意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「獅子身中の虫」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「獅子身中の虫」の意味や類語を紹介します。

さらに「獅子身中の虫」の使い方や、「獅子身中の虫」を使った例文を紹介して行きます。

獅子身中の虫

Meaning-Book
「獅子身中の虫」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「獅子身中の虫」の意味とは?
  • 「獅子身中の虫」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「獅子身中の虫」の言葉の使い方
  • 「獅子身中の虫」を使った例文
  • 「獅子身中の虫」の語源


「獅子身中の虫」の意味とは?

「獅子身中の虫」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

活字に触れる機会が多い人、読書家の人などは、「獅子身中の虫」という言葉の意味を知っているかもしれません。

一方で、「獅子身中の虫」という言葉を初めて知ったという人も少なくないでしょう。

「獅子」「虫」と、興味深い言葉が並ぶことわざですので、これを機会に「獅子身中の虫」の読み方や意味を知っておきましょう。

  • 「獅子身中の虫」の読み方
  • 「獅子身中の虫」の意味

「獅子身中の虫」の読み方

「獅子身中の虫」「しししんちゅうのむし」と読みます。

「獅子身中」は、「しししんちゅう」で、「獅子」「しし」、さらに「身中」「しんちゅう」と読みます。

早口言葉のような言葉ですが、分解して覚えると、読み方が分かりやすいかもしれません。

「獅子身中の虫」の意味

「獅子身中の虫」ということわざには、獅子の身体の中に寄生した虫が、獅子を死に至らしめるという意味があります。

獅子は巨大な組織、例えば会社などを意味し、虫は裏切り者を意味します。

会社の社員の中には、会社を裏切るような行動を取って、会社の価値を下げる人がいます。

またやる気のない態度を取り、それを他の社員に伝染させて、全体のモチベーションを下げるような行為を取る人がいます。

自分が所属する大きな組織の中に、裏切り者がいて、その裏切り者の行動により組織の存続が危うくなりそうな時に、「獅子身中の虫」ということわざを使います。

このように「獅子身中の虫」には、組織の中にいる裏切り者という意味があります。



「獅子身中の虫」の類語や言い換え・似た言葉

「獅子身中の虫」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

裏切りを意味するようなことわざが、いくつも登場します。

  • 「恩を仇で返す」
  • 「飼い犬に手をかまれる」
  • 「軒を貸して母屋を取られる」

「恩を仇で返す」

「恩を仇で返す」という言葉を聞いた事があるかもしれません。

裏切り系のことわざの中でも、有名なことわざです。

「恩を仇で返す」は、恩を受けた人に対して、本来なら感謝すべきなのに、危害を加えるような行為をする事を意味します。

例えば、無職だったAさんを、会社にお願いして就職させてくれたBさんがいるとします。

本来ならAさんはBさんに感謝すべきなのに、Bさんが会社を辞めざるを得ないような中傷をまき散らす…このような行為は「恩を仇で返す」ということわざにぴったりです。

「飼い犬に手をかまれる」

「飼い犬に手をかまれる」ということわざも、聞いた事があるかもしれません。

特に犬を飼育している人や、飼った経験がある人は、「飼い犬に手をかまれる」経験を、実際にした事があるかもしれません。

「飼い犬に手をかまれる」という言葉には、いつも可愛がっている犬に噛まれるような行為、裏切られる事を意味します。

例えば自分の会社の一員として大切にしていた社員が、会社の内部情報を他社に売っていた…このようなケースを「飼い犬に手をかまれる」ということわざで表現します。

「軒を貸して母屋を取られる」

「軒を貸して母屋を取られる」ということわざも、裏切りに関することわざのひとつです。

家がなくて可哀そうだと思ったので、軒下で暮らす事を許してあげたら、いつの間にか母屋を取られてしまうということわざです。

例えば、アパートの大家さんが、アパートの一室を住む場所がない人に貸してあげたら、その人の生活態度がひどく、騒音をまき散らしたり、ゴミをまき散らしたりするため、アパートの住人が出て行ってしまった。

さらに空いた部屋に、勝手に仲間を住まわせて、しかも家賃を払わないため、大家さんはアパート収入を得られずに、外に働きに出るしかなくなった…そのような話です。

ちょっとホラーのような、怖いことわざと言えそうです。

「獅子身中の虫」の言葉の使い方

「獅子身中の虫」をどのような場面で、どう使えばいいでしょうか。

「獅子身中の虫」には、「組織の中の裏切り者」という意味があります。

そのため、会社や学校、部活動やサークル、家族などの中にいる裏切り者や、害をなすものをみつけた時に、「獅子身中の虫」ということわざを使ってみましょう。

例えば、同じ職場の中に、「その人がいるとやる気が失せる」という人がいるかもしれません。

会社に搾取されているとか、一生懸命働いても意味がない、どうせ給料は一緒だと周囲に吹聴し、職場全体のモチベーションを下げるような人です。

このような人がすぐにスポイルされればいいですが、影響を受けて同じような態度を取る社員が出てくると、職場の存続にかかわる問題になります。

こうなると「獅子身中の虫」と呼んでもおかしくない状態になります。

組織を滅ぼすような害を与える人や裏切り者をみつけた時に、「獅子身中の虫」という言葉を使ってみましょう。



「獅子身中の虫」を使った例文

続いて「獅子身中の虫」という言葉を使った例文を見て行きましょう。

様々な場面における「獅子身中の虫」を使った例文を見る事で、「獅子身中の虫」ということわざの意味や使い方がより良く分かるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける「獅子身中の虫」を使った例文を紹介します。

「会社の重要情報を持って、他社に転職した奴がいるらしい。まさに『獅子身中の虫』だ」「経理の○○さんが、1億円横領したっていう噂だ。

『獅子身中の虫』だって、社内で大騒ぎになってるよ」
「成功しかけていたプロジェクトだったのに、あいつのせいで台無しになった。

まさかプロジェクトチームのメンバーのひとりが、『獅子身中の虫』とは思わなかった」
という感じです。

会社にお世話になっておきながら、裏切る人は「獅子身中の虫」と呼ばれてしまいます。

例文2

学校における「獅子身中の虫」を使った例文を紹介します。

「Aが転校してきてから、この学校はすっかり荒れてしまった。あいつは『獅子身中の虫』だよ」「楽しかったサークルが、彼女のせいですっかり楽しくなくなった。

サークルの男子に手を出して、人間関係を乱すなんて、彼女は「獅子身中の虫」だ」
という感じです。

一人の影響により人間関係が壊れてしまい、学校やサークル、部活動が終焉を迎えてしまうような事があります。

まさに「獅子身中の虫」らしい、ネガティブな影響力と言えるでしょう。

「獅子身中の虫」の語源

「獅子身中の虫」ということわざの語源はどのようなものでしょうか。

「獅子身中の虫」は、実は仏教語で、「仏教徒でありながら、仏教に対して害をもたらす人」の事を言いました。

「梵網経」という経典の中に、「獅子は、外にいる虫に食われて死ぬのではなく、自分の体の中にいる虫に食われて死ぬのだ。

同じように仏教を破壊するのは外道や天魔などではなく、悪い仏教徒である」
という意味の文章があります。

この言葉から「獅子身中の虫」ということわざが生まれました。

強い獅子を倒せるものは、外部にはそれほどいないかもしれません。

同じように大きな会社や、結束の高いグループを壊すのは、外部の要因ではなく、社員やメンバーなのかもしれません。

icon まとめ

「獅子身中の虫」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんが所属する組織にも、「獅子身中の虫」と言えるような存在がいるかもしれません。

そのような人を見かけたら、「獅子身中の虫」とつぶやいてみましょう。