意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ルーツ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

ルーツには、原産地の意味からそれを称するコピーがあります。

そして、産地のルーツとすれば、ただ商材を嗜む以外にも、歴史書を読み解くようなストーリーに酔ってしまう事が専門知識にはあります。

そこには、製品というよりも、人間の物語があります。

その上で、ルーツの内容には、その出方としての開発物語や、家系の話が出てくるのです。

ルーツ

Meaning-Book
「ルーツ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「ルーツ」の意味とは?
  • 「ルーツ」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「ルーツ」の言葉の使い方
  • 「ルーツ」を使った例文と解釈
  • 「ルーツ」の英語
  • 「ルーツロックレゲエ」とは?
  • 「ルーツ」を使った言葉と意味を解釈


「ルーツ」の意味とは?

ルーツの意味は、ルートを基とした言い方です。

英語ですが、ルートとは路線を表すことばとして通用します。

つまり、路線を辿れば、どこに行く付くかという話なのです。

これは、ルーツという源泉があるという前提での、言い方なので、ルートの複数形よりも、より歴史的な意味合いを含みます。

私の祖先とはとすると、母方父方に分かれますが、それも源泉が複数あるという意味で、ルーツになります。



「ルーツ」の類語や言い換え・似た言葉

ルーツの類義語としては、ルーツの内容を詳しく調べるという内容で、探索するという意味を込めると見つかります。

これは、血筋という言葉に言い換えられ、自分の先祖の系図を詮索するようなはなしです。

また、移民であったとしても本国の両親がどこの国籍なのかを知りたいという時には、両親の出身地という話になります。

ルーツにには深い響きがあります。

「ルーツ」の言葉の使い方

ルーツの言葉の使用法は、ルーツという源泉を意味するのであれば、歴史的な含みをもたせて、このワインの産地は発祥がというはなしになり、また、ルーツがどこかということで、親の母国に親戚が生きていたという話であれば、またその家系がどこからの移民かという、さらにルーツを巡るはなしになるのです。

また、産地のルーツと言えば、原産地まで遡る植物学のテーマに成りえます。



「ルーツ」を使った例文と解釈

ルーツを使用した例文は、ルーツを探るとした歴史ものの言い方があります。

そして、ルーツを探る旅を基にした歴史旅行記が編纂されるでしょう。

ルーツを巡る旅として、産地を突き止めたい時には、海外での原産の歴史に、大航海時代の様相も呈します。

そして、ルーツを量れば、その馬の強さは確かだという、実力を査定する基準としての血の流れがあります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

ルーツを探訪する記述は、自分の足で身につけます。

ルーツを探訪するというのは、貴重な旅記録となります。

これは、人物史を描く上では必須のこととなり、現場を訪れると、ただの考古学ではない風や大地の響きがするのです。

ですので、ある歴史上の人物を探すというのは、本人が居なくても、知識欲のあるひとなら、本を読むだけでは足らない世界があります。

例文2

植物学から派生して、ルーツを探る話には国際貿易のストーリーは欠かせません。

植物学からの探求では、よく図鑑に原産地という話があります。

たとえば、日本に伝来した野菜は、ヨーロッパからの輸入だったのですが、実は南米が原産というものがあり、東南アジアでもそれがヨーロッパの船から伝来したものがあります。

ですので、実際の植物学に依る原産地のルーツは、歴史書を読み解くような感覚にとらわれるのです。

例文3

ルーツから実証される実力は、本人の力量からすればちっぽけなものでしょう。

ルーツとは言っても、その血筋だけで実力が決まるものではありません。

現にその家系でも、表舞台にでない者は多くいるのです。

ですので、その力量が発揮される時に、ルーツだけを説明しても面白くはないでしょう。

その力量が自身の努力の結果であることと、実はルーツがあったとするのが、設定として面白いのです。

「ルーツ」の英語

ルーツ meaning in english

ルーツの英語は、“root”になります。

ルートという表現は、電線などの配線にもいわれます。

そして、ルート解析となると、原因追求の手段という手法があり、地図のルートでは、乗用車の航跡になります。

つまり道筋をルートとするのですが、家系などでは先祖はどこから来たのか、そして、人類はどこから来たのかという問いにルートという言葉が該当します。

「ルーツロックレゲエ」とは?

ルーツロックレゲエというのは、音楽の専門ジャンルになります。

これは、ルーツとして、原住民に等しい、現地の人がロックを奏でているという類でしょう。

ですのでレゲエという響きの中に、原在という意味を含めた、カリブの海域の音楽という内容になります。

それは他国の人が、あしらって奏でるようなものとは違い、血に騒ぐルーツがロックをさせているという意味にもなり、クラシックやジャズを起因としたロックではないという内容です。

「ルーツ」を使った言葉と意味を解釈

ルーツを使用した言葉では、血の意味内容としてのルーツが有り、また現地の土地のひびきがするというもので、アフリカのルーツという言い方があります。

そして、調査としてやプラン建てとしてのルートの調査や調整という現代での業用語があります。

ルーツという複数形にはより先祖に近い意味や、解析上さまざまな要因が重なる時には、ルートよりルーツといったほうが適当です。

  • 「ルーツを探る」
  • 「ルーツからの趣き」
  • 「ルートの複数形」

「ルーツを探る」

自身のルーツを求めて、旅に出ました。

自身のルーツを求めてという言い方は、それを探索するという意味になります。

これは、昨今の検索技術とは違っていて、探索になればその実証性を求めて、現地入りするというかたちになります。

これは、ルーツ探訪としてルポルタージュにもなる万人に共通した、自分はどこから来たのかという、問いになります。

「ルーツからの趣き」

ルーツの響きから、この産地に行ってみたくなりました。

ルーツの響きからというものは、その趣味に依ります。

特殊なフルーツの産地であったり、そのお酒であったりします。

つまり、山林の奥深くかもしれませんし、南洋の島の僻地かもしれません。

その原産の場所に行っていみたいという願望を達成すれば、その後の仕事にも影響するものがあります。

「ルートの複数形」

ルートの内容は、複数の意味が込められるルーツと称する英語式に代えました。

ルートの内容は、複数の意味を持たず単一的な線に表されます。

これは、ルートしての電線ハーネスを言う場合もあり、単一の乗用車がどう道筋を行くかに依ってルート表示というものがあります。

ですのでルーツにすれば原因が重なったり、復路線の縦横無尽さを表現するものです。

先祖を辿れば、さまざまな要因が重なるそれぞれの婚姻関係がありますので、確かにルーツという複数形になるでしょう。

icon まとめ

ルーツには、重い意味が込められることがあり、特に移民から分かれてたどり着いたような家族では年代と共に、ルーツが分からなくなることを、苦渋とします。

これは、血筋という価値の類の話ではなく、自分の先祖はどこから来たのかという、始終の問になっているのです。

そして、ルーツを探して、見つからないという地域の人も多く居ます。

これは、民族の人種が混血になる仕組みがさまざまにある話なのです。

そして、その中でも国籍という国家に登録された国民であることが、拠り所になります。