意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雨後の筍」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

雨後の筍は新春を祝う方策や、そのお披露目の際に常用とされる響きがあります。

慣用句ではみなが同一のイメージを持つ表現が好まれます。

そして、雨後の筍を知るのは、その農村地帯での通例です。

雨後の筍

Meaning-Book
「雨後の筍」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「雨後の筍」の意味とは?
  • 「雨後の筍」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「雨後の筍」の言葉の使い方
  • 「雨後の筍」を使った例文と解釈
  • 「雨後の筍」の英語
  • 「雨後の筍」の語源や由来
  • 「雨後の筍」の四文字熟語
  • 「雨後の筍」を使うときのよくある間違い
  • 「雨後の筍」の本来


「雨後の筍」の意味とは?

雨後の筍の意味は、雨が降った後に、筍が顔を出してくる例を模擬して、それらの現象を表現する手法です。

これは、何かが起こった後に、急激に幸が生じてくるという意味に成り、その幸せ感と相まって、物事が連続的に成就していく様を言います。

ただし、その雨後のことですので、毎日雨が降っている訳ではありません。

  • 「雨後の筍」の読み方

「雨後の筍」の読み方

雨後の筍はうごのたけのこと読みます。

雨後は、音読みにして雨後とします。

筍は竹の子とも書きますが、筍の一字の発音は、より食用に近い意味もあり、通で風流な漢字の使用法になります。

竹の子と簡単な漢字で使用する事もありますが、実際料亭クラスでは筍と一字の漢字で書き添えます。



「雨後の筍」の類語や言い換え・似た言葉

雨後の筍の類語として、雨降って字固まるという慣用句があります。

また、きのこと称する言い方も該当します。

きのこでは、菌類のイメージがするので、あえて、新春の喜ばしい状態を筍と呼びます。

雨降って地固まるでは、その雨後に基盤や基礎が出来上がるという、より建造物に近い言い方に成り、それは、設立やそびえ立つ様相を表現します。

「雨後の筍」の言葉の使い方

雨後の筍では、言葉の使用法として、きのこよりも、喜ばしい事を表現するようにします。

つまり、筍の連続した生え方を知っているのであれば、その想像は容易でしょう。

雨が降った後、気温が高ければ、筍の地下茎から、いくらでも筍がめを出してきます。

それは、家に居る子どもたちの顔ぶれですし、また、資産構築の意味でも良いのです。



「雨後の筍」を使った例文と解釈

雨後の筍では、その例文に、賀の響きをもって、祝うような世界で使用します。

また、雨後の筍の勢いの良さを表現するのであれば、フレッシュマン・フレッシュウーマンの様相を表現します。

そして、筍を資産とするのであれば、大器晩成の世界で次第に増え広がる様子を趣として表用するのも良いかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

雨後の筍を目指して、婚姻を賄います。

雨後の筍を目標にするというのは、婚姻関係での成就を意味します。

大波乱や大恋愛の後に、婚姻が結ばれ、その子達が輝くのが、一般の幸せと言うものです。

そして、その雨後の筍を皆で祝うのが親戚一同でしょう。

さまざまな要因が重なり、幸せから近くないことも有りえますが、雨を涙と例えるのであれば、その筍は増え広がる筈です。

例文2

新人がやる気をもって働く様子は、雨後の筍そのものです。

新人が入社してくるというのは、組織としても嬉しい事になります。

ですので、そのあたらしい人たちの動きが会社を斬新にしてくれます。

この為に、雨後の筍と称するのは、フレッシュな人たちが、それなりの苦労と努力を払って来たからというものです。

新人を大事にすることは、会社組織がいつまでも新しいものを追いかけられる証拠になります。

例文3

雨後の筍は、厳しい修行のような人生を送った人が手にする財産になります。

雨後の筍は、その涙とも例えられます。

ですので、その涙の多かった分だけ幸せになれるという法則を意味します。

その辛さや、苦行に等しい人生から、未来が開けるのを、雨後の筍と呼んでも、それはその人の苦労の体験があたらしい財産を支えている証です。

筍には、子どもたちの意味もあり、それらを支えるという一家の大黒柱の意も的中します。

「雨後の筍」の英語

雨後の筍 meaning in english

雨後の筍の英語は、“shoot up like mushrooms after a rain”です。

「雨後の筍」の語源や由来

雨後の筍の語源は、農村地区でよく見かける筍の季節が該当します。

新春の頃、竹林では暖気と雨により、一斉に筍が吹き出してきます。

これは、季節の事でも有り、その雨が筍を活性化させるという内容です。

その頃は、寒さに代わって、日光が指してきます。

そして、雨の後で、暖気が更に訪れを豊かにする頃になります。

つまり、寒空の雨が、良き事を連想させてくれるのです。

「雨後の筍」の四文字熟語

雨後の筍の四文字熟語であれば、雨後初筍にもなり、また、雨後皆筍でも良いでしょう。

そして、雨後始筍とすれば、入学用の熟語になります。

そして、雨後一斉とすれば、集団行動の輝きにも似ています。

雨後活性とすれば、その繁栄の前に必要なのは、涙であるとも称することが出来ます。

「雨後の筍」を使うときのよくある間違い

雨後の筍には、その表現で成長を加速するといういけいけムードは致しからぬとするべきになります。

これは、雨後の筍の意味は、涙や汗・苦労こそが重要であり、その報いとして繁栄を手にするという内容です。

ですので、何の苦労もしていないという状態で、竹の子を追い求めても、なんにもなりません。

人生の法則として、苦労から幸せが生じるという真理を大切にしましょう。

「雨後の筍」の本来

雨後の筍では、雨の後に、水が土地に吸い込まれて、春の日差しの温度で、地中の地下茎から筍の芽が出てくる仕組みです。

筍はクローン型植物と言われ、その増え広がり方も、どちらかと言うと南洋の植物の生態に近いものがあります。

筍は、水気の多い土地で、山の麓などで、日陰の多いところでも育つでしょう。

実際筍は掘らなければ、造作に出没して土地を塞ぐので、農村では駆除も兼ねて、たけのこ掘りをします。

icon まとめ

雨後の筍はその表現から、田園地区や農村地帯を表層とする部分になります。

これは、都会育ちには解りにくいビジュアルイメージになります。

新春の頃、山の保有者に断って、たけのこ掘りでもすれば、その意が良く掴めるのです。

雨降って地固まるという表現は、その雨の後に、行進が可能である意味や、地が固まって、建設が用意になるという、男らしい設営が基本となります。

そして、その上にさらに学力の努力を活かして、達成していく意味がありますが、雨後の筍では、それ以前の苦渋や涙混じりの努力が、報われることをモットーにします。

苦労を知らなければ、成功しても意味がないという表現があります。