意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「拙い」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「拙い」の意味や読み方を紹介します。

さらに「拙い」の使い方や例文、「拙い」を使った言葉と解釈を紹介して行きます。

Meaning-Book
「拙い」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「拙い」の意味とは?
  • 「拙い」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「拙い」の言葉の使い方
  • 「拙い」を使った例文
  • 「拙い」を使った言葉と解釈


「拙い」の意味とは?

「拙い」という言葉を知っている人はいるでしょうか。

比較的一般的な言葉ですので、知っているという人も多いでしょう。

しかし普段、本などを読まない人の中には「拙い」という言葉を読むことすらできない人もいるでしょう。

「拙い」という言葉は、見た目は難しそうに見えますが、意味を知ると思わず使いたくなるような場面が身近にあるような、使いやすい言葉です。

そこで知っていると便利な言葉「拙い」の読み方と意味を紹介します。

  • 「拙い」の読み方は二個ある
  • 「拙い」の意味

「拙い」の読み方は二個ある

「拙い」という言葉を読む事ができる人は、普段から活字に触れる習慣がある人かもしれません。

「拙い」には読み方がふたつあります。

ひとつ目が「つたない」です。

ふたつ目が「まずい」という読み方です。

どちらが正解というわけではありませんが、「拙い」「つたない」と読むのが一般的です。

そのため、まずは「拙い」「つたない」と覚えておき、ウンチク的な要素として、「拙い」「まずい」と読む事を覚えておきましょう。

「拙い」の意味

「拙い」には「能力がない」「愚かである」という意味があります。

さらに「技術が満足でない」という意味があります。

どちらの意味でも使われる事が多いので、ふたつの意味のどちらも覚えておく事をおすすめいします。

「能力がない」「愚かである」という意味で「拙い」を使う時の代表的な例として、結婚式での新婦の父親のスピーチがあります。

「拙い娘ですが、みなさんよろしくお願いします」という台詞で使われる、「拙い」には、「能力がない」「愚かである」という意味が含まれています。

もちろんこれは「謙譲表現」で、本当に娘の事を「愚か」だと思っているケースは少ないです。

このように「拙い」には「能力がない」「愚かである」という意味と、「技術が満足でない」という意味がある事を知っておきましょう。



「拙い」の類語や言い換え・似た言葉

続いて「拙い」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

似た意味の言葉を並べる事で、「拙い」の意味が浮き上がって見えてくるかもしれません。

  • 「浅はか」【あさはか】
  • 「愚か」【おろか】
  • 「下手」【へた】
  • 「未熟」【みじゅく】

「浅はか」【あさはか】

「拙い」には二つの意味があり、その一つに「能力がない」「愚か」という意味があります。

この意味で使う「拙い」と似た意味の言葉に、「浅はか」があります。

「浅はか」には、「考えが浅い様子」という意味があります。

何かを始める時に、考えが浅いと失敗してしまう事があります。

ビジネスシーンでは「浅はか」な人が嫌われる傾向があります。

なぜなら良く考えれば分かるような場面で、考えなしでミスをする人がいると、周囲の人がイライラするからです。

また人生の大きな決断をする時に、「浅はか」だと後で後悔する事になるかもしれません。

「愚か」【おろか】

「愚か」という言葉は、「拙い」の意味の中に含まれています。

「愚か」「考えが足りない事」という意味があります。

「浅はか」と同じように、「愚かな」人は、ビジネスシーンで嫌われる傾向があります。

何かをする時には思い切りも必要ですが、考えが足りてない事で失敗を繰り返している人は、自分が「愚か」だと認めて、行動をあらためるようにしてみましょう。

「下手」【へた】

「拙い」の二つ目の意味に、「技術が満足でない」という意味があります。

この意味で「拙い」という言葉を使う時は、「下手」が似た意味の言葉になります。

「下手」には「まずい事、巧みでない事」という意味があります。

「ラジコンの操縦が『下手』」という場合と、「ラジコンの操縦が『拙い』」という場合は、ほとんど同じ意味になります。

このように「拙い」「下手」は、言い換えができるくらい似た意味を持つ言葉です。

「未熟」【みじゅく】

「未熟」という言葉も、「拙い」と意味が似ている言葉です。

「未熟」には、「熟練していない事」という意味があります。

そのため「未熟」には練習不足、経験不足が原因で、何かを上手にできないという、下手な理由が隠れています。

もし「未熟」だと誰かに指摘されたら、自分にはまだ伸びしろがあると、嬉しく思って、前向きに熟練するような努力を始めてみましょう。

「拙い」の言葉の使い方

「拙い」という言葉を使う時は、二つの意味を意識するようにしましょう。

ひとつ目が「能力がない」「愚かである」という意味で、二つ目が「技術が満足でない」という意味です。

自分や周囲の誰かが、二つの意味と適合する時に、「拙い」という言葉を使いましょう。

ビジネスシーンでは、ベテラン社員の中には「能力がない」という意味での「拙い」人がいて、新卒社員など新人の中に、「技術が満足でない」という意味の「拙い」人がいるかもしれません。

または自分が仕事を始めたばかりなら、つい自分の事を「拙い」と言いたくなるかもしれません。

またあなたが新卒社員や新人の場合は、「拙い私をどうぞよろしくお願いします」という挨拶をして、まずは下手に出て職場の人に支えられるような環境を整えるのも良さそうです。



「拙い」を使った例文

「拙い」を使った例文をいくつか紹介します。

ビジネスシーンで使う「拙い」を使った例文や、日常生活における「拙い」を使った例文を紹介しますので、「拙い」という言葉の使い方の具体例を見て行きましょう。

  • 「拙い」の例文1
  • 「拙い」の例文2

「拙い」の例文1

まずはビジネスシーンで「拙い」を使った例文を紹介して行きます。

「今年の新卒社員は、挨拶が『拙い』やつらが多すぎる。朝礼でひとりひとり前に来させて挨拶の練習をさせよう」「お前のプレゼンのスピーチが『拙い』事は百も承知だ。それでも気合で乗り切ってみせろ」「先輩の『拙い』文章のせいで、企画がペンディングされちゃったよ」などです。

ビジネスシーンでは「拙い」事が言い訳になりません。

「拙い」場合は心と、動きの量で補っていきましょう。

「拙い」の例文2

日常生活で「拙い」を使った例文を紹介して行きます。

「始めたばかりの社交ダンスだけど、ステップが『拙い』から、パートナーの足を踏んでしまう」「大人なのに描く絵が『拙い』から、子供が描いた絵だと思われてしまう」「恋愛経験が少ないから、女性との会話が『拙い』と思われてしまう」などです。

特に経験が少ない事をすると、「拙い」と思われてしまいますが、スキルアップを信じてやり続ける事が大切かもしれません。

「拙い」を使った言葉と解釈

最後に「拙い」を使った言葉をいくつか紹介し、その意味を解釈して行きましょう。

「拙い」という言葉を使った定型句のような言葉ですので、覚えておくと便利な言葉ばかりです。

  • 「拙い文章」
  • 「拙い知識」
  • 「拙い説明」

「拙い文章」

「拙い文章」という言葉があります。

漠然と書きがちな文章ですが、プロの小説家と小学生の書く文章ではスキルに大きな違いがあります。

社会人になったばかりの頃は、「拙い文章」だと指摘されてもピンとこないかもしれませんが、文章力が付いてくると、指摘された意味が分かるはずです。

「拙い知識」

自分の専門分野でない話をする時は、「拙い知識」という言葉を使います。

「拙い知識」と断る事で、何か間違いがあった時の保険になるからです。

ビジネスマナーのひとつといえる言葉の使い方です。

「拙い説明」

「拙い知識」と同じように、専門分野でないものの説明をしなければならない時は、「拙い説明で申し訳ありません」という感じで、「拙い説明」をしますと断ってから、説明を始めるのが社会マナーになっています。

icon まとめ

「拙い」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「拙い」は難読漢字ではありますが、意味が通じると途端に使いやすい言葉に変わります。

ぜひ「愚かだ」と感じたり、「技術が満足でない」と感じた時に、「拙い」という言葉を使ってみましょう。