意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「オーガナイザー」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

日常にはいろいろな言葉が出てきます。

中には自分の知らない言葉や最近できた新しい言葉などもあるため、意味を良く理解できないこともあるかもしれません。

ただ、言葉として使われているなら意味をしっかり理解しておかなければ、間違った意味を相手に伝えてしまうこともあるので、正しく意味を知っておくことは大事になります。

今回は「オーガナイザー」という言葉について紹介していきます。

オーガナイザー

Meaning-Book
「オーガナイザー」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「オーガナイザー」の意味とは?
  • 「オーガナイザー」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「オーガナイザー」の言葉の使い方
  • 「オーガナイザー」を使った例文と解釈
  • 「オーガナイザー」の英語
  • 「オーガナイザー」のバックの意味
  • 「オーガナイザー」と名前のつく仕事


「オーガナイザー」の意味とは?

「オーガナイザー」の意味は「組織者」「主権者」という意味の言葉になります。

「オーガナイザー」という言葉は外国語から来ており、元々は「組織の勧誘活動を行う者」という意味の言葉でもあります。

社会運動の際に使われていた言葉ですが、今では幅広い意味で使われるようになり、「オルグ」と略して使用することもあります。



「オーガナイザー」の類語や言い換え・似た言葉

「オーガナイザー」には類語や言い換えの言葉があります。

「オーガナイザー」の類語の1つとして「元締め」という言葉もあります。

「元締め」は日本の社会でもよく聞く言葉です。

また、「オーガナイザー」「座元」という言葉に置き換えることもできますし、「頭屋」「世話人」という言葉に置き換えることもできます。

また、「オーガナイザー」「オルグ」という言葉にでも使われているので、短く「オルグ」と言うこともできます。

「オーガナイザー」の言葉の使い方

「オーガナイザー」という言葉は様々な場面で使うことができます。

まずファッションでの使い方では、「整理整頓をする人」と言う意味があります。

そのため、クローゼットの整理整頓ができる人には、「クローゼットオーガナイザー」と言う使い方をすることができます。

また、バッグにも整理整頓ができるように工夫されているものを「バッグオーガナイザー」と使うことができます。

バッグの中を効率的な状態に保ってくれます。

また、旅の意味でも「オーガナイザー」を使用することができます。

旅行関係において「オーガナイザー」「団体旅行のその代表者」と言う意味があります。

社員旅行などで旅行の企画を行う代表のことを「オーガナイザー」と呼ぶことができます。

他にもイベントの企画などをする人を「イベントオーガナイザー」と呼ぶこともあれば、「クラブオーガナイザー」と呼ぶこともあります。

このようにして、「オーガナイザー」と言う言葉を使うことができます。



「オーガナイザー」を使った例文と解釈

「オーガナイザー」を使用した例文を紹介して、その例文の解釈もしていきます。

  • 有能なオーガナイザーのおかげで組織運営を安心して行える
  • 彼はこのパーティーのオーガナイザーを務める
  • 弁の立つオーガナイザーのおかげで会員数が倍増した

有能なオーガナイザーのおかげで組織運営を安心して行える

「オーガナイザー」は組織する人になり、有能な人は組織的な計画を行うことが上手だと言うことができます。

この例文は組織した人のことを褒めている場面になります。

彼はこのパーティーのオーガナイザーを務める

オーガナイザーは組織することであり、この場合はパーティーに呼ぶ人やパーティーに出す料理などのパーティーのあらゆる計画を務めます。

パーティーの責任者と言うことができます。

弁の立つオーガナイザーのおかげで会員数が倍増した

この場合の「オーガナイザー」「勧誘活動を行う者」という意味で使用されています。

オーガナイザーは、会員のメリットや特典を言い会員数を増やす務めを行います。

勧誘の能力がある人を「弁の立つオーガナイザー」と言うことができます。

「オーガナイザー」の英語

オーガナイザー meaning in english

「オーガナイザー」元々英語から来ている言葉になります。

英語では“organizer” 「オルガナイザー」と言います。

使われ方としては「オーガナイザー」と同じであり、組織の代表やまとめる人のことを“organizer ”と言うことができます。

「オーガナイザー」のバックの意味

「オーガナイザー」にはバックにも使用することができます。

バックの中をきちんと整えるような構造になっているものは、「バックオーガナイザー」と言うことができます。

これ以外にも「財布オーガナイザー」と言う言葉もあり、メインは財布として利用しますが、バックとしての機能も果たすものです。

クラッチバックに似ていますが、「財布オーガナイザー」と言う名前で知られています。

リュックにも「オーガナイザーリュック」と工夫されているものがあります。

これは、リュックの中から直ぐに小物を取り出すことができるように工夫されているリュックです。

これらは「オーガナイザー」と言う言葉が使われていますが、整理整頓を目的とした意味で使われています。

「オーガナイザー」と名前のつく仕事

「オーガナイザー」と名前のつく仕事を紹介します。

  • ライフオーガナイザー
  • メンタルオーガナイザー
  • イベントオーガナイザー

ライフオーガナイザー

これは、国民1人1人が良い暮らしをするように手助けしてアドバイスする仕事です。

アメリカでは一般的な仕事として認知されています。

メンタルオーガナイザー

これは、他者の心の整え方を支援するための仕事です。

思考や願望を整理して自己統制の促進をできるように支援します。

イベントオーガナイザー

クラブなどのイベントを企画したり、運営をしたりします。

イベントを行う会場からの要求を聞いて調整します。

icon まとめ

「オーガナイザー」にはいろいろな意味があります。

まとめる人だけでなく、バックにも使用されており、仕事として使われているなら言葉でもあります。

ぜひ「オーガナイザー」と言う言葉を理解できるようにしてください。