意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「錯覚を覚える」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「錯覚を覚える」の意味や類語を紹介します。

さらに「錯覚を覚える」の使い方や「錯覚を覚える」を使った例文を紹介します。

錯覚を覚える

Meaning-Book
「錯覚を覚える」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「錯覚を覚える」の意味とは?
  • 「錯覚を覚える」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「錯覚を覚える」の言葉の使い方
  • 「錯覚を覚える」を使った例文
  • 「錯覚」を使った言葉と意味を解釈


「錯覚を覚える」の意味とは?

「錯覚を覚える」という言葉を使ったことがあるでしょうか。

「錯覚を覚える」は、比較的身近に感じやすい言葉ですが、ほとんど聞いたことがないという人もいるかもしれません。

また何となく意味は分かるけれど、正確な意味までは分からないと言う人も多いでしょう。

このように知っているようで知らない言葉「錯覚を覚える」の、読み方や意味を紹介します。

  • 「錯覚を覚える」の読み方
  • 「錯覚を覚える」の意味

「錯覚を覚える」の読み方

「錯覚を覚える」「さっかくをおぼえる」と読みます。

「錯覚」「さっかく」と読みます。

メジャーな言葉ですが、読み間違えて覚えている可能性もありますので、「錯覚」「さっかく」と読む事を知っておきましょう。

「錯覚を覚える」の意味

「錯覚を覚える」「錯覚」には、どのような意味があるでしょうか。

「錯覚」には、刺激や客観的事実を違ったものとして知覚するという意味があります。

例えば木の影を幽霊だと思ってしまったり、草が足に刺さったのを、ハチに刺されたと思い込んでしまう事を「錯覚」と言います。

さらに「思い違い」「勘違い」という意味もあります。

最初の意味が、こなれた感じになったのが、思い違いや勘違いです。

そのため「錯覚を覚える」という言葉には、「思い違いをする」という意味や、「間違った知覚をしてしまう」という意味があります。

自分の部屋が一瞬ホテルの部屋のように感じてしまった時、「錯覚を覚える」と表現します。



「錯覚を覚える」の類語や言い換え・似た言葉

「錯覚を覚える」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

どのような言葉と「錯覚を覚える」が言い換えられるかを知ると、「錯覚を覚える」の意味がより理解しやすくなるかもしれません。

  • 「思い違いをする」
  • 「勘違いする」
  • 「デジャブ」

「思い違いをする」

「思い違いをする」という言葉があります。

「思い違いをする」には、間違えて思い込む事という意味があります。

例えば、Aという芸能人を、Bという芸能人と混同してしまって、二人の特徴が合体したような架空の芸能人を思い浮かべてしまう時は、「思い違いをしている」状態と言えます。

一日の間に、何度も「思い違いをする」くらい、「思い違い」という現象は起こりやすいでしょう。

また「錯覚を覚える」にも「思い違いをする」という意味がありますので、二つの言葉は言い換えられるような似た意味があります。

「勘違いする」

「勘違いする」という言葉にも、「間違って思い込む」という意味があります。

例えば隣に住んでいる人が夫婦だと思い込んでいたら、親子だったという「勘違いをする」事があります。

またカレーライスを作る時、冷蔵庫にカレールーがあると思い込んで家に帰ってきたら、実はシチューのルーだったという「勘違いをする」事もあります。

「勘違い」も頻繁に起こります。

特に思い込みが激しい人は、ほとんどの物事を「勘違い」しているかもしれません。

「デジャブ」

「デジャブ」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「デジャブ」は一度も体験した事がないはずなのに、なぜかすでに体験した事があると思えてしまう様子や、過去にどこかで経験した気持ちになる事を言います。

例えば初めてニューヨークに行ったのに、すでに過去に来たような気持ちがするような感覚です。

スピリチャルな意味では「前世に訪れた」などの答えがありますが、現実的に見ると、「思い違い」「勘違い」といえるでしょう。

「デジャブ」「錯覚を覚える」と言い換えられるような、似た意味のある言葉だと分かります。

また初めて会ったはずなのに、すでに何度も会っている気がする相手がいる時、「デジャブ」ではありますが、その感覚を大切にして結婚を決める人もいます。

「錯覚を覚える」の言葉の使い方

「錯覚を覚える」はどのような場面で使えばいい言葉でしょうか。

「錯覚を覚える」には、「思い違いをする」「間違った知覚をしてしまう」という意味がありますので、そのような場面に出会った時に、「錯覚を覚える」という言葉を使ってみましょう。

例えば、見間違いをする場面です。

街を歩いている人を友達だと思って、声を掛けようとしたら全くの別人だったと気付く事があります。

これは見間違いですので、「知らない人を友達だと思うような『錯覚を覚えた』となります。

他にも聞き間違えをした時や、思い違いをしてしまった場面で、「錯覚を覚える」という言葉を使ってみましょう。



「錯覚を覚える」を使った例文

「錯覚を覚える」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面で「錯覚を覚える」という言葉を使った例文を見ると、「錯覚を覚える」という言葉の使い方や意味が、より鮮明になるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「錯覚を覚える」を使った例文を紹介します。

「初めて入ったビルなのに、初めてのような気がしない『錯覚を覚える』。

俺は前世でこの会社に勤めていたのだろうか」
「自分が職場で高く評価されている『錯覚を覚えて』いたが、思い違いだったようだ」「起きた瞬間、月曜日だという『錯覚を覚えた』が、日曜日だった。

一日休みが増えたようで嬉しい」
などです。

営業の仕事をしていると、たくさんの会社に行きますし、たくさんの人に会います。

「錯覚を覚える」機会も多いかもしれません。

例文2

日常的な場面における「錯覚を覚える」を使った例文を紹介します。

「スーパーのレジ係の女性が、中学校で片想いをしていた女子だという『錯覚を覚えた』。

しかし全くの別人で、ほっとすると同時に、少しがっかりした」
「足元が揺れているような『錯覚を覚えた』ので、地震だと思ったが勘違いだった」「宝くじが当たり、目の前が真っ白になるような『錯覚を覚えた』」などです。

人を間違えるタイプの「錯覚を覚える」事は良くありますが、勘違いだった時は複雑な気持ちになりそうです。

「錯覚」を使った言葉と意味を解釈

最後に「錯覚」を使った言葉と意味を紹介します。

定型句のような言葉ですので、知っておくと便利な言葉です。

  • 「目の錯覚」
  • 「恋の錯覚」

「目の錯覚」

「目の錯覚」という言葉は、「錯覚」を使った言葉の代表格のような言葉です。

ある図形を見た時に、三角に見えたり丸く見えたり、また同じ長さの線なのに、一方が長く、一方が短く見えるような現象を「目の錯覚」と呼びます。

そもそも目には錯覚しやすい特性があるため、その特性を呼び起こす図形や絵を見ると、簡単に「目の錯覚」が起こります。

「トリックアート」などには、「目の錯覚」を利用した展示物が設置されています。

「恋の錯覚」

「恋の錯覚」という言葉も良く使う言葉です。

誰かの事が好きになり、何年も好きだったのに、ある日突然、好きな気持ちがなくなる事があります。

例えば女性にクールな印象を持っていた男性が、女性と楽しそうに話している姿を見て、幻滅する事があります。

これは「クールな男性」という思い込みが生んだ悲劇です。

このように本当なら好きになるはずがない人を好きになってしまう事が良くあります。

このような現象を「恋の錯覚」と呼びます。

icon まとめ

「錯覚を覚える」の意味や使い方を見てきました。

実は気付いていないだけで、自覚しているよりももっと「錯覚を覚えている」機会は多いのかもしれません。

「錯覚を覚える」は身近な言葉で使いやすい言葉ですので、閊える場面がみつかったらぜひ使ってみましょう。