があります。

「意思疎通」ができている、「意思伝達」ができているは、ほとんど同じ意味ですので、言い換える事ができる言葉と言えます。

「コミュニケーション」

「コミュニケーション」「意思疎通」に似た意味がある言葉です。

社会生活を営む人同士が、お互いに意志や感情、あるいは思考を伝え合う事を「コミュニケーション」と言います。

カタカナ語の中でも、かなり上位になるくらい、良く使われる言葉です。

「意思疎通」を上手にできる人は、コミュニケーション能力が高い人だと言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人は、仕事でもプライベートでも活躍する事ができそうです。

「意思疎通」の言葉の使い方

「意思疎通」には心の中に思い浮かべている内容が滞りなく通じるという意味があります。

そのため、「意思疎通」という言葉を使う時は、誰かと自分の考えが通じている時に使いましょう。

例えば、同じ部署で働いている人と、自分の考えが一致しているため、仕事の進め方がスムーズに行く時は、「意思疎通」ができている」という事になります。

一方で、お互いの考えが通じにくい時に、「意思疎通」と、それを打ち消す言葉を使います。

例えば友達と駅前で待ち合わせをした時に、自分が西口で待っていて、友達が東口で待っているために、なかなか会えないという場合は、「意思疎通」ができていないという事になります。

このようにお互いの考えが通じている時、あるいは通じていないと感じた時に、「意思疎通」という言葉を使いましょう。



「意思疎通」を使った例文

「意思疎通」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「意思疎通」を使った例文を紹介します。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

ビジネスシーンにおける、「意思疎通」を使った例文を紹介します。

「上司と部下の『意思疎通』ができていない会社は、とんでもないミスをする。

そうならないように気を付けよう」
「私は、課長との『意思疎通』を大切にするため、報告、連絡、相談を欠かさないようにしています」などです。

仕事を円滑に進めるためには、スタッフ同士の「意思疎通」が欠かせません。

「報連相(ほうれんそう)」を大切にしましょう。

例文2

恋愛の場面における「意思疎通」を使った例文を紹介します。

「彼女との『意思疎通』ができなくて、けんか別れしてしまった」「彼女と元夫との間に出来た子供と、上手に『意思疎通』ができたからこそ、結婚の日を迎える事ができた」などです。

恋愛がうまく行くのも、失敗に終わるのも、「意思疎通」次第という所があります。

付き合う前に、お互いの心の中に思い浮かべている内容が理解しあえるかを確かめる事も大切かもしれません。

例文3

日常的な場面における「意思疎通」を使った例文を紹介します。

「映画館のチケット売り場の人との『意思疎通』が上手できなかったのか、違う映画の入ったスクリーンに案内された」「海外旅行に行くとテンションが上がり、外国語が話せないのに、海外の人と『意思疎通』ができる」などです。

海外に行くと大胆になり、ボディランゲージなどでコミュニケーションができるようになる人がいます。

「意思疎通」をはかるためには、必ずしも言葉が重要ではなく、「意思疎通」をはかりたい気持ちさえあれば、身振り手振りでも会話が成り立つという事でしょう。

「意思疎通」のために必要な事

最後に「意思疎通」をするために必要な事を紹介します。

特に仕事における「意思疎通」をはかる上で、大切な事を紹介します。

  • 「意思疎通」のための時間を取る
  • オープンに話をする
  • 笑顔を大切にする

「意思疎通」のための時間を取る

仕事以外では全く話をしない人同士が、仕事上で「意思疎通」をはかるのは難しいかもしれません。

仕事以外の時間に、「意思疎通」のための時間を取るようにしましょう。

飲み会を開くのもその手段のひとつです。

お酒を飲んでリラックスした状態なら、腹を割って話ができるかもしれません。

ランチ時に、積極的にスタッフと交流を図るのもおすすめです。

仕事以外のプライベートの話や、日常会話を繰り返す事で、信頼関係が生まれます。

オープンに話をする

仕事を一緒にする人同士は、同じ利益に向かって、オープンに話をする必要があります。

社内で出世争いなどが激化していると、「あいつには内緒にして出し抜いてやろう」などという考えになり、オープンな話し合いができなくなります。

社内環境が整っている事も、オープンに話をするために重要です。

笑顔を大切にする

誰かと話をする時は、基本的に笑顔を大切にするようにしましょう。

笑顔を向けられて嫌な気持ちになる人はおらず、笑顔を向けられるだけで、その相手を好きになるのが人間の本能です。

いつも笑顔で話ができる人は、「意思疎通」を上手にできる人でしょう。

icon まとめ

「意思疎通」という言葉の意味や使い方を見てきました。

これから社会人になる人は、ビジネスシーンにおける「意思疎通」の大切さを理解できたのではないでしょうか。

笑顔を大切にして、職場や取引先の人、プライベートで出会う様々な人たちと、円滑に「意思疎通」をはかれる大人になりましょう。