意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アグリー」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

アグリーという動詞に関しては、簡単な利用法より、ネット環境や契約文書にてその単語が出てきます。

多くは契約規約の最後の方に、アグリーやアグリーメントのチェックボックスがあったり、そのサインに本人の名前で、契約成立という手順になります。

ここでは、アグリーの重要性について説明します。

アグリー

Meaning-Book
「アグリー」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「アグリー」の意味とは?
  • 「アグリー」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「アグリー」の言葉の使い方
  • 「アグリー」を使った例文と解釈
  • 「アグリー」の英語
  • 「アグリー」をビジネスで使う際の注意点
  • 「アグリー」を使った言葉と意味を解釈
  • 「ディスアグリー」の意味は?一般的には使用しないほうがいい?


「アグリー」の意味とは?

アグリーの意味は、同意するという内容です。

英語タイプであるので、アグリーは、アングリーや他の似た音声の言葉に間違われる可能性はありますが、アグリーでは良い意味で、同意しますという肯定的な意味合いになります。

アグリーは通例アイアグリーとして、私は同意しますという文面で使用します。

そして、アグリーはネットのクリック用語としても英文字でのテキストがあります。



「アグリー」の類語や言い換え・似た言葉

アグリーの類語としては、OKというものがあります。

OKはオーケーですが、頭文字でOKと書きます。

そして、アグリーにおいては、それが動詞の用法になるので、同意するには主格の誰かが重要であるのは事実になります。

アグリーをオーケーで返すのは、いいよ程度にはなるのですが、オーケーではいまいち不明な際に、アグリーと返します。

この際、自分が固定された主格になるのであれば、アグリーだけでOKです。

「アグリー」の言葉の使い方

アグリーの言葉の使用法は、その同意が、確定である際に、そう表現します。

インターネットなどの承諾というものも、アグリーとされる英字式になっているので、それを同意とします。

承諾の場合は、承認でパーミットと英語で表記されますが、承諾はどちらかというとアグリーに近いものがあります。

これは、顧客の層や立場に依って違いがあります。



「アグリー」を使った例文と解釈

アグリーを使用した例文では、アグリーを求めている方の立場、そして、アグリーをするかどうか考えているユーザーに分かれます。

紙面での文書であれば、そのアグリーの表記に、ちゃんと同意した内容があるかどうかが争点になります。

アグリーとクリックしたりタップしたりサインしたりすれば、その文面の全文に同意したという証明が取られます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

アグリーする状況をよく判定した結果、見送る事にしました。

アグリーする状況ではというのは、その同意の判定を是か非か良く考慮する結果としての判断です。

これは、考慮する時間がほしければ、待ってくださいとして、契約を延期する方式を取ることができます。

私文書ではそれを契約の延期や、約束事項の再確認として、同意を慎重にする事が寛容です。

例文2

アグリーということでは、良くわからないので、再度の質問をしました。

アグリーという事は、当の本人がそれを読み切って理解したかが重要になります。

つまり、契約の持ち込みをかけたほうが、そのアグリーを勝手に筆記してはならないのです。

つまり、これはアグリーの同意を他者がする可能性もあるので、詐欺事件に発展する可能性があります。

本人詐称というものになるので、契約を持ちかける方もそのアグリーが本人かどうか調べる必要はあります。

例文3

アグリーの同意は、その全文に同意したとみなされます。

アグリーの同意はそのサインや、本人であることの認証が取れるケースで、本人の意思決定があったとみなされます。

ですので、これは契約を批准しますという内容であったり、契約を遂行する意志がありますという意思決定です。

ですので、同意しますという文は、記録上後々の法的争いに有利不利のどちらかに働きます。

「アグリー」の英語

アグリー meaning in english

アグリーの英語は“agree”そのものです。

アグリーでは、同意するという動詞格ですので、かならず、主格や目的格をつけるようにしましょう。

「アグリー」をビジネスで使う際の注意点

アグリーをビジネスで使用するには、アグリーをアグリーメントとして、名詞格で使用することも多くあります。

つまり、アグリーを取ったかでは、誰がそうなのか解りません。

つまり、アグリーメントを先方から取ったか、そして、だれからアグリーメントを取ったか、また、何の内容についてアグリーメントを取ったが争点になります。

また、アグリーメントの文面をパーミッションする当方の権限者のサインも必要になります。

「アグリー」を使った言葉と意味を解釈

アグリーを使用した言葉では、そのなになにがアグリーであることを簡単に言う市民用語として、存在します。

たとえば、これとこれで注文はいい?に対し、同伴者はアグリーで返すと、状況はすぐに分かりますので、ウェイターはこれ以上注文を聞かなくて済みます。

また、金額を提示した後で、コンプリート?と聞くよりも、アグリーメント?と質問すれば、OKで注文の金額確認はOKという形になります。

  • 「概ねアグリー」
  • 「サービスレベルアグリーメント」
  • 「コンフィデンシャルアグリーメント」

「概ねアグリー」

概ねアグリーであったが、生半可な返事は控えるべきだったでしょう。

アグリーというのは、その主格や目的格そして、契約書面の内容についての熟知がやはりあとあと問題になったりするのです。

ですので、アグリーが効力をもった事実の書面であるときには、その本人が同意した証明とされます。

そのために、契約文書の全項目に眼を通す事と、その同意に際しては意思決定に責任が生じることを認識しなくてはなりません。

ですので、概ねアグリーでは、ちょっとした日常的な会話に留めるべきになります。

「サービスレベルアグリーメント」

サービスレベルアグリーメントというのは、サービスの格付けに同意することです。

サービスレベルアグリーメントは、昨今のネット環境でもよく見られます。

これは、サービスレベルにフリー版があるのと、その格付のサービスとしてオプションが付く場合、それから、アフターサービスとしてコールセンターが利用できるものに分かれます。

これらは、サービスを受けるアカウントの中でも、グレードと呼ばれます。

「コンフィデンシャルアグリーメント」

コンフィデンシャルアグリーメントと呼ばれるものは、コンフィデントという言葉を理解しなくてはなりません。

コンフィデントというのは、コンフィデンスという名詞としても用法があります。

これは、信頼や、自信を意味する言葉に該当し、そのコンフィデンシャルという民事や金融関連で使用される用語として民間ではあまり使用されません。

「ディスアグリー」の意味は?一般的には使用しないほうがいい?

ディスアグリーのディスはこれという意味ではなく、アンチの意味やアンとしての否定の前置付属になります。

ですので、同意しないをディスアグリーといいます。

これは、英単語の用法ですので、アンチやアンと同じ様にディスが否定形を表す意味を知っていなくてはなりません。

もし、ユーザーの学歴が低い場合には、英語圏であっても問題となるでしょう。

icon まとめ

アグリーに関しては、簡単な使用法として、市民の会話があります。

例示すると、これは大丈夫?に対してOKであれば、同意となりますが、この書面提出しますよ、にかえしてアグリーであれば、その書面を当人が全部確認したことになります。