意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「加筆修正」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「加筆修正」の意味や類語を紹介します。

さらに「加筆修正」の使い方や例文を紹介して行きます。

加筆修正

Meaning-Book
「加筆修正」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「加筆修正」の意味とは?
  • 「加筆修正」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「加筆修正」の言葉の使い方
  • 「加筆修正」を使った例文
  • 「加筆修正」と加筆訂正の違い


「加筆修正」の意味とは?

「加筆修正」という言葉を知っているでしょうか。

文章を扱う仕事をしている人なら、日常的に使っている言葉ではないでしょうか。

一方で普段あまり文章を書かない人は、このような言葉を耳にする事はないかもしれません。

とはいえ、これからビジネスシーンで活躍するためには、「加筆修正」は知っておいて損がない言葉です。

そんな文章に関係する言葉のひとつ、「加筆修正」の読み方や意味を紹介します。

  • 「加筆修正」の読み方
  • 「加筆」と「修正」の意味
  • 「加筆修正」の意味

「加筆修正」の読み方

「加筆修正」「かひつしゅうせい」と読みます。

特に難しい漢字はありませんが、「筆」「ふで」と読み、「かふでしゅうせい」などと読み間違えないように注意しましょう。

「加筆」と「修正」の意味

「加筆修正」は、「加筆」「修正」というふたつの言葉でできています。

そこでそれぞれの意味を見て行きましょう。

「加筆」は、筆を加えると書きますが、「文章に手を入れたり、書き加えたりする事」という意味があります。

ほとんどの場合、文章は一度書いた後で見直す工程がありますが、このような工程で、何かを書き加えたり、文章をブラッシュアップする事などを「加筆」と呼びます。

一方で「修正」には「良くない箇所を正しくする」という意味があります。

「加筆修正」の意味

「加筆修正」は、「文章に手を入れたり、書き加えたりする事」「良くない箇所を正しくする」という意味がある、「加筆」「修正」というふたつの言葉が合体してできた言葉です。

そのため「加筆修正」には、「文章を見直して、手を入れたり書き加えたり、良くない箇所を正しくする」という意味があります。

また文章を過不足ない形にし、誤字脱字などが無いようにする事など、見直しの過程すべてが「加筆修正」という言葉で表現可能です。



「加筆修正」の類語や言い換え・似た言葉

「加筆修正」の類語や、言い換えられるような似た意味の言葉を紹介して行きます。

どのような言葉が「加筆修正」と言い換える事ができるのかを知ると、「加筆修正」の意味がより理解しやすくなるかもしれません。

  • 「ブラッシュアップ」【ぶらっしゅあっぷ】
  • 「校正」【こうせい】
  • 「清書」【せいしょ】

「ブラッシュアップ」【ぶらっしゅあっぷ】

人によっては、「加筆修正」という言葉を「ブラッシュアップ」というカタカナ語に置き換えるかもしれません。

「ブラッシュアップ」「磨き上げる」「仕上げる」という意味があり、文章以外の様々な場面で使う事ができます。

「この特集の記事をブラッシュアップしておいて」などという感じで使い、文章における「ブラッシュアップ」はほとんど「加筆修正」と同じ意味で使われています。

「加筆修正」をするのは文章をより読みやすくするためで、「ブラッシュアップ」の目的も同じです。

「加筆修正」という言葉が通じにくい場合は、「ブラッシュアップ」という言葉を使ってみましょう。

「校正」【こうせい】

文章を紙面に掲載したり、ネット上に流す前に、「校正」という作業が行われます。

専門の「校正」スタッフがいる編集部も多く、主に誤字脱字がないかどうかをチェックする作業をします。

また、同じ文章内で「稽古」という言葉を、「稽古」と書いていたり、カタカナで「ケイコ」と書いてある場合、どちらかに統一する必要なないかどうか、作者に尋ねる事もあります。

「加筆修正」「校正」に似た作業で、場合によっては「加筆修正」の作業中に「校正」をする事もあります。

そのような意味で、似ている言葉と言えるでしょう。

「清書」【せいしょ】

「清書」という言葉もあります。

「清書」は主に、鉛筆などで下書きした原稿を、万年筆などで書きなおす時の作業などを指します。

紙の用紙を使ってバイトの履歴書や就活中の履歴書を作成する時は、鉛筆で下書きをした後に、ボールペンで「清書」するのが一般的な作業工程です。

さらには、背筋を伸ばして、もう一度書きなおす事を、「清書」と呼ぶ事もあります。

文章を仕上げる工程のひとつとして、「加筆修正」と並ぶような言葉として覚えておきましょう。

「加筆修正」の言葉の使い方

「加筆修正」は、文章を扱う現場で使う事が多い言葉です。

特に編集部で働いている人は、「加筆修正」の作業を担当する事が多いでしょう。

ライターが書いてきた原稿を赤ペンなどでチェックして、修正個所を示して戻す事もあれば、自分で「加筆修正」をする人もいます。

またデスクや編集長など、編集部員の上に立つ人は、部員が書いた記事を「加筆修正」して仕上げる事もあります。

またビジネスシーンで会議に使う資料を作る人、またはスピーチ用の原稿などを作る人は、だいたいの文章を書いた後で、「加筆修正」する作業をします。

このように「加筆修正」は、文章を扱うすべての現場で使う事ができる言葉です。



「加筆修正」を使った例文

「加筆修正」を使った例文を見て行きましょう。

様々な場面でどのように「加筆修正」という言葉が使われているかをチェックしてみましょう。

  • 「加筆修正」の例文1
  • 「加筆修正」の例文2

「加筆修正」の例文1

ビジネスシーンにおける、「加筆修正」を使った例文を紹介します。

  • 「このスピーチの原稿だと、時間が持たないから、少し『加筆修正』しといて」
  • 「プロジェクトの企画案の下書きができました。課長にご意見をいただいた後、『加筆修正』して提出したいと思います」
  • 「私の書いた原稿が、○○さんに『加筆修正』していただいた後、輝いていました」

などです。

ビジネスシーンで使う文章は、様々な意見を聞きながら、少しずつ形になる事が多いため、「加筆修正」は欠かせない作業になりそうです。

「加筆修正」の例文2

日常生活における、「加筆修正」を使った例文を紹介します。

  • 「片想いしている彼女に贈る、ラブレターを書いたんだけど、俺文章力ないんだ。だからお前『加筆修正』してくれない?」
  • 「今読んでいる小説、なんか文章がさっぱりし過ぎなんだよね。俺が『加筆修正』したいくらいだよ」
  • 「俺、友達のラブレターを『加筆修正』してって頼まれたんだけど、友達の片思いの相手って、俺の彼女なんだ」

などです。

ラブレターを出す時は、ほとんどの人が何度も「加筆修正」するのだと思います。

また紙の手紙を出さない人でも、メールやSNSのメッセージを送る前には、『加筆修正』をするのではないでしょうか。

「好きな女の子にメッセージ送りたいと思って、『加筆修正』を繰り返していたら訳がわからなくなって…結局スタンプ送ってお茶を濁した」という感じです。

「加筆修正」と加筆訂正の違い

「加筆修正」という言葉と良く似た言葉として、「加筆訂正」という言葉があります。

「加筆訂正」には文章に手を入れたり、書き加えたり、謝っている部分を正しくするという意味があります。

「加筆修正」と若干ニュアンスが違う程度で、ほとんど同じ意味になります。

あえて二つの言葉を使い分けている人はほぼいないでしょう。

そのため「加筆修正」あるいは「加筆訂正」のどちらを使うかは、使う人の好みという事になります。

職場で使う時は、その職場で一般的とされている方を選んで使うと分かりやすいでしょう。

icon まとめ

「加筆修正」の意味や使い方を見てきました。

文章を使う仕事をする人は意識的に「加筆修正」をしていると思います。

また好きな異性とSNSなどでメッセージ交換する時も、無意識に「加筆修正」をしているのではないでしょうか。

「加筆修正しておいて」と頼まれた時に困らないように、「加筆修正」とはどのような作業なのかをきちんと把握しておきましょう。