意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「意思疎通を図る」とは?意味!使い方や例文!類語や言い換え

「意思疎通を図る」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

日常生活でもビジネスにおいても使える表現であり、ぜひ知っておきたい言い回しでもあります。

Meaning-Book
「意思疎通を図る」とは?意味!使い方や例文!類語や言い換え>


目次

  • 「意思疎通を図る」とは?意味
  • 「意思疎通を図る」の表現の使い方
  • 「意思疎通を図る」を使った例文や解釈
  • 「意思疎通を図る」の類語や言い換え


「意思疎通を図る」とは?意味

これは互いの考えを伝え合うためにやり取りする、という意味になり、認識を共有する、理解を得る、などといった意味を持ちます。

コミュニケーションを図る、相手の言い分などを理解しようと努力する、などというニュアンスもあり、自分の言いたいことを相手に伝えるのみならず、相手の言い分を理解するという意味も含んでいるのです。



「意思疎通を図る」の表現の使い方

この表現には互いに考えていることを伝え、理解を得る、認識を共有する、などといった意味があります。

簡単に言えばコミュニケーションを取る、という事ですから、この表現であれば日常的に利用できる、と感じる人もいるのではないでしょうか。

例えば、自宅に思春期の子供がいると、親となかなか「意思疎通を図る」という事はないかもしれません。

しかし、最低限の会話は大切ですし、お互いに何を考えているのか「意思疎通を図る」必要があります。

学校の先生と「意思疎通を図る」ことも重要ですし、職場においてで思疎通を図ることも必要です。

このように、「意思疎通を図る」という表現はあらゆる場で使われる言葉なのです。

「意思疎通を図る」を使った例文や解釈

ここでは「意思疎通を図る」という例文を紹介します。

  • 「意思疎通を図る」を使った例文1
  • 「意思疎通を図る」を使った例文2

「意思疎通を図る」を使った例文1

「常に意思疎通を図るように心がけて作業をして下さい」

アルバイトなどであったとしても、仕事をしようと思えば周りの人とそれなりにコミュニケーションをとらなければいけない場合があります。

例えば、何か問題が起これば周りの人と共有し、きちんと解決する必要があります。

また、もしもミスしてしまった場合はきちんと報告する必要がありますし、疑問等があればきちんと誰かに聞いて教えてもらう必要があります。

どのような仕事であったとしても、何か役割を与えられた時には「意思疎通を図る」ように心がけることが重要です。

「意思疎通を図る」を使った例文2

「娘が全然意思疎通を図ってくれなくて困る」

子供が思春期だったりすると、なかなか意思疎通を図ってもらえなくて困る、と考える親もいるのではないでしょうか。

中学生や高校生は親に全てを打ち明けるということが少なくなりますし、子供に聞いても教えてもらえない、と悩む人もいるかもしれません。

成長の一環ではありますが、だからといって放っておいて良いわけでもありませんので、悩めるところですよね。

親として、子供に何かあったときには子供が快く帰れる場所でありたいものです。



「意思疎通を図る」の類語や言い換え

ここでは、「意思疎通を図る」という表現の類義語を紹介します。

  • 「コミュニケーションを取る」
  • 「話し合う」

「コミュニケーションを取る」

コミュニケーションを取る、というのは互いの考えていることなどを伝え会おうとしてやり取りする、「意思疎通を図る」という意味になります。

交流を図る、ということもあり、コミュニケーションを取るという事は職場でも非常に重要です。

日本には敬語などのマナーが重視される側面がありますので、上手にコミュニケーションを取る努力をすることも大切です。

聞き上手になり、質問上手になりましょう。

相手の心理状態にペースを合わせ、信頼関係を築きあげることが重要です。

「話し合う」

話し合う、というのは互いに話す、語り合う、あるいは問題を解決するために立場や考えなどを述べあう、という意味があります。

問題が起こったときなどはぜひ話し合いをして解決にあたりたいものです。

icon まとめ

「意思疎通を図る」という表現はぜひ覚えておきたい言い回しです。

また、言葉のみならず、「意思疎通を図る」という態度を忘れないようにしましょう。