意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「千差万別」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「千差万別」の意味や類語を紹介します。

さらに「千差万別」の使い方や、「千差万別」を使った例文を紹介して行きます。

千差万別

Meaning-Book
「千差万別」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「千差万別」の意味とは?
  • 「千差万別」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「千差万別」の言葉の使い方
  • 「千差万別」を使った例文
  • 「千差万別」と「十人十色」の違い


「千差万別」の意味とは?

「千差万別」という四文字熟語をしているでしょうか。

比較的一般的に使われる機会が多い四文字熟語ですので、知っている人もたくさんいらっしゃるでしょう。

一方で若い人の中には、「千差万別」という言葉を、今初めて見たという方もいらっしゃるはずです。

このように知っている人は当然の様に知っていて、知らない人はまるで知らない言葉があります。

そのような四文字熟語のひとつ、「千差万別」の読み方と意味を紹介します。

  • 「千差万別」の読み方
  • 「千差万別」の意味

「千差万別」の読み方

「千差万別」という言葉をどのように読むと正解でしょうか。

「千差万別」「せんさばんべつ」と読むのが一般的です。

ただし「せんさまんべつ」と読む事もあります。

そのため、どちらの読み方をしても間違いではありません。

ただし一般的には「せんさばんべつ」と読むと思われていますので、「せんさまんべつ」と言ったら、訂正されてしまうかもしれません。

「千差万別」「せんさばんべつ」と読むほうが無難であると知っておきましょう。

「千差万別」の意味

「千差万別」には「多くのものに、様々な違いがある事」という意味があります。

「千差万別」には、「千」「万」という数を意味する言葉が使われており、「千の差があり、万に別れている」という言葉を短くしたものだと考える事ができます。

つまり「千もの差があり」「万という途方もない数に区別できる」という意味になります。

また「千」「万」も正確な数字を表しているのではなく、「とにかくたくさん」と言う意味になります。

そのため「千差万別」は、「人や物事や出来事はたくさんあって、それぞれに様々な違いがある」という意味になります。

このように「千差万別」には、「多くのものに、様々な違いがある」という意味があると覚えておきましょう。



「千差万別」の類語や言い換え・似た言葉

次に「千差万別」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介して行きます。

「千差万別」という言葉を使わずに、他の言葉で表現したい時などに、類語や似たい言葉を覚えておくと便利ではないでしょうか。

  • 「多種多様」
  • 「バラエティ豊富」
  • 「色とりどり」

「多種多様」

「多種多様」という言葉は、「千差万別」にとても意味が近い言葉です。

使いやすい場面も似ているので、言い換える事ができる言葉として覚えておきましょう。

「多種多様」には、「種類がとても多くて、様々な様子」という意味があります。

例えば、人が誰かを好きになる時の理由は人それぞれ違います。

このような場合、人が誰かを好きになる理由は「多種多様」だという事ができます。

もちろん「千差万別」という言葉を使う事もできます。

「バラエティ豊富」

「バラエティ」はカタカナ語のひとつですが、「多種多様」「寄せ集めたもの」という意味があります。

「バラエティ番組」もそのような意味で使われていて、様々なタレントが、様々な企画で活躍する様子を切り取って作られています。

「バラエティ豊富」という場合、寄せ集めた様々な物がたくさんあり、種類も豊富であるという意味になります。

先ほどの人が誰かを好きになる理由も、「バラエティ豊富」という言葉で言い換える事ができます。

人が誰かを好きになる理由は、「バラエティ豊富」だ、という文章を作る事ができます。

「色とりどり」

「色とりどり」には「色彩が豊かな様子」という意味があります。

例えば「森に目を凝らしてみると、緑一色ではなく、『色とりどり』な木や草、食べ物、動物がいる事が分かる」などという、「色とりどり」を使った文章を作る事もできます。

色に限定しているため、「千差万別」「多種多様」よりも応用できる範囲は少なくなりますが、種類が豊富であるという点で共通点があります。

また「色とりどり」という言葉は素敵ですので、覚えておくと語彙が増えて良いでしょう。

「千差万別」の言葉の使い方

「千差万別」は、たくさんのものがあり、それぞれに違いがあるという場合に使いたい言葉です。

たくさんのものが集まって、なおかつそのものの姿や特徴が違う時、さらにたくさんの人が集まって、みんな個性的である時などに、「千差万別」という言葉を使ってみましょう。

例えば、コミケなどに集まっているコスプレーヤーを見ると、たくさんの人がいて、なおかつそれぞれが個性的なコスプレをしていることが分かります。

このような場面では「千差万別」という言葉を使いやすいでしょう。

またホテルのビュッフェなどに食事に行くと、たくさんの個性的な料理を眺める事ができます。

このようなシーンでも「千差万別」という言葉を使いたくなるはずです。

このように「たくさんのものがある事」「それぞれ個性があり違いがある事」という条件がそろった時に、「千差万別」という言葉を使ってみましょう。



「千差万別」を使った例文

「千差万別」を使った例文を紹介します。

いくつかの場面で「千差万別」を使った例文を見ると、「千差万別」の使い方や意味が理解しやすくなるはずです。

  • 「千差万別」の例文1
  • 「千差万別」の例文2

「千差万別」の例文1

日常生活における、「千差万別」を使った例文を紹介します。

「改めてこれまでの友達の顔を思い浮かべると、どの友達も個性的で『千差万別』だという事が良く分かる」「大型スーパーに行って、レトルトカレーを購入しようと思う。しかしレトルトカレーは思ったよりも『千差万別』で、どれを購入していいか分からなくなった」「コンビニの店員さんの対応は、人によって『千差万別』だな」などです。

スーパーやデパートなどに行くと、「千差万別」な商品がそろっていて、逆に選べないで帰ってくるという事があります。

結局、いつものコンビニで購入するような、定番商品を選んでしまう人も多いのではないでしょうか。

「千差万別」の例文2

恋愛場面における、「千差万別」を使った例文を紹介します。

「私が付き合ってきた彼氏は、顔も性格も『千差万別』だ。私には男性の好みらしきものが無いらしい」「告白の方法は『千差万別』だ。しかし僕に必要なのは、告白の方法を知ることではなく、告白する勇気だ」「これだけ『千差万別』なデートプランがあるのに、彼女にぴったりなデートプランがみつからない。彼女の趣味はとても変わっているから…」などです。

好きになる異性の好みは、本当に「千差万別」です。

だからこそ、みんなが競争せずに、誰かと付き合えるのだと思います。

「千差万別」と「十人十色」の違い

最後に「千差万別」と、似た意味を持つ「十人十色」の違いを見て行きましょう。

「十人十色」は、「十人いたら、十人それぞれに違いがある」という意味がある四文字熟語です。

ふたつの四文字熟語の意味はとても似ていますが、「十人十色」「人間」にだけ使う事ができる言葉です。

「千差万別」は、人間だけでなく、様々な物事、出来事すべてに応用が効く言葉です。

このように似た意味を持つ四文字熟語の「千差万別」「十人十色」の違いは、「十人十色」が人間限定であるという点になります。

icon まとめ

四文字熟語の「千差万別」の意味や使い方を見てきました。

世の中のものは、数が豊富で、種類も豊富である、そのような意味があります。

学校や会社、または日常生活を送っている途中で、このような思いを抱いた時は、ぜひ「千差万別」という言葉を使って、「千差万別」な風景を言葉で切り取ってみましょう。