意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「イケイケ」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「イケイケ」という表現は、日本語でよくある二重用法のひとつになります。

これらは二回目の音声を繰り返して、その発言の強度を高めたり、よりスラングの用法として連用される方式となります。

イケイケの内容に関しては、あえて目的語を使用しなければ解りにくい用法です。

そして、その内容の不明な点から、市民利用としての世界観が露呈しています。

このイケイケの用法には、正式な動詞としての使われ方がありますので、体育会系の気概には最適とされます。

イケイケ

Meaning-Book
「イケイケ」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「イケイケ」の意味とは?
  • 「イケイケ」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「イケイケ」の言葉の使い方
  • 「イケイケ」を使った例文と解釈
  • 「イケイケ」の英語
  • 「イケイケ」の由来や語源
  • 「イケイケ」に続く言葉と解釈
  • 「イケイケどんどん」の語源
  • 「イケイケ」の良的使用法


「イケイケ」の意味とは?

イケイケの意味は、行けているという用語からではなく、従来の日本語としてそれはありました。

そして、イケイケはゴーゴーという意味だったのですが、この単語の二重用法により、有る種の若さの演出であったり、二回繰り返すことでの、作用的な効果があったのです。

これらの効果については、イケイケというスラング的な用法があり、ひとつの社会的サブカルチュアの用法として認識されます。



「イケイケ」の類語や言い換え・似た言葉

イケイケの類語として、ゴーゴーがあります。

これらは、スラングの用法であり、正式な格式有る日本語とは違っています。

イケイケがなにを指すかについては、若いノリでという意味もあり、世代層の使用する国内用語としての理解が必要になります。

二重用法では他に、ノリノリという言い方もあり、動詞の端的用法を繰り返した形です。

「イケイケ」の言葉の使い方

イケイケの言葉の使用法は、命令形であれば、それが掛け声としての要句になります。

そして、それを名詞的用法にするのであれば、あの人はイケイケだからという内容で、何かの様相を示している話です。

他には、イケイケの現場でとする、環境としての認識も作用します。

これは、全体的な感覚で認識するなにかの風潮になりますので、その表現方法のひとつとなります。



「イケイケ」を使った例文と解釈

イケイケを使用する用法では、仕事や体育会系の掛け声で使う、基本的な日本語としての理解があります。

そして、イケイケがなにかを形容している場合は、それが社会的な若年者の用法として、若い世代特有のというイメージが伝わります。

それから、イケイケの環境ではとするのであれば、それが許可されたり認知されうるかたちとしての、境遇への表現方法となります。

  • 「イケイケ」の例文1
  • 「イケイケ」の例文2

「イケイケ」の例文1

「イケイケと号令がかかったので、ラストスパートをかけました」

イケイケという掛け声は、体育祭での応援呼称として、よく存在しています。

そして、イケイケという掛け声を聞くのであれば、さらに力を込めて演技をするのが、応援に応えるかたちでの、プレイヤーの励みになります。

これらの、イケイケの用法は、動詞命令形や、奨励するものとしての音声になります。

「イケイケ」の例文2

「イケイケの状態のその人の向かう先には、お目当ての人が待っていました」

イケイケ状態というのは、人間の本来の性質に依存していることがあります。

これは、日常の会社風景ではないことですが、にわかにその許可がありそうなときには、無礼講となります。

つまり、本来鬱積している人間のフラストレーションの行き先かもしれません。

「イケイケ」の英語

イケイケ meaning in english

イケイケの英語は“gain momentum”です。

「イケイケ」の由来や語源

イケイケの由来は、ゴーゴーとされそうですが、実はどちらも、日本語の方式になります。

カタカナであったとしても、日本由来で独特の様式と表現できます。

イケイケという用法は、常にスラング的な意味と、若年者の利用法として参照されます。

ですので、格式高い世界では常用にはなりません。

「イケイケ」に続く言葉と解釈

イケイケの連用としては、イケイケゴーゴーでひとつの通称語になっています。

他には、イケイケとする内容を形容するケースで、イケイケ私の連用法があります。

そして、イケイケ走り込めでは、動詞の連用となり、用言にかかる言葉となり、更にや加速してを表現する手法になります。

イケイケの後に、その標的を表現するのであれば、イケイケ掴み取れのような、自分を鼓舞する用法になります。

  • 「イケイケどんどん」

「イケイケどんどん」

イケイケどんどんという用法は、旧来の日本で流行りそうな言葉の類です。

これは、イケイケに呼応するかたちで、どんどんという用言が重なっています。

それは、具体的な体言に結びつかない用法なので、さまざまに使用される話です。

これらは、用言の連用法になり、その作用も、ざっくばらんにあらゆる大衆に共通することと、その使用する具体的な種類にも対応できます。

「イケイケどんどん」の語源

イケイケどんどんの語源としては、「どんどん」は続けざまの意味で、続けざまに行けの言葉遊びとされています。

「イケイケ」の良的使用法

イケイケでは、その対象や行為自体が、ふさわしくないという場面があります。

学校の現場では勉学が第一とされますので、諸問題を引き起こしそうな局面は避けたいものです。

ですが、運動会などみんなの力を合わせる時のチャンス時の応援としては良的使用法して使って使っていきたいものです。



icon まとめ

イケイケという態度と行動は、その場の高揚感で流されて行いそうですが、冷静に物事を見て失敗しないように心がけましょう。