意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「色とりどり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「色とりどり」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「色とりどり」という言葉を使った例文や、「色とりどり」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「色とりどり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「色とりどり」とは?意味
  • 「色とりどり」の表現の使い方
  • 「色とりどり」を使った例文や短文など
  • 「色とりどり」の類語や類義語・言い換え


「色とりどり」とは?意味

「色とりどり」には、「種類がいろいろであること」という意味があります。

  • 「色とりどり」の読み方

「色とりどり」の読み方

「色とりどり」の読み方は、「いろとりどり」になります。



「色とりどり」の表現の使い方

「色とりどり」の表現の使い方を紹介します。

「色とりどり」には、「種類がいろいろであること」という意味があります。

そこで、種類がいろいろだと感じる物事を見た時に、「色とりどり」という言葉を使ってみましょう。

例えば、折り紙を買って、テーブルの上に出した時、色の種類がたくさんあると感じられるかもしれません。

このような時、「色とりどりの、折り紙がある」などと「色とりどり」という言葉を使って状況を説明できます。

このように何かの種類がいろいろだと感じた時、「色とりどり」という言葉を使ってみましょう。

「色とりどり」を使った例文や短文など

「色とりどり」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「色とりどり」を使った例文1
  • 「色とりどり」を使った例文2

「色とりどり」を使った例文1

「『色とりどり』の蝶々が、春の空を翔けている」

この例文は、春のある日に、空を見上げたら、いろいろな種類の蝶々が飛んでいたという意味があります。

このように、「色とりどり」には、「種類がいろいろであること」という意味があります。

ただでさえカラフルな蝶々が多いため、蝶々には「色とりどり」という言葉がぴったりかもしれません。

「色とりどり」を使った例文2

「『色とりどり』の服が置かれたアパレルショップ」

この例文には、様々な種類と色味の服が置かれている、アパレルショップという意味があります。

アパレルショップによっては、グレーやブラックなどのモノトーンな商品に統一されていることがありますが、ほとんどの場合、「色とりどり」のバラエティ豊富な服が展示されています。



「色とりどり」の類語や類義語・言い換え

「色とりどり」の類語や類似を紹介します。

  • 「千差万別」【せんさばんべつ】
  • 「いろいろ」

「千差万別」【せんさばんべつ】

「千差万別」には、「種々様々な違いがあること」という意味があります。

「人の好みは千差万別だ」という文章には、「人が誰かを好きになるポイントは、種々様々な違いがある」という意味があります。

「いろいろ」

「いろいろ」には、「異なる事物や状態が、たくさんなこと」という意味があります。

「いろいろな虫がいる」という文章には、「異なる種類の虫や、状態の違う虫がたくさんいる」という意味があります。

「いろいろとありがとう」「いろいろな野菜を買う」などという使い方をします。

icon まとめ

「色とりどり」という言葉について見てきました。

種類がいろいろであると感じた時、「色とりどり」という言葉を使ってみましょう。